FC2ブログ






    ハンカイソウ

    ハンカイソウの山吹色の花に、アサギマダラ一匹、
    蜜を吸っていました。
    ハンカイソウ(樊会草)キク科メタカラコウ属の多年草。
    撮影:日和佐 2016.05.30
    160530-73.jpg

    ハンカイソウの花は、大きな緑の葉っぱの株の中に、黄色の大きな花・・・
    160530-70.jpg

    160530-69.jpg 

    160530-68.jpg 

    160530-73b.jpg 

    アサギマダラ が一匹飛んできて、アンカイソウの黄色の花へ・・・
    160530-71.jpg
     
    160530-77.jpg 
    [ 2016/05/31 10:30 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    チャボシライトソウ

    チャボシライトソウ(矮鶏白糸草)シュロソウ科 シライトソウ属 
    花茎は高さ15~30㎝、多年草
    徳島県:絶滅危惧ⅠB類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    *花期:5月 *分布:本(愛知県、紀伊半島)、四、九
    昨年と同じ場所に、
    チャボシライトソウの花が咲きはじめていました。
    花の出来は今季は良さそうです。
    撮影:2016.05.27
    160527-056.jpg

    赤紫色が、とてもいい感じの花・・・
    160527-089.jpg 

    160527-084.jpg 

    160527-085.jpg  

    160527-061.jpg 

    160527-057.jpg 

    160527-059.jpg 

    160527-075.jpg 

    160527-064.jpg 

    160527-087.jpg 

    160527-086.jpg 

    160527-088.jpg 

    160527-090.jpg 
    [ 2016/05/29 10:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    ジンリョウユリ

    ジンリョウユリ(神領百合)笹ユリ
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧ⅠB類
    茎:50~100㌢、蛇紋岩地の山地に生える多年草。
    *花期:5~6月 *分布:四国(徳島県)、

    花数は少ないが自生地の、
    ジンリョウユリの花が綺麗に咲いていました。
    撮影:2016.05.27
    160527-101.jpg

    160527-070.jpg

    160527-121.jpg

    160527-116.jpg

    160527-105.jpg

    160527-157.jpg

    160527-158.jpg

    160527-149.jpg

    160527-174.jpg

    160527-171.jpg

    160527-167.jpg

    160527-172.jpg

    160527-200.jpg;
    ピンク色の濃い花です。
    160527-183.jpg
    上の場所から移動した、蛇紋岩のガレ場に、色の濃い花が咲いていました。
    160527-216.jpg

    160527-207.jpg
    つぼみの株も見かけましたが、全般に花数は少なかったです。
    [ 2016/05/28 11:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    アブラギリ 他1

    5月の下旬に咲く、アブラギリ(油桐)の白い花が、
    南阿波サンラインの第二展望所付近の車道下に緑の葉っぱの中に、
    白い花を咲かせていました。
    撮影:県南 2016.05.19
    160519-003.jpg

    アブラギリ(油桐)トウダイグサ科アブラギリ属の常緑高木。
    160519-008.jpg 

    160519-007.jpg 

    160519-006b.jpg 

    160519-006.jpg 

    160519-005.jpg 

    160519-001.jpg 

    テイカズラ(定家葛) キョウチクトウ科 
    の花が車道沿いの木に巻きついて、真っ白に無数の花を咲かせていました。
    160519-020.jpg 

    此花の名前の由来は、とてもおくぶかい由来のようです。
    皇女式子内親王を慕う藤原定家が、親王が亡くなり、自らも亡くなった後も、
    慕うあまりに蔦葛になって親王の墓にまとわりつくようになり、
    その蔦葛を定家葛と呼ぶようになったとのことだそうです。

    160519-022.jpg 

    160519-021.jpg 

    160519-019.jpg 

    [ 2016/05/27 10:00 ] ④木の花 | TB(-) | CM(-)

    コクワガタⅡ

    5月15日のブログ「コクワガタ」の続きです。
    花が咲いてから、およそ10日ほどが経過しましたので
    名前の由来『実が兜の鍬形に似ることから』を確認するべく、群生場所に向かう。
    群生場所に到着すると、いい感じのコクワガタ(小鍬形)の
    薄緑の果実が付いていました。
    撮影日:5月24日(火)
    コクワガタ-10

