「ヤクシマネッタイラン」

     ヤクシマネッタイラン(屋久島熱帯蘭)
    環境省カテゴリー:絶滅危惧ⅠB類
    高さ:10~25㌢の、細く硬い茎、多年草。
    葉は卵状披針形で尾状鋭尖頭、
    基部は円形で短い葉柄となり、長さ5~10㌢、幅1.5~~3㌢。
    花は、茎頂に短い総状花序をだし、白色花を5~10個つける。
    *花期:6~7月 *分布:四(高知県)、九、奄美諸島、

    去年より10日ほど早く訪れたが、下の花は終わっていました。
    このランの花、唇弁が上になる面白い花姿です。
    花は6~10個、下の方から上へと順に咲いていくようです。
     撮影:2018.07.01
    yakusima-1807-03.jpg 

    [ 2018/07/01 18:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(0)

    「ナギラン」

    ナギラン(梛蘭)ラン科 シュンラン属
    徳島県:絶滅危惧ⅠA類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    花茎:高さ10~15㌢、多年草。
    *花期:6~7月 *分布:本(関東南部以西)、四、九、沖、

    今季も去年と同じ場所で、群生して咲いていました。
    咲きはじめの花のようで、背萼片・側萼片が白くピンとはっています。
    常緑広葉樹林の林床に生える多年草です。
    撮影:2018.07.01
    nagiran1807-01.jpg

    [ 2018/07/02 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(0)

    「ハマゴウ」&タイトゴメ

    ハマゴウ(浜栲)ハマゴウ属の常緑小低木
    高さ:30~70㌢の匍匐性落葉小低木。
    葉は対生、葉身は3~」6cm、幅2~4cmの広卵形。
    枝先きに長さ4~6cmの円錐花序を直立し、
    淡青紫色の花を多数つける。
    *花期:7~9月 *分布:本州~沖縄の海岸の砂地に生える。

    台風7号の影響でしょうか、波しぶきが高く上がっています。
    撮影:2018.07.01
     hamagou-180603.jpg


    [ 2018/07/03 06:00 ] ④木の花 ●その他 | TB(-) | CM(0)

    「ショウキラン」

    ショウキラン(鍾馗蘭)ラン科ショウキラン属
    県カテゴリー:絶滅危惧ⅠA類
    高さ:10~30㌢、腐生植物。
    *花期:6~7月 *分布:北、本、四、九、

    不入山、への登山道沿いに5株ほど咲いていましたが、
    訪れるのがおそかったようです、虫に食われ傷んでいました。
    撮影:2017.07.10
    syoukiran-180704.jpg 
    [ 2018/07/10 20:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(0)

    「トモエソウ」

    トモエソウ(巴草)オトギリソウ科 オトギリソウ属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ:1㍍、山地や丘陵に生える多年草。
    花は、径5㌢ほどの黄色の5弁花です。 
    1日花(朝開いて夕方に萎む)です。 
    *花期:7~8月 *分布:北、本、四、九、

    一日花なので午後には萎み始めてしまうそうです。
    撮影は午前中でしたので、花は綺麗に開いていました。
    撮影:2018.07.10
    tomoesou-180706.jpg 
    [ 2018/07/11 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(0)

    「オオキツネノカミソリ」

    オオキツネノカミソリ(大狐の剃刀)ヒガンバナ科ヒガンバナ属
    高さ:30~50㌢の多年草。
    葉は花に先立って早春に生える葉は線形で、葉先は丸い。
    *花期:7~8月 *分布:本州の関東地方から九州

    花の種別による違いがあるようですが、
    一昨年(2016)と同じ開花時期の花がおおいようです。
    撮影:2018.07.10
    kitunenokamisori-180402.jpg 


    [ 2018/07/11 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(0)

