田井ノ浜


    二日連続、田井ノ浜へ向かう。
    田井ノ浜に到着すると、昨日とは正反対の風景です。
    水平線上は濃いグレー色の雲。
    撮影:2017.02.01
    170201-kis002.jpg

    残念ですが、ダルマ朝日は出ませんでした。
    日の出時刻を3分ほど過ぎて、雲の隙間に朝日が一部顔を見せる。
    170201-003.jpg 

    おぼろ月と見間違えるような風景です。
    170201-006.jpg 

    朝日が水面に一本の赤い道筋を作る。
    170201-kis011.jpg

     

    2017/02/01 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)

    ユキワリイチゲ①

    2017年2月12日(日)晴
    インフルエンザで体調を崩し、およそ10日ほど自宅で安静に過ごしていました。
    リハビリを兼ねて、軽く花散策に出かける。
    ユキワリイチゲ 花蕾が大きくなっています。
    170212-036.jpg
    2017/02/13 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    セリバオウレン①

    今季も春一番の花
    セリバオウレン (キンポウゲ科 オウレン属)
    の花が咲きはじめました。
    雪の中から小さな花茎を伸ばし花を咲かせています。
                       撮影:2月12日
    170212-031-2.jpg 
    2017/02/14 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ホソバオウレン

    ホソバオウレン(細葉黄連)キンポウゲ科
    高さ5~ 10㎝、林縁や疎林の林床に自生する多年草です。
    ホソバオウレンも咲き始めているのではと思い出かける。
    1月の下旬に一度下見をして置いた場所に向かうと
    苔の中に咲き始めの、ホソバオウレンを見つける。
    撮影:2017.02.14
    170214-041.jpg 
    2017/02/15 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    辰巳工業団地


    辰巳工業団地の東の防潮堤の上から望む。
    水平線上グレーの雲があり、どうだろう?と日の出を待つ・・・
    日の出時刻も(06:44:42)
    日の出時刻を1分ほど経過して雲の隙間から朝日が顔を出す。
    撮影:2017.02.16  
    170202-008.jpg

    残念ながら、だるま朝日は見えませんでした。
    170202-020.jpg 


    170202-029.jpg 


    170202-041.jpg 

    久しぶりの日の出風景に、少し元気が沸いてきました。
    170216-sh020.jpg 


    2017/02/16 ■ 朝日の風景 | TB(-) | CM(-)

    ユキワリイチゲ②

    今週の日曜日に訪れた、ユキワリイチゲの群生場所に
    12時過ぎに到着する。
    開きかけた花が数株見られるが、此の場所は、午後2時頃が開花なので
    他の場所へ下見に向かい、
    丁度2時過ぎに再び訪れると、綺麗に数株が開花していました。
                               撮影:2月16日
    170202-127.jpg
    2017/02/18 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ホソバオウレン

    ホソバオウレン(細葉黄連)キンポウゲ科
    高さ5~ 10㎝、林縁や疎林の林床に自生する多年草です。
    前回訪れてから中4日で、自生地を訪れる。
    春一番で雪は溶けて見当たりません。
    前回は5株ほどしか咲いていませんでしたが
    今日は前回咲いていなかった場所でも花を確認する。
     撮影:2月19日
    170219-021.jpg
    2017/02/19 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    フクジュソウ(福寿草)①

    2017年2月19日(日)晴
    那賀町阿津江、標高700の黒滝山の山頂にある、
    四国八十八ヶ所第二十一番太龍寺奥の院「黒滝寺」境内の
    フクジュソウ(福寿草)の花が満開の見頃でした。
    170219-029.jpg
    2017/02/20 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ユキワリイチゲ「標高950」

     ユキワリイチゲ(雪割一華) キンポウゲ科イチリンソウ属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ10~20㎝、多年草。
    *花期:3~4月 *分布:本(近畿地方以西)、四、九、

    昨年も2月19日に訪れた
    標高およそ950㍍の岩場に咲く、ユキワリイチゲの自生地へ向かう。
    到着したのは午後2時過ぎ、
    自生の岩場に日差しが届き綺麗に花が開いていました。
    撮影:2017.02.19
    170219-050.jpg

    2017/02/21 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    フクジュソウ(福寿草)②

    此の山は県内でも数少ない、フクジュソウの群生地、
    群生場所の花が少なくなり消えかけています。
    群生場所から離れた場所で、昨年偶然岩の割れ目に咲く2株を見つけました。
    今年は少し増えているのではと期待して、家内と二人で
    急斜面のガレ場を1時間近く探す。
    昨年の咲いていた岩場の下で4株ほど見つけました。
                  撮影:2月19日
    170219-100.jpg
    2017/02/22 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)