FC2ブログ







    キヨスミウツボ

    キヨスミウツボ(清澄靫)ハマウツボ科
    徳島県:絶滅危惧ⅠA類
    カシ類、アジサイ類の根に寄生する、寄生植物。
    *花期:5~7月 *分布:北、本、四、九、

    入梅の遅れと雨不足で、開花が遅れていました・・・
    花数が少ないのと、花に少し勢いが不足では
    と感じさせる。
    撮影:2019.06.
    kiyosumiutubo-1908.jpg

    kiyosumiutubo-1909.jpg

    kiyosumiutubo-1907.jpg

    kiyosumiutubo-1906.jpg

    kiyosumiutubo-1901.jpg

    kiyosumiutubo-1902.jpg
    ▽全般に花が開花していないようです 
    kiyosumiutubo-1903.jpg

    kiyosumiutubo-1904.jpg
    開花してあまり時間が経過していないようなので、
    あと暫くは綺麗な状態が続きそうです。
    [ 2019/06/30 06:00 ] ②夏の花 | TB(0) | CM(0)

    タシロラン

    タシロラン(田代蘭) ラン 科トラキチラン 属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類 環境省:準絶滅危惧
    花茎高さ20~50㌢、腐生植物。
    *花期:6~7月 *分布:本(関東地方南部以西)四、九、沖、

    何時もなら、この場所至る場所に咲いているのですが、
    梅雨入りが遅れ雨不足のせいなのか・・・
    数箇所にか咲いていません
    撮影:2019.06.
    tasiroran-1903.jpg

    tasiroran-1902.jpg

    tasiroran-1904.jpg
    ▽十数本かたまって咲いていますが、ほとんど花が傷み
    変色しています。
    tasiroran-1901.jpg
    [ 2019/06/29 06:00 ] ②夏の花 | TB(0) | CM(0)

    オグラコウホネ

    オグラコウホネ(巨椋河骨)スイレン科 コウホネ属
    河川、水路などに生育する浮葉植物で、多年草。
    徳島県:絶滅危惧ⅠB類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    *花期:6~10月 *分布:本(近畿地方)、四、九、

    水の綺麗な水路の中に咲いていました。
    撮影:219.06.
    ogurakohone-1903.jpg

    ogurakohone-1902.jpg

    ogurakohone-1901.jpg
    ▽水上葉(浮葉)は広卵形で、長さ8~14cm、幅6~9cm
    ogurakohone-1904.jpg

    ogurakohone-1907.jpg
    ▽花の外側の大きな5枚の花弁と、思われたのは萼片のようです。
    ogurakohone-1900.jpg

    ogurakohone-1906.jpg
    ▽水路一面んに浮葉が広がる。
    ogurakohone-1905.jpg
    この花は初めての撮影です。

    [ 2019/06/28 06:00 ] ②夏の花 | TB(0) | CM(0)

    ミズオオバコ

    ミズオオバコ(水大葉子)トチカガミ科ミズオオバコ属
    水路、水田などに生える沈水植物、1年草。
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類  環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    *花期:6~8月 *分布:本、四、九、

    用水路に咲いていました。
    花は3枚の花弁、2~3cmの白色~淡紅紫色を帯びた花ですが、
    花までの距離があり、ズームレンズで撮影
    トリミングなのでピントが甘いです。
    撮影:2019.06.
    mizuoobako-1901.jpg 
    葉は根生し沈水性で、形状は広披針形、長さ10〜30cm、幅2~15cm。 
    葉の縁は波状に縮れる、環境による変異があるようです。
    mizuoobako-1904.jpg 

    mizuoobako-1905.jpg 

    mizuoobako-1902.jpg 

    mizuoobako-1903.jpg 
    機会があれば、もう少し詳しく観察撮影して見たいと思う。

    [ 2019/06/27 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    セイタカスズムシソウ

    セイタカスズムシソウ(背高鈴虫草)ラン科クモキリソウ属
    花花茎高さ10~20㌢、山地の草原に生える多年草。
    徳島県:絶滅危惧ⅠA類
    *花期:6~7月 *分布:北、本、四、九、

    今季此の場所の、セイタカスズムシソウ成長が良くないようです。
    花茎も曲がり花の開花も遅れ気味のようです。
    撮影:2019.06.
    seitaka_0171.jpg 

    seitaka_2179.jpg 

    seitaka_2181.jpg 

    seitaka_2186.jpg 

    seitaka_0169.jpg 
    ▽上の画像撮影の2週間前の花の様子。
    IMG_1981-190601.jpg

    IMG_1978-190601.jpg
    [ 2019/06/26 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    イワギリソウ