    「ホタルブクロ」

    ホタルブクロ(蛍袋)キキョウ科の多年草。
    高さ:高さ40~80㌢、多年草。
    *花期:6~7月 *分布:北海道~九州、

    県道295号線から
    那賀町道槍戸線、にくぶちの滝付近で撮影する。
    初夏に大きな釣り鐘状の花を咲かせる。
    花冠は淡紅紫色または白色で濃色の斑点があり、先は浅く5裂する。
    名前の由来:供たちがこの花にホタルを入れて
    遊んだからという説があります。
    撮影:2017.07.10
    hotarubukuro-180705.jpg 

    [ 2018/07/11 07:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(0)

    「シモツケ」

     シモツケ(下野)はバラ科シモツケ属。
    樹高50~120㌢、落葉性低木。
    *花期:5~8月 *分布:北海道~九州、

    奥槍戸の家、手前のスパー林道沿いに、シモツケの赤い花が
    今を盛りに咲いていました。
    小さな蕾もありますが、花は終盤のようです。
    別名、キシモツケ(木下野)とも呼ばれる。
    撮影:2017.07.10
    simotuke-180704.jpg
    [ 2018/07/12 06:00 ] ④木の花 ●その他 | TB(-) | CM(0)

    「バイカアマチャ」

    バイカアマチャ(梅花甘茶)アジサイ科バイカアマチャ属 落葉低木
    アジサイの仲間、1属1種の落葉低木。
    *花期:7~8月 *分布:本州中部以西の太平洋側だけ、

    去年訪れた時は、両性花、装飾花共に開花していましたが、
    少し早いようで、装飾花は開花していません。
    撮影:2018.07.11
    baikaamatya-180704.jpg
    [ 2018/07/12 06:00 ] ④木の花 ●その他 | TB(-) | CM(0)

    「ギボウシラン」

    ギボウシラン(擬宝珠蘭)ラン科クモキリソウ属
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧IB類
    花茎は直立し、開花時の高さは15~30㌢の多年草。
    葉は茎の基部に2個つき、長さ5~12㌢、幅3~8㌢の広卵形で、
    先端は急鋭頭で、基部は心形となる。
    一見ギボウシの葉を思わせる。
    *花期:7~8月 *分布:北、本、四、九、伊豆諸島

    少し早いが、去年初めて出会えた場所へ向かう。
    現地に着くと、小さな2枚葉を何株か確認、花芽を付けた2枚葉の株は
    2株、1株は蕾が膨らんでいますので、7~10日後に咲きそう?
    撮影:2018.07.10
    gibousran-180702.jpg 
    [ 2018/07/12 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(0)

    「ハマボウ」

    ハマボウ(浜朴)アオイ科 フヨウ属
    徳島県:準絶滅危惧
    樹高は3㍍ほど、暖帯南部の海岸の泥土に生える落葉低木。
    *花期:7~8月 *分布:本(関東以西)、四、九、

    県下唯一の「ハマボウ」の群生地(田井川の川尻)
    咲き始めの、大型で可憐な淡黄色の花が咲き始めていました。
    撮影:2018.07.12
    hamabou-180705.jpg 
    [ 2018/07/12 18:00 ] ④木の花 ●その他 | TB(-) | CM(-)

    「カノコユリ」

    カノコユリ(鹿の子百合)ユリ科ユリ属の多年草
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ:1~1.5㍍、海岸の崖地や、渓谷の岩の上などに生える多年草。
    *花期:7~9月 *分布:四、九、

    咲き始めのようで、傷んでいない綺麗な状態の花が
    去年と同じ場所(県南の海岸線)で、咲いていました。
    撮影:2018.07.12
    kanokoyuri-180701.jpg
    [ 2018/07/13 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    「ソクズ」

    ソクズ(蒴藋゙)スイカズラ科ニワトコ属の多年草。
    高さ:1㍍、人家や山野に生える多年草。
    葉は長さ12~18㌢、幅2~6㌢の卵状披針形(ヒシンケイ)で、先はとがる。
    *花期:7~8月 *分布:本、四、九、

