ヌマトラノオ

    ヌマトラノオ(沼虎尾)サクラソウ科オカトラノオ属
    アゼオトギリ(畦弟切)の咲いていた近くの、田の畦あぜに咲いていました。
    花は少し前から咲き始めていたようで、花序の下のほうは花が終わっています。
    撮影:2016.07.30
    160724-173_a.jpg  
    [ 2016/08/01 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ナツエビネ

    ナツエビネ(夏海老根)ラン科エビネ属
    徳島県:絶滅危惧II類 環境省:絶滅危惧II類
    高温と湿度不足が続いています、
    そのせいかナツエビネの花茎が黒く腐敗している株が目立ちます。
    花茎の先が落ちてしまっている株もあります・・
    撮影:2016.07.30

    160731-046.jpg
    [ 2016/08/01 09:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    コケオトギリ&オトギリソウ

    コケオトギリ(苔弟切)オトギリソウ科オトギリソウ属
    葉は対生し、葉柄がない。
    弁花をつけます。花は、午前中でお昼頃には花被片の先から萎んでゆくようです。
    オトギリソウでは、葉に密に黒点があり、葉の縁にも黒点が並びますが、
    コケオトギリには、黒点がありません。
    遊歩道の日陰に、小さな黄色の花が咲いています、コケオトギリの花。
    撮影:2016.07.30
    160730-28.jpg
    [ 2016/08/03 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    シロシャクジョウ

    シロシャクジョウ(白錫杖)ヒナノシャクジョウ科
    徳島県:絶滅危惧IB類
    高さ:3~5㌢の腐生植物。
    *花期:8~10月 *分布:本、四、九、沖縄 、

    昨年は数え切れないほど咲いていた、林床へ向かい二人で探して歩く・・・
    林床はカラカラに乾いていて、歩くと足元の落ち葉がガサガサと音を立てる。
    時季が少し早いのか?、環境が変化してしまったのか?
    シロシャクジョウの姿はまったく見当たりません。
    昨年少し遅れて咲いていた場所へ引き返してくると、数株咲いているのを見つける。
    撮影:2016.08.02
    160802-046.jpg 
    [ 2016/08/04 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ベニシュスラン&キノコ2つ

    ベニシュスラン(紅繻子蘭)ラン科シュスラン属
    徳島県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅰ類
    半日陰の歩道の足元に咲いていました。
    撮影:2016.07.31
    160731-002.jpg 
    [ 2016/08/05 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    サワオトギリ

    サワオトギリ(沢弟切)オトギリソウ科 オトギリソウ属
    で少し勉強をしてみました・・・
    地球上には、動物が約150万種、植物が約50万種
    これらの生物間その差をはっきりさせるために、
    分類階級を設けられているようです。
    分類段階は、界→門→網→目→科→属→種と7段階に・・・
    共通性のある「種」をまとめたものが「属」
    共通性のある「属」をまとめたものが「科」だそうです、以下・・・
    なんとなく理解が出来たような気がしました。
    撮影:2016.08.04
    160804-045.jpg 
    [ 2016/08/06 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    オオナンバンギセル

    オオナンバンギセル(大南蛮煙管)ハマウツボ科ナンバンギセル属
    徳島県:絶滅危惧IB類
    高さ:20~30㎝、山地の草地に生える1年生の寄生植物。
    *花期:7~9月 *分布:本、四、九、
    花数は少ないですが、
    傷みのない綺麗なピンク色の花が咲いていました。
    ナンバンギセルは野山に咲きますが、オオナンバンギセルは、
    それよりやや標高の高いところで見られます。
    撮影:2016.08.04
         160804-096.jpg 
    [ 2016/08/07 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ホンゴウソウ

    ホンゴウソウ(本郷草)ホンゴウソウ科 ウエマツソウ属
    徳島県レッドデータブック:絶滅危惧I類
    昨年より一週間ほど早い花の開花です。
    撮影:2016.08.07
    160807-022_1.jpg 
    [ 2016/08/08 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ナツエビネⅡ

    ナツエビネ(夏海老根)ラン科エビネ属
    徳島県:絶滅危惧II類 環境省:絶滅危惧II類
    先月の31日の訪れた、ナツエビネの群生場所へ再度向かう。
    前回訪れたとき、高温と湿度不足が続いて、花茎が黒く腐敗していましたので、
    今季の花の出来を心配しながら、群生場所へ向かう。
    花径が黒く腐敗した株が多く目立ち、咲いている株の花も花茎の上は、
    綺麗な花が見られるが、下の花は黄色く傷んでいる株が目立ちます。
    撮影:2016.08.03
    160806-14.jpg 
    [ 2016/08/09 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ヒメヤブラン

    ヒメヤブラン(姫藪蘭)キジカクシ科 ヤブラン属
    神社の境内の片隅に、ひっそりと小さな淡い紫色の花、
    ヒメヤブランが咲いていました。
    花被片は6枚で淡紫色の楕円形、中心部の雄シベの葯がよく目立つ。
    撮影:2016.08.07
    160810-007_b.jpg 
    [ 2016/08/11 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ヒヨドリジョウゴ&ヘクソカズラ

    ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)ナス科 ナス属
    花冠の基部に緑色の斑点がある、すっきりとした花です。
    花弁は開くと後ろに反り返る。
    撮影:2016.08.10
    160810-100_a.jpg
    [ 2016/08/12 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)