ユキワリイチゲⅠ

    2016年1月13日(水)晴
    今年になって初めての花探索に出かける。
    今季の花暦は、早まっていると沢山のブログに掲載されています。
    昨年のユキワリイチゲの群生場所③に立ち寄る。
    1601-13-06.jpg
    2016/01/13 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    キシツツジ (岸躑躅)

    キシツツジ(岸躑躅)ツツジ科 ツツジ属
    樹高は0.5~ 1.0m、小河川から渓流の岩上、半落葉の低木。
    *花期:4~5月 *分布:本、四、九

    季節外れの、キシツツジ (岸躑躅)が沢山咲いています。
    場所によっては岩ツツジと呼ばれるようです。
    撮影:2016.01.14
    1601-14-45.jpg
    2016/01/14 ■ 樹木の花 | TB(-) | CM(-)

    フクジュソウ(福寿草)

    2016年1月16日(土)晴
    来週の火曜日(19日)・水曜日(20日)には寒波到来で、雪が降りそうな週間予報です。
    今日は天気が良さそうです、西三子山のユキワリイチゲの様子と、
    四国八十八ヶ所霊場第21番札所「太龍寺」の奥の院
    『黒滝寺』の境内に咲く福寿草の下見に出かける。
    フクジュソウ(福寿草)キンポウゲ科の多年草。
    1601-16-38.jpg
    2016/01/16 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    雪景色(大川原高原)

    「大川原高原」雪景色・・・

    今季初の雪景色を求めて大川原高原へ向かう。
    大川原高原の一軒茶屋前駐車場に到着、
    撮影:2016.01.20
    1601-20-002.jpg 

    1台分の轍はあるが先行車の姿はありません、上の風車へ轍が向かっているので
    風車の点検車両のようです。
    早く春になって、茶屋の前で花友との再会が待たれます。
    1601-20-003.jpg 

    徳島の市街が綺麗に見えています。
    1601-20-001.jpg 

    登山靴に履き替えスパッツを装着しようとするが、手がかじかんで装着にてまどう。
    駐車場は佐那河内から吹き上げる北風の強風で、とても寒いです。
    やっと準備をおえて、家内と二人で旭ヶ丸へ向かう。
    1601-20-004.jpg 

    1601-20-005.jpg 

    遊歩道へ入ります。
    1601-20-007.jpg 

    遊歩道に入ると強風が嘘のように急に静寂の世界が広がる。
    1601-20-008.jpg 

    踏み跡のないトラバース道
    1601-20-010.jpg 

    ドウダンツツジの遊歩道から、お文の墓へのトラバースへ入る。
    1601-20-013.jpg 

    1601-20-009.jpg 

    トラバース道の木々の雪トンネルは、静寂そのものです。
    1601-20-015.jpg 

    1601-20-016.jpg 

    1601-20-017.jpg 

    1601-20-018.jpg 

    1601-20-021.jpg 

    青空が出てきました。
    1601-20-023.jpg 

    1601-20-025.jpg 

    1601-20-024.jpg 

    1601-20-026.jpg 

    1601-20-029.jpg 

    開けた場所から風車を見上げています。
    1601-20-030.jpg 

    1601-20-043.jpg 

    1601-20-031.jpg 

    日差しが雪道を輝かせています。
    1601-20-033.jpg 

    1601-20-038.jpg 

    展望所の方向へ分枝する。
    1601-20-040.jpg 

    1601-20-049.jpg 

    1601-20-050.jpg 

    ドウダンツツジの遊歩道、踏み跡はありません。
    1601-20-051.jpg 

    展望所の手前、足元の積雪が少し深くなる。
    1601-20-052.jpg 

    展望所から東の方向・・・
    1601-20-055.jpg 

    展望所から西の方向・・・
    1601-20-056.jpg 

    アワノミツバツツジのトンネルの尾根道を旭ヶ丸へ向かう。
    誰の踏み跡もない尾根道を進む・・・
    1601-20-060.jpg 

    1601-20-058.jpg 

    1601-20-061.jpg 

    1601-20-071.jpg 

    1601-20-067.jpg 

    1601-20-073.jpg 

    旭ヶ丸
    1601-20-077.jpg 

    1601-20-079.jpg 

    1601-20-080.jpg 

    1601-20-085.jpg 

    アセビの花芽
    1601-20-086.jpg 

    73番鉄塔の下から、西の方向に雲早山が・・・
    1601-20-089.jpg 
    廃止林道へ下ってきました、74番鉄塔の手前の廃止林道の終点の広場・・・
    今日は先行者の踏み跡はありません。
    1601-20-092.jpg 

    1601-20-094.jpg 

    1601-20-093.jpg 

    1601-20-095.jpg 

    誰の踏み跡のない新雪を踏みしめながら進む。
    1601-20-095.jpg 

    1601-20-097.jpg 

    1601-20-101.jpg  
    一軒茶屋前駐車場に帰ってきました。
    12時20分
    車が3台ほど増えていますが、人影はありません。
    身支度をして、佐那河内の方向へ下る。
    1601-20-106.jpg 

    ネイチャーセンター前の車道は、15cmほどの積雪が残っています。
    1601-20-107.jpg 
    2016/01/20 ■ 風景 | TB(-) | CM(-)

    モモイロカンアオイ

    モモイロカンアオイ(桃色寒葵)ウマノスズクサ科
    徳島県:絶滅危惧IA類
    *花期:12~3月 *分布:四国(徳島県)、

    寒波も去り今日は暖かい1日との予報です、久しぶりに
    徳島県南部へ花探索に出かける。
    撮影:2016.01.27
    1601-27-06.jpg
    2016/01/27 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    サツマイナモリ

    サツマイナモリ(薩摩稲森)アカネ科サツマイナモリ属
    高さ10~25㎝、林内に生える多年草。
    花期:12~5月 *分布:本(関東南部以西)、四、九、沖、

    昨年の12月4日に訪れた時は、花の見頃でした。
    咲き残っているサツマイナモリの群生です。
    撮影:2016.01.27
    1601-27-59.jpg 

    1601-27-55.jpg 
    2016/01/28 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    オガタマノキ

    オガタマノキ(小賀玉木)モクレン科の常緑樹。
    樹高は10~ 15m、ミカドアゲハの食樹。
    *花期:2~4月 *分布:本(関東中南部以西)、四、九、

    南阿波サンラインの、オガタマノキの花が開花していました。
    撮影:2016.01.27
    1601-27-71.jpg 
    2016/01/28 ■ 樹木の花 | TB(-) | CM(-)