大砂海水浴場

    今シーズン2回目の、
    大浜海水浴場のダルマ朝日を観察する。
    家内は国道55号線歩道で、私は国道下の南端地磯前で撮影。
    まずまずの、ダルマ朝日を観察しました。
    撮影:2017.12.02 
    2017001202-01.jpg
     南端地磯前、日の出前の風景。
    撮影:南端地磯前
    2017001202-06.jpg 

    日の出時刻(06:49)水平線上に太陽が頭を出す。
    撮影:国道55号線歩道
    2017001202-11.jpg

     撮影:南端地磯前
    2017001202-07.jpg

     綺麗なダルマ朝日が完成する。
    撮影:国道55号線歩道
     2017001202-05_2.jpg 
    撮影:南端地磯前
    2017001202-09.jpg

     少し光線が強く、ダルマ朝日が白くなりましたが
    この場所では初めて、ダルマ朝日に出会えました。
    2017001202-10.jpg 

    2017/12/02 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)

    辰巳南突堤


    岸壁に到着(06時45分)南突堤付近が赤く朝焼けしています。
    撮影:2017.12.03  
    20170012030-01.jpg
     日の出時刻(06時50分)ジャストに、南突堤の南に日の出
    紀州半島の浮き島が濃く現れる。
    20170012030-09.jpg 

    ダルマ朝日に、浮き島がどんな影響を及ぼすのか
    心配しながら見守る(日の出から1分30秒経過)
    20170012030-02.jpg 

    日の出02分30秒経過、ダルマ朝日の完成!
    ダルマのΩ部分に、浮き島が帯のように架かる。
    20170012030-10.jpg  

    日の出から03分経過で、ダルマ朝日が台座から離れる。
    20170012030-05.jpg 


    20170012030-06.jpg 

    日の出から10分経過しても浮き島はクッキリと見える。
    20170012030-07.jpg 


    今シーズンはじめて、
    辰巳工業団地の岸壁から、辰巳南突堤灯台の、南側に出る朝日を狙う。
    今日の日の出時刻は(06時50分)
    岸壁までは自宅からおよそ25㎞(25分)


    2017/12/03 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)

    辰巳南突堤

    突堤灯台の南側に出る朝日を狙う。
    今日の日の出時刻は(06時51分)
    定刻に日の出、昨日と同じような浮き島が現れる。
    撮影:2017.12.04  
    20170012040-00.jpg
    南突堤灯台に捕らえる。
    20170012040-01.jpg 

    ダルマ朝日完成(6時53分)
    20170012040-02.jpg 

    綺麗な朝日の風景を撮影して帰路につく。
    20170012040-08.jpg 


    20170012040-09.jpg
    2017/12/04 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)

    辰巳南突堤


    南突堤灯台奥の水平線上薄いグレーの中に朝日
    期待が膨らむ。
    撮影:2017.12.05  
    20170012050-01.jpg
    いい感じのピンク色『ダルマ朝日』が完成です。
    20170012050-03.jpg


    水平線上の雲の濃淡で、不思議な光景になりました。
    20170012050-05.jpg


    20170012050-04.jpg

     
    2017/12/05 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)

    轟の滝


    徳島県海陽町にある、日本の滝百選のひとつ
    四国一の大滝「轟の滝」
    本滝は別名<王餘魚滝(かれいだき)>とも呼ばれ、
    落差58mの神々しい滝で徳島県一を誇る。
    轟神社の奥部にあり摂社の本滝神社のご神体である。
    撮影:海陽町 2017.12.02

    20171202k-056.jpg

    本滝に陽射しがさし込み虹が架かる。
    時刻は午前10時
    20171202k-059.jpg

    20171202k-044.jpg
    神が宿る滝を感じさせる光景です。
    20171202k-049.jpg
    <
    2017/12/06 ■ 史跡 | TB(-) | CM(-)

    中林海岸


    日の出前の水平線上の空が赤く焼けて来る。
    伊島「野辺崎」の北に朝日が顔を出す。
    撮影:2017.12.07  
    201701207-eo01.jpg
    紀伊半島の浮き島も薄く見え、光線も少し強いようですが?
    どんなダルマ朝日になるのか・・・?
    まずまずのダルマ朝日、ではと思いながらシャッターを切る。
    2017001207b-02.jpg






