オオヤマジソ

    オオヤマジソ(大山紫蘇)シソ科イヌコウジュ属
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧IA類
    高さ:10~20cm、山野に生える多年草。 
    *花期:9~10月 *分布:本、四、九、

    花冠は唇形、淡紅紫色で長さ約3㎜、
    ヤマジソの変種、徳島県では、ヤマジソに含めているようです。
    撮影:2017.09.03
    2017009030-22.jpg 
    [ 2017/09/03 18:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    ハシカグサ

    ハシカグサ(麻疹草)アカネ科ハシカグサ属
    1年草。 
    *花期:8~9月 *分布:本、四、九、沖縄
    白色で直径2㎜の花を数個つけ、花冠は、筒状で4裂する。
    裸眼では花の様子を伺うのは難しい。
    マクロレンズを通して見てなんとは花の様子が伺える。
    撮影:大川原高原 2017.09.03
    2017009040-44.jpg
    [ 2017/09/04 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    カリガネソウ

    カリガネソウ(雁草)シソ科カリガネソウ属
    徳島県:準絶滅危惧
    高さ:80~100㌢の多年草 
    葉は幅広い卵形で、向かい合って生える(対生)葉の先は鋭く尖り、
    縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
    *花期:8~9月 *分布:北海道、四国、九州

    今回初めての自生地を訪れる。
    少し訪れたのが早いのでしょうか?
    蕾が多く咲いている花数は少ないですが、花は綺麗です。
    撮影:2017.09.03
     2017009030-01.jpg 
     
    [ 2017/09/04 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    イガホオズキ

    イガホオズキ(毬酸漿)ナス科イガホオズキ属
    徳島県:絶滅危惧IB類

    ナス科の多年草。茎は高さ50~70センチメートル。
    葉は互生し、卵形で先は短くとがる。6~8月、
    *花期:6~8月 *分布:北海道、本州、四国、九州

    名の由来は果実がホオズキに似て、
    その表面に刺状の突起があることによるそうです。
    当県では、生育地から消滅したところが多く、
    個体数の減少が著しいようです。
    撮影:2017.09.03
    2017009030-15.jpg 
    [ 2017/09/04 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    クサアジサイ

    クサアジサイ(草紫陽花)ユキノシタ科 クサアジサイ属
    高さ:20~70㌢、湿った林内に生える多年生。
    *花期:7~9月 *分布:本州(福島県以南)、四国、九州、

    クサアジサイの花が綺麗な状態で咲き残っていました。
    綺麗な状態の装飾花が、いいアクセントになっています。
    撮影:2017.09.04
    2017009040-05.jpg 

    [ 2017/09/05 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    オトコエシ&オミナエシ

    オトコエシ(男郎花)スイカズラ科オミナエシ属
    大川原高原に爽やかな秋風が吹く季節になってきました。
    白い花オトコエシ(男郎花)、黄色花オミナエシ(女郎花)
    の花が高原に咲き始めています。
    撮影:2017.09.04
    2017009040-13.jpg 
    [ 2017/09/05 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    ヤマジノホトトギス

    ヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草)ユリ科ホトトギス属
    高さ:30~60㌢多年草。
    *花期:8~10月 *分布:本州、四国、九州、

     高鉾山本峰では早くから咲き始めているようですが
    高原の草地では、まだ出会えていなかった、ヤマジノホトトギスの花
    草むらの中で咲いているのを見つける。
    撮影:2017.09.04
    2017009040-37.jpg 
    [ 2017/09/05 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    ネコハギ

    ネコハギ(猫萩)マメ科ハギ属
    多年草。
    *花期:7~9月 *分布:本州、四国、九州、

    「はぎ」の名はありますが、
    「秋の七草」のひとつ「萩」には含まれていません。
    撮影:2017.09.04
    2017009040-31.jpg
    [ 2017/09/05 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    オトギリソウ

    オトギリソウ(弟切草)オトギリソウ科オトギリソウ属
    高さ:1㍍、山地や丘陵に生える多年草。
    葉は、長さ4~8㌢の狭楕円形で葉先は通常は円形で、
    時にやや鈍三角形状です。
    花は、径5㌢ほどの黄色の5弁花です。 
    1日花(朝開いて夕方に萎む)です。 
    *花期:7~8月 *分布:北海道、本州、四国、九州、
     秋の訪れの高原、オトギリソウの花が咲き残っていました。
    撮影:2017.09.04
    2017009040-29.jpg
    [ 2017/09/06 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    コケオトギリ

    コケオトギリ(苔弟切)オトギリソウ科オトギリソウ属
    高さ:3~10㌢の多年草。
    葉は長さ0.5~1㌢、幅3~8mmの広卵形で、
    日にすかすと半透明の明点が散らばっているのが見える。
    *花期:7~8月 *分布:日本全土の野原や休耕田。

    高原の草むらの中で紅葉を始めていました。
    撮影:2017.09.04
    2017009040-15.jpg
    [ 2017/09/06 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    オタカラコウ

    オタカラコウ(雄宝香)キク科メタカラコウ属
    高さ:1~2㍍、多年草。
    *花期:8~10月 *分布:本(福島県以西)、四国、九州、

    高原の秋の花、
    オタカラコウの黄色い花が目立つ季節となってきました。
    撮影:2017.09.06
    20170090600-07.jpg 
    [ 2017/09/07 09:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    ナガバシャジン

     ナガバシャジン(長葉沙参)キキョウ科ツリガネニンジン属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類 
    高さ:30~50㌢、四国の渓流ぞいの岩場に生える。 
    葉の長さは3~5㌢。幅3~8㍉。
    *花期:7~10月 *分布:四国(徳島県)、

    開いている花は少なく、咲きはじめのようです。
    撮影:2017.09.08
    20170090800-09.jpg
    [ 2017/09/09 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    オオニシキソウ

    オオニシキソウ(大錦草)トウダイグサ科ニシキソウ属
    北アメリカ原産で、明治後期に日本に渡来してきたといわれる
    帰化植物で、花は2mmほどでとても小さく
    裸眼では花の様子はわかりませんが、
    マクロレンズを通して見ると、面白い花姿です。
    4つの雄花があつまり、それぞれの腺体(腺体附属体)が花弁のように見える。
    その間から雌花が伸び、受粉すると成長して下垂する。
    雌しべの柱頭は3つに分かれ、子房の表面は無毛で平滑。引用
    撮影:2017.09.08
    20170090800-33.jpg
    [ 2017/09/09 10:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    コオロギラン

    コオロギラン(蟋蟀蘭)ラン科 コオロギラン属
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ:3~10㌢、常緑林、スギ林内、に生える多年草。 
    葉は卵型で上部に一枚つき、長さ3~5mm
    *花期:8~9月 *分布:和歌山県、四国、九州

    何時もなら8月下旬に花が開花するのですが
    今季は開花が遅れていています。
    やっと開花した花を1株確認することが出来ました。
    撮影:2017.09.08
    20170090800-16.jpg 
    [ 2017/09/10 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    キツネノマゴ

    キツネノマゴ(狐の孫)キツネノマゴ科キツネノマゴ属
    高さ:10~40㌢、1年草。 
    花は淡紅紫色の唇形花、長さ約8㎜穂状に密集。
    *花期:8~10月 *分布:本州、四国、九州

    今の時季になると、道ばたにふつうに見られる花です。
    名前の由来に定説は無く、花が子狐の顔に似ている
    花序の形が狐の尻尾に似ているなど・・・
    撮影:2017.09.08
    20170090800-12.jpg
    [ 2017/09/11 07:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    シコクブシ

    シコクブシ(四国附子) キンポウゲ科 トリカブト
    高さ:80~150㌢、多年草。 
    全草有毒であるが、特に塊根に有毒物質が集まっている。
    *花期:8~10月 *分布:四国、

    3年ぶりに剣山へ向かう。
    日曜日のせいでしょうか、見ノ越に着くと駐車場が満車状態。
    リフトを利用して西島へ。
    咲きはじめの紫色の濃い花が垂れ下がっています。
    撮影:剣山 2017.09.10
    20170090100-02.jpg
    [ 2017/09/11 10:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    トモエシオガマ

    トモエシオガマ(巴塩竈)ゴマノハグサ科シオガマギク属
    高さ:30~60㌢、高山帯の開けた草地に生える多年草。 
    *花期:8~9月 *分布:四国、

    花は終盤のようですが、綺麗な状態の花もあります。
    撮影:剣山 2017.09.10
    20170090100-25.jpg
    [ 2017/09/12 06:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    レイジンソウ

    レイジンソウ(伶人草)キンポウゲ科トリカブト属の多年草
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ:30~80㌢、多年草。 
    *花期:8~10月 *分布:四国、九州、

    剣山の夏の代表の花、レイジンソウの花も終盤を迎えていますが
    所々で見ることができました。
    撮影:剣山 2017.09.10
    20170090100-45.jpg  
    [ 2017/09/12 07:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    シコクフウロ

    シコクフウロ(四国風露)ウロソウ科フウロソウ属
    高さ:20~60㌢、石灰岩地に自生する越年草。 
    *花期:7~9月 *分布:本州(東海地方以西)、四国、九州

    夏の剣山を彩る,夏花の1つです。
    綺麗な状態の花が、まだまだ元気に咲いていました。
    撮影:剣山 2017.09.10
    20170090100-33.jpg
    [ 2017/09/13 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ヒメフウロ

    ヒメフウロ(姫風露)フウロソウ科フウロソウ属
    徳島県:絶滅危惧IB類
    高さ:30~80㌢、多年草。 
    葉は互生し、長さ3cm、幅5cmほどで、深く3全裂。
    *花期:7~9月 *分布:本州(東海地方以西)、四国、九州

    シコクフロと同じく、夏の剣山を彩る,夏花の1つです。
    撮影:剣山 2017.09.10
    20170090100-42.jpg
    [ 2017/09/13 07:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ハガクレツリフネ

    ハガクレツリフネ(葉隠釣舟)ツリフネソウ科
    高さ:30~70㌢、1年草。 
    葉は菱状楕円形で脈上に白色の縮毛がある。
    *花期:7~10月 *分布:紀伊半島、四国、九州

    剱神社を少し過ぎた登山道沿いに群生して咲いていました。
    撮影:2017.09.10
    20170090100-54.jpg
    [ 2017/09/13 08:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)