    訪れた場所より少し高度の高い場所で撮影した、コクワガタ(小鍬形)の花です。
    コクワガタ-02 

    コクワガタ-03 

    花冠は淡紅紫色(淡ピンク色)、4深裂し、紅紫色の条線がある。
    雄しべ2個。雌しべ1個。
    コクワガタ-04
     
    萼は4裂し、萼片は狭倒披針形、やや先が尖り、果時にも残る。
    コクワガタ-05 

    コクワガタ(小鍬形)の蒴果(さくか)は扁平、2室、三角状扇形、先が少し凹み、
    基部はほぼ直線(切形)縁毛があり、熟すと先が2裂する。
    この姿が兜に似ているようです。
    コクワガタ-20 

    コクワガタ-12b  

    奥の花茎に果実、手前の花茎に花が。
    コクワガタ-11  

    果実の姿の色々です。
    コクワガタ-09  

    コクワガタ-08 

    コクワガタ-07 

    コクワガタ-18 

    コクワガタ-19  

    コクワガタ-17 
    何時誰が命名したのでしょうか、花の名前の由来は、面白いです。

    [ 2016/05/26 10:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    サイハイラン

    サイハイラン(采配蘭)ラン科サイハイラン属
    花茎高さ:30~50㌢、多年草。
    *花期:5~6月 *分布:北、本、四、九、

    今季も此の場所のサイハイランが綺麗に咲き揃いました。
    撮影:2016.05.21
    160522-001.jpg

     160521-058.jpg 

    160521-015.jpg 

    160521-029.jpg 

    160521-063.jpg 

    160521-001.jpg 

    160521-017.jpg 

    上の画像とは少し離れた場所の、サイハイランの花です。背萼片・側萼片が
    薄いピンク色をしているようです。
    160521-206.jpg 


    160521-207.jpg 

    160521-219.jpg 

    160521-216.jpg 

    160521-215.jpg 

    160521-214.jpg 

    160521-213.jpg 
    [ 2016/05/24 10:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    オオバウマノスズクサ(Ⅰ)

    オオバウマノスズクサ(大葉馬の鈴草)ウマノスズクサ科ウマノスズクサ属。
    つる性多年草
    *花期:5~6月 *分布:本(関東以西)、四、九、

    サキソホンのような独特の形の花
    撮影:2016.05.20
      160517-125.jpg

     丸く小さい葉 、細長い葉。
    160517-020.jpg 

    160517-112.jpg 

    160517-109.jpg 

    つるの先端の高さはおよそ3メートを超えています。
    0522-108.jpg 

    木の枝に左手親指方向巻き(Z巻き)にからんでいます。
    0522-093.jpg 

    高い場所(およそ3メートル)に咲いている花。
    0522-112.jpg  

    0522-095.jpg 

    茎はつる状で木質化し、他のものに絡み、長さ2~4mになる。
    0522-096.jpg 

    つるの下から見上げると、花が沢山ぶらさがっています。
    0522-072.jpg 

    0522-077.jpg 
     
    0522-038.jpg 

    3個の萼(花被)が開きかけている花。
    0521-110.jpg 

    0521-107.jpg 

    花は雌性先熟で,糞や腐肉に似た匂いで小型のハエをおびき寄せ花筒の奥の球形の部屋へと誘導し、
    部屋には柱頭があり、ハエは後戻りができずに、そこに閉じ込められ、その後雄しべが花粉を出すと
    部屋から脱出できるようになり、花粉をつけたハエは花から出ていくそうです。(引用)
    0521-132.jpg 

    0522-034.jpg 

    3個の萼(花被)の下が咲きに開くようです・・・?
    0522-029.jpg 

    0522-019.jpg 

    雑木の枝に左手親指方向巻き(Z巻き)ついている。
    0522-106.jpg
     
    根元付近の、つるの幹は灰褐色のまだら模様です、およそ10~15ミリ近い径。
    0522-098.jpg 

    地面から立ち上がっている、ツルは2~3本が左手親指方向巻です。
    0522-104.jpg 

    葉っぱの形が少し違う、ウマノスズクサのツルがありました。
    どうらな、ホソバウマノスズクサのようです・・・?
    花はかわらないようです。
    160521-125.jpg 

    7月頃に楕円形の(馬の首にかける鈴)のような果実をつけるようです。
    (大葉馬の鈴草)の果実(画像引用)
    スズクサの果実
    [ 2016/05/23 12:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    大川原高原

    大川原高原の五月の花も終盤となり、六月初旬の花が咲き始める頃となる。
    今日も真夏日となりそうな天気予報です。
    上勝町から大川原高原へ向かう、
    藤川谷沿の、ユキノシタ(雪の下)の花が満開です。
    撮影:上勝町 2016.05.22
    160521-237.jpg

     160521-235.jpg 

    別各第03番(慈眼寺)付近に咲いています、
    ヒメコウゾク(姫楮)クワ科コウゾ属の花、透かされた緑の葉っぱの中に花が。
    160522-013.jpg 

     今季初めての花、イナモリソウ (稲森草)。
    160522-119.jpg 

    160522-118_b.jpg  

    ミズタビラコ(水田平子)
    160522-133.jpg 

    160522-132.jpg 

    ツボスミレが車道脇に・・・?
    160522-135.jpg 

    阿波中央スカイラインの車道沿いに、ウツギの花が咲きはじめています。
    赤い花の、 ヤブウツギ(藪空木)
    160522-155.jpg 

    160522-154.jpg 

    160522-153.jpg 

    160522-145.jpg 

    160522-143.jpg 

    薄き色の花の、キバナウツギ(黄花空木)
    コツクバネウツギ(小衝羽根空木)スイカズラ科ツクバネウツギ属 ・・・?
    160522-142.jpg 

    160522-141.jpg 

    160522-139.jpg 

    160522-137.jpg 

    白い小さな花の、 ガクウツギ(額空木)
    160522-150.jpg 

    丸葉空木(マルバウツギ)
    160522-152.jpg 

    160522-151.jpg 

    テリハノイバラ(照葉野茨)の花
    ノイバラ(野茨・野薔薇) ・・・?
    160521-134.jpg 

    160522-149.jpg 

    赤色の濃い、ベニドウダンツツジ。
    160521-150.jpg 

    160521-171.jpg 

    少し色が薄くピンク色に見える 、ベニドウダンツツジ。
    160521-173.jpg 

    160521-176.jpg 

    [ 2016/05/22 09:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    ウスギムヨウラン(再訪)

    ウスギムヨウラン(薄黄無葉蘭)ラン科ムヨウラン属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類 環境省:準絶滅危惧
    茎高さ5~25㎝、腐生植物。
    *花期:5~6月 *分布:本(静岡県以西)、四、九、

    群生場所を再び訪れてみました。
    新しい花はほとんど見つけられず、前回撮影した花の咲き残りが少しありました。
    撮影:2016.05.19
    160519-023.jpg

    160519-024.jpg 

    160519-029.jpg 

    160519-031.jpg  
    木の根元に一株だけ綺麗な状態の花がありました。
    160519-032.jpg 

    160519-027.jpg 

    160519-030.jpg 

    160519-028.jpg 

    160519-026.jpg 

    昨年の種子を飛ばした後の実でしょうか・・・?
      黒くて艶があり、まるで漆塗りの様です。
    160519-034.jpg 

    160519-033.jpg 
    昨年に比べて花数がとても少ないように思います。
    此の場所のウスギムヨウランの花は、今季は終盤のように思います。
    [ 2016/05/21 10:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)

    シロバナオウギカズラ

    シロバナオウギカズラ(白花扇葛)シソ科 キランソウ属
    オウギカズラの白花種でしょうか・・・?
    オウギカズラの白花が群生で咲いていました。
    撮影:5月17日(火)
    160517-084.jpg

    [ 2016/05/20 00:00 ] ③春の花 | TB(-) | CM(-)