    此の場所で、此花の観察を初めて3年目、
    今季も綺麗な花を咲かせ始めています。
    撮影:2018.07.12
    sokuzu-180703.jpg
    [ 2018/07/13 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    「ツチアケビ」

    ツチアケビ(土通草)ラン科ツチアケビ属
    徳島県:準絶滅危惧
    高さ:0.5~1.0㍍、腐生植物。
    *花期:6~7月 *分布:北、本、四、九、

    6月9日 にUPの、ツチアケビ赤いウインナーになっていました。
    撮影:2018.07.12
    tutiakeb-180701.jpg
    [ 2018/07/13 18:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    「マヤラン」Ⅱ

    マヤラン(摩耶蘭)ラン科シュンラン属
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ:10~30㌢、腐生の多年草。
    *花期:7~8月 *分布:本(関東南部以西)、四、九、沖、

    去年まで3年連続で群生で咲いていた場所、今季は付近の工事の、
    影響で咲いていません。
    少し離れた位置で、4株咲いているのを撮影する。
    撮影:2018.07.12
    mayaran-1807002.jpg 


    [ 2018/07/14 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    「カノコユリ」Ⅱ

    カノコユリ(鹿の子百合)ユリ科ユリ属の多年草
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ:1~1.5㍍、海岸の崖地や、渓谷の岩の上などに生える多年草。
    葉は長さ12~18㌢、幅2~6㌢の卵状披針形(ヒシンケイ)で、先はとがる。
    *花期:7~9月 *分布:四、九、

    今回は山間部国道195号、
    山岸2メートルの高さから垂れ下がって咲いていました。
    撮影:2018.07.18
    kanokoyuri-1807-01.jpg
    [ 2018/07/19 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    「ヤマジオウ」

    ヤマジオウ (山地黄)シソ科 オドリコソウ属
    高さ:5~10㌢の多年草。
    葉は長さ3~7㌢、長楕円状倒卵形、葉脈が深く、しわがある。
    花は淡紅色で白色の縁取りがある唇形花。
    *花期:8月 *分布:本(神奈川県以西)、四、九、

    今季、この場所、花数が少ないようです。
    小さな花に、小さな虫が蜜を吸っていました。
    撮影:2018.07.18
    yamazio-1807-03.jpg 
    [ 2018/07/19 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    「オオヤマサギソウ」

    オオヤマサギソウ(大山鷺草)ラン科
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類
    葉は普通下部の2個が大きく、狭長楕円形で10~20㌢、光沢がある。
    *花期:7~9月 *分布:北、本、四、九、

    去年と同じ場所で、綺麗な花を咲かせ始めています。
    咲き初めの花は、淡緑白色で瑞々しく感じます。
    撮影:2018.07.18
    ooyamasagiso-1807-02.jpg 


    [ 2018/07/19 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    「ミヤマトベラ」

    ミヤマトベラ(深山とべら)マメ科 ミヤマトベラ属
    高さ:10~20㌢の常緑小低木。
    葉は濃緑色の3小葉からなり,小葉は広楕円形~倒卵形で円頭です。
    国内では絶滅危惧種となっている県も少なくない。
    *花期:6~7月 *分布:(関東地方以西)、四、九、

    撮影:2018.07-18
    miyamatobera-1807-03.jpg
    [ 2018/07/19 06:00 ] ④木の花 ●その他 | TB(-) | CM(-)

    「ムカデラン」

    ムカデラン(百足蘭)ラン科ムカデラン属
    徳島県:絶滅危惧ⅠA類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    葉は互生し、葉身は円柱状で長さ約2cm
    短い花茎の先に直径1cm足らずの淡紅紫花を1個つける。
    岩上に着生する常緑のラン
    *花期:6~7月 *分布:本(関東以西の太平洋側)・四・九、

    撮影:2018.07-20
    mukaderan-1807-02.jpg 
    [ 2018/07/21 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)