岩脇公園

    2013年10月4日(金)晴
    虚空蔵菩薩札所 妙見山 取星寺奥に岩脇公園があります。
    新四国二十番に並ぶ石仏様
    がんこ親父
    IMG_4862.jpg

    2013/10/04 ■ 史跡 | TB(-) | CM(-)

    那賀川野菊

    2013年10月10日(木)晴

    那賀川野菊と和食野菊(ナカガワノギクとワジキノギク)の下見に出かける。
    今年の夏に山の草花に興味を抱いてから、始めた山谷草の探索です
    それまでは自宅に咲いている花でさえ、気付かない日々でした。
    那賀川の流域に住みながら、固有種の那賀川野菊を見たこともありません。

    花の開花には時期が早いのですが、那賀川の流域の岩場を
    出来る限りの範囲で降りて観察してみようと出発。

    水井橋の北岸に着くと地面いっぱいに白いアサガオが咲いています。
    IMG_5129.jpg 

    IMG_5125.jpg 

    アサガオを撮影していると、若い男性の歩き遍路さんが、スタスタと、声をお掛けするまもなく
    橋の中央まで進む
    急ぎ後ろ姿を撮影させていただきました。
    南無大師遍照金剛
    IMG_5127.jpg 

    橋のたもとの下側にはアキノゲンの黄色い花の群生
    IMG_5122.jpg 

    IