FC2ブログ






    マムシグサ

    今季もマムシグサが、南阿波サンライン沿いに咲き始めています。
    昨年に比べると1週間ほど遅いようです。
              撮影:3月30日
    170330-029.jpg

    170330-031.jpg

    170330-028.jpg

    170330-034.jpg

    170330-027.jpg

    170330-052.jpg 

     170330-040.jpg 
    南阿波サンラインの少し遅い春の花。
    春の花の開花が今季は少し遅れいている様子です。
    花情報をお伝えするのが難しいです。

    [ 2017/03/31 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    アワコバイモ③

    飯野山からの帰り道、県境のアワコバイモ。
    綺麗に花を開いていました。
    170328-229.jpg 
    [ 2017/03/30 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    ケスハマソウ

    高松自動道坂出ICを下り国道11号線⇒県道194号線経由で
    飯野山丸亀登山口の駐車場に到着(11.30)
    ケスハマソウ自生地に到着(12.00)
    木洩れ日に浮かび上がった、鮮やかなケスハマソウ
                      撮影:3月28日
    170328-106.jpg
    [ 2017/03/29 11:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    ミスミソウ

    ミスミソウ(三角草)キンポウゲ科ミスミソウ属
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:準絶滅危惧
    高さ5~15㎝、常緑多年草。
    *花期:2~4月 *分布:本、四、九、

    開閉花の開花にうまくタイミングを合わすのは
    難しいです、温度や太陽光など条件が合わないと開花しません。
    撮影:201.03.25
    170325-046.jpg
    [ 2017/03/29 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    オキナグサ(再訪)

    オキナグサ(翁草)キンポウゲ科オキナグサ属
    徳島県:絶滅危惧類 環境省:準絶滅危惧Ⅱ類
    高さ40㎝、低地の湿原や湿った草地などに生える2年草。
    *花期:4~5月 *分布:本、四、九、

    撮影:2017.03.24
    170324-012.jpg

    [ 2017/03/28 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    トクシマコバイモ

     トクシマコバイモ(徳島小貝母)ユリ科バイモ属
    徳島県:絶滅危惧IB類
    高さ10~12㎝、落葉樹林下や林縁に生える多年草。
    *花期:3~4月 *分布:徳島県の固有種、

    今季は少し遅いのではないかと思いながら、自生地へ向かう。
    私の知る限りでは、此の場所が一番早く咲く場所です。
    枯葉の中に咲くコバイモは保護色になって
    咲き始めの頃は見つけるのが大変です。
    撮影:2017.03.25
    170325-038.jpg
    [ 2017/03/26 09:30 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    アセビ(馬酔木)

    大川原高原の春の花の下見に出かける。
    遊歩道沿いの、アセビ(馬酔木)の花が開花していました。
    アセビ(馬酔木)ツツジ科 アセビ属
    撮影:2017.03.25
    170325-004_1.jpg 

    まだまだ咲いている木は少ないですが、蕾が膨らんでいる木は多いです。
    170325-003.jpg

    170325-005.jpg

    170325-007.jpg

    [ 2017/03/26 08:00 ] ④木の花 | TB(-) | CM(-)

    ハルリンドウ①

    今日までに何度か下見に訪れたのですが気配がありませんでしたが
    今日は1株咲いているのを見つけました。
    ハルリンドウ(春竜胆)リンドウ科リンドウ属
    徳島県:絶滅危惧IB類
    170324-093.jpg
    [ 2017/03/25 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    カキドオシ

    道端の枯れ草の中に濃紫色の斑紋と白い毛が目立たせて
    咲いていました春の花。
    カキドオシ(垣通し)シソ科カキドオシ属
    花が終わったあと茎が長く伸び、長いつるが垣根を通り抜ける
    ようだということから「垣根を通す」から「かきどおし」
    となったと言うそうです(引用)。
    撮影:神山町 2017.03.18
    170318-095.jpg
    [ 2017/03/24 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    ユキワリイチゲ⑦

    観察している中では一番咲き揃うのが遅い
    川沿いの竹林の中のユキワリイチゲの花も
    咲き揃いました。
    今季は他の自生地に比べて出来が悪いようです。
    撮影:神山町 2017.03.18
    170318-068.jpg
    [ 2017/03/23 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    トサノチャルメルソウ

    トサノチャルメルソウ(土佐の哨吶草)ユキノシタ科チャルメルソウ属
    徳島県:滅危惧Ⅱ類 環境省:絶滅危惧ⅠB類
    草丈20~30cm多年草。
    *花期:3~5月*分布:四(徳島・高知)


    車道山手の水の滴る岩場に群生で咲いていました。
    撮影:2017.03.17
    170317-173.jpg  
    [ 2017/03/21 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    アワコバイモ②

    10日(金)に訪れたアワコバイモの自生地に、再度訪れる。
    前回は花の数が少なかったが、1週間経過で花数が随分増えています。
    「コバイモ3兄弟」も咲き揃いました。
    アワコバイモ(阿波小貝母) ユリ科バイモ属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類
    170317-062.jpg
    [ 2017/03/20 08:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)