    2017001207b-04.jpg

    台座から離れる。
    2017001207b-05.jpg

    気嵐が赤く染まって見える。
    太陽は、伊島「野辺崎」の北東およそ300㍍付近でしょうか?
    2017001207b-07.jpg





    林撮影ポイントから、今日の日の出方向は
    伊島「野辺崎」の北東およそ300㍍付近を通過して
    (和歌山県西牟婁郡白浜町椿付近)でしょうか?
    伊島沖まで海上直線距離およそ13㌔、
    和歌山椿まで、およそ72.0㌔(Googleマップで計測)
    2017/12/07 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)

    「サツマイナモリ」

    サツマイナモリ(薩摩稲森)アカネ科サツマイナモリ属
    高さ10~25㎝、林内に生える多年草。
    花期:12~5月 *分布:本(関東南部以西)、四、九、沖、

    少し早かったようです、咲いている花数は疎らでした。
    撮影:2017.12.02
    2017001202-015.jpg
    2017/12/08 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ウメバチソウ&ナカガワノギク

    12月に入り、咲く花も少なくなってきました。
    咲き残りの花の様子を見に、那賀川の岩場を訪れる。
    ウメバチソウの花が終わり、緑の果実になっていました。
    撮影:那賀町 2017.12.02
    2017001202-032.jpg

    2017001202-025.jpg
    咲き残りの花もそこそこあります。
    2017001202-028.jpg

    2017001202-029.jpg

    2017001202-026.jpg
    ホソバリンドウの咲き残り。
    2017001202-023.jpg
    岩場の上のナカガワノギク花数は少なくなっていますが
    綺麗な状態の花も咲いています。
    2017001202-021.jpg
    花の終盤で赤く色づいた、ナカガワノギク。
    2017001202-022.jpg

    2017001202-031.jpg
    2017/12/09 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    中林海岸


    今日の中林海岸のダルマ朝日は、水平線上のグレー濃い雲に
    邪魔をされ見ることが出来ませんでした。
    穏やから海面と広がる青空が綺麗です。
    撮影:2017.12.10  
    2017120900-007.jpg

    今朝の中林海岸の、日の出前の風景です。
    2017121000-001.jpg

    昨日の中林海岸のダルマ朝日、日の出前には伊島の野辺崎北の
    水平線上が赤く焼けてくる、浮き島も濃くみえる。
    撮影:中林海岸 2017.12.09
    2017120900-001.jpg

    ダルマ朝日にらなず、崩れてしまいました。
    2017120900-003.jpg

    蜃気楼が強いのか、水平線上の雲が乱れているようです。
    2017120900-004.jpg

    伊島の野辺崎から水平線上に浮かんだ船影が出てくる。
    5本のマストとブリッジのように見るるが?
    2017120900-006.jpg

    ネットで調べると「木材兼撤積運搬船」の画像を見つける
    画像は、引用です。
    2017120900-008.jpg

    2017/12/10 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)

    中林海岸


    今シーズン4回目の、中林海岸
    沖雀磯の中央に、伊島野辺崎の北に出るダルマ朝日を狙う。
    水平線上の薄いグレーの中に朝日が現れる(6時56分)
    薄いピンク色の朝日に期待が膨らむ。
    撮影:2017.12.11  
    201701211-e03.jpg
    地雀の東に、伊島野辺崎北に朝日を捕らえる。
    朝日の1/2が顔をだす、更に期待が膨らむ・・・
    201701211-e07.jpg


    201701211-e16.jpg


    201701211-e19.jpg


    201701211-e34.jpg

    沖雀磯のVの中央に捕らえる。
    201701211-k01.jpg


    201701211-k05.jpg

    残念ながら、朝日の1/2下の雲が厚くなり隠れる。
    201701211-k08.jpg

    残念ですがダルマの台座は現れません。
    201701211-k13.jpg

    去年の12月に花友さんが取られた見事なダルマ朝日です。
    201701211-12.jpg


    201701211-03.jpg

    ダルマ朝日を見ることは出来ませんでしたが、綺麗な朝日です。
    201701211-04.jpg


    201701211-05.jpg


    201701211-10.jpg

    2017/12/11 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)