「フシグロセンノウ」

    フシグロセンノウ(節黒仙翁)ナデシコ科 センノウ属の多年草。
    高さ:40~80㌢の多年草。
    茎の節は太く、紫黒色を帯びる。
    葉は対生で先端が尖り、縁には繊毛がある。
    花弁は5個で倒卵形。各花弁の基部に2個の濃色の鱗片がある。
    花期:7~9月 分布:本(関東地以西)、四、九、

    猛暑と雨不足が続く日々ですが、
    今季も何時もと同じ場所で、此の花に出会うことが出来ました。
    初めての出会いの花には、ときめきを感じるが
    何時もの場所で、いつもの時期に、いつもの花に出会えると
    人生の喜びを覚える。
    撮影:2018.08.12
    husugurosennou-180812-06.jpg 

    husugurosennou-180812-02.jpg 

    husugurosennou-180812-03.jpg 

    husugurosennou-180812-04.jpg 

    husugurosennou-180812-07.jpg 

    husugurosennou-180812-05.jpg 

    husugurosennou-180812-01.jpg 
    [ 2018/08/16 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)