オガタマノキの花

    2014年2月16日(日)晴

    今年もそろそろ、日和佐の明丸海岸の「オガタマノキ」の花が開花するのではと
    日和佐阿波サンラインへ出かける。

    道の駅「日和佐」に到着、日曜日なので大勢のお客さんです。
    11時30分
    14-02-16-015_a.jpg 
    足湯も家族連れでにぎあっています、一度に約20人が利用できます。
    14-02-16-016_a.jpg 
    物産館の前の庭木・花の展示
    14-02-16-021_a.jpg 14-02-16-022_a.jpg 

    14-02-16-014_a.jpg 14-02-16-013_a.jpg 

    外ノ牟井浜に到着
    14-02-16-024_a.jpg 
    外ノ牟井浜の海蝕洞から覗く 千羽ヶ岳
    14-02-16-026_a.jpg 14-02-16-031_a.jpg 

    14-02-16-033_a.jpg 
      
    14-02-16-038_a.jpg 
    シャリンバイ(車輪梅)
    枝は車輪状にでる花期は5月。
    14-02-16-047_a.jpg 14-02-16-051_a.jpg 
    「モチツツジ」が外ノ牟井の浜の車道の山手岸に咲いています。
    14-02-16-135_a.jpg 14-02-16-138_a.jpg 

    日和佐の明丸海岸の入口の「オガタマノキ」見事に開花しています。
    14-02-16-063_a.jpg 14-02-16-073_a.jpg 
    この木の葉を、珍蝶ミカドアゲハの幼虫が食べるそうです
    成虫は、よく目にするあのアゲハチョウに似ているそうで、オガタマノキの周りを
      回る蝶がいたら、それはミカドアゲハかもしれません。
    14-02-16-085_a.jpg 14-02-16-086_a.jpg 
    明丸海岸の車道脇に、ニホンジカのオスの姿が、急ぎカメラを持って車から降りると
    シカは右手のウバメガシ林の中へ、暫くズームして観察する。
    オスシカのようです、りっぱな角と、お尻の白い毛を逆立ててい ます。
    14-02-16-103_b.jpg 
    車道脇の崖岸のアゼトウナとシオギク
    14-02-16-108_a.jpg 14-02-16-109_a.jpg 
    サンライン本線に戻り、モラコス方向に向かう
    車道の山手のコンクリーの吹付の隙間に咲いていた
    ソナレノギク(磯馴野菊)が咲き残っていました
    14-02-16-117_a.jpg 14-02-16-115_a.jpg 
    オカタツナミソウ(丘立浪草)
    タツナミソウでは、花穂が立っていて、花が垂直方向に縦長に並ぶのが特徴です。
    オカタツナミソウでは、花は茎頂に並ぶようにつき、タツナミソウのように縦長にはなりません(引用)
    14-02-16-128_a.jpg14-02-16-125_a.jpg
    海は少し霞んでいます、春の陽気を感じさせる雰囲気です。
    14-02-16-130_a.jpg 
    海岸沿いの梅の花が満開です。
    14-02-16-133_a.jpg 14-02-16-132_a.jpg 
    南阿波サンラインは、寒波で冷え込んでいる日本列島とは別世界のような
    暖かい春を感じさせる陽気でした。

    1ケ月ぶりに歩いてみて、かなり足は良くなった感じですが・・・
    坂道で踏ん張ると、左足の親指の関節が痛みます。
    山に登るのはいま暫くかかりそうです
    4月のスパー林道の開通までには
    なんとかなりそうです。








     




    [ 2014/02/16 00:00 ] ④木の花 ●その他 | TB(-) | CM(-)