    イワギリソウ(岩桐草)イワタバコ科 イワギリソウ属 多年草
    徳島県:絶滅危惧IA類  環境省:絶滅危惧II類
    *花期:5~6月 *分布:(近畿地方以西)、四、九

    少し遅かったようです。
    花はほとんど終わっていました(植生)。
    撮影:2019.06.
    iwagiri_0181.jpg

    iwagiri_0180.jpg

    iwagiri_0177.jpg
    iwagiri_0178.jpg
    [ 2019/06/26 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    オオバノトンボソウ

    オオバノトンボソウ(大葉蜻蛉草)ラン科ツレサギソウ属
    *花期:6~7月 *分布:本、四、九

    花の咲く前の株はよく見かけるのですが、
    丁度花の開花時季に訪れる機会が少なく、最近は花を見ていません。
    此の場所の花、今季は成績が良いようなので
    今季は咲き揃った花を見たいものです。
    撮影:2019.06.
    tonbo_2187.jpg 
    花つぼみが大きく膨らんできています。
    tonbo_2191.jpg 

    tonbo_2192.jpg 

    tonbo_2194.jpg 
    6月末には花が開花しそうにも思えるが・・・?
    [ 2019/06/25 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    シャラの木

    シャラの木(夏椿)ツバキ科ナツツバキ属 落葉高木
    *花期:6~7月 *分布:本(宮城県以西)、四、九、

    平家物語の一節に
    「祗園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必滅の
     理をあらはす」という記述があります。
    当時、沙羅双樹(サラソウジュ)と思われていたシャラの木は、
    (夏椿)のことを
    あらわした記述という説が濃厚です・・・引用
    撮影:2019.06.
    natutubaki-1902.jpg 

    natutubaki-1905.jpg 
    花びらは5枚で白く雄しべの花糸が黄色い。
    朝に開花し、夕方には落花する一日花、花言葉は「はかない美しさ」など・・・
    natutubaki-1901.jpg 
    ▽微妙に花弁の一枚に、ピンク色が入るピンクナツツバキ。
    natutubaki-1903.jpg 

    natutubaki-1904.jpg 
    美馬市寺町の寺院の境内に咲いています。
    [ 2019/06/24 06:00 ] ④木の花 | TB(-) | CM(-)

    ツルアリドオシ

    ツルアリドオシ(蔓蟻通)アカネ科ツルアリドオシ属
    常緑性の多年草、
    *花期:6~7月 *分布:北、本、四、九、

    此の場所で撮影するのは初めてです。
    半日陰の薄くらい中に、白く咲く花のイメージですが
    此の場所は、やや日が射し込み明るい。
    花柱が花冠より突き出て柱頭は3裂していました。
    花は2個咲きますが実は2つ分が合着して1個しかできません。
    撮影:2019.06.
    turuari-1906-02.jpg

    turuari-1906-05.jpg 
    花には短花柱花と長花柱花があり
    短花柱花に長花柱花の花粉がつくまたは
    長花柱花の花粉が短花柱花につくと結実するそうです。
    turuari-1906-06.jpg

    turuari-1906-04.jpg
     

    turuari-1906-03.jpg 
    [ 2019/06/23 06:33 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    イチヤクソウ

    イチヤクソウ(一薬草)ツツジ科イチヤクソウ属
    高さ15~25㌢、常緑の多年草。
    *花期:6~7月 *分布:本、四、九、沖、

    少しおそかったようです。
    花の瑞々しさが少ないように思われる。
    撮影:2019.06.
    itiyaku_0164.jpg

    itiyaku_2172.jpg

    itiyaku_2174.jpg

    itiyaku_2176.jpg

    itiyaku_0166.jpg

    itiyaku_0165.jpg
    [ 2019/06/22 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    キンセイラン

    キンセイラン(金精蘭)ラン科エビネ属
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    花茎高さ30~50㌢、多年草。
    *花期:6~7月 *分布:北、本、四、九、

    今季は例年より、開花の遅れ、花株の減少、など不調のようです、
    なんとか花が開いている株を、少し深い雑草の中で
    見つけることができました。
    撮影:2019.06.
    kinnseiran-190611.jpg 
    下から上に花が開花していますが、葯帽は
    抜け落ちています。
    kinnseiran-190609.jpg

    kinnseiran-190606.jpg

    kinnseiran-190607.jpg
    ▽この花株は咲き始めのようで、
    花株も2本立てで、いい感じで咲いています。
    kinnseiran-190615.jpg 
    葯帽も綺麗に残っています。
    kinnseiran-190614.jpg 

    kinnseiran-190616.jpg 
    逆光で、萼片が薄黄緑に透き通るように輝く!
    kinnseiran-190618.jpg 
    機会があれば、もう少し経過して訪れて見たい思う。
    [ 2019/06/21 06:01 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)