「ナツエビネ」

    ナツエビネ(夏海老根)ラン科エビネ属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ:20~40㌢の多年生。
    10-20個の淡紫色の花を総状につけ、下方から開花していく。
    *花期:7~9月 *分布:本、四、九

    今季こそは、綺麗な状態の花が群生地に咲くのではと、
    期待をしていましたが、猛暑・雨不足のせいか
    綺麗に咲き揃う前に、黒く花が傷んでいる株が多く見られる
    撮影:2018.08.12
    natuebine-180812-14.jpg 

    ▼この株は、何とか綺麗な状態で開花しています。
    花の色は、薄いピンク色のようです。
    natuebine-180812-06.jpg

    natuebine-180812-08.jpg 

    natuebine-180812-09.jpg 

    ▼ 上の花とは別な自生場所の花です。
    ここの花は、うす青紫色のようです。
    natuebine-180812-13.jpg 


    natuebine-180812-15.jpg 

    natuebine-180812-16.jpg 
    ▼7月31日撮影 花蕾が沢山付いています。
    natuebine-01.jpg  
    ▼8月12日撮影 花はほぼ全開ですが、傷んだ花が多い。
    natuebine-180812-02.jpg 
    [ 2018/08/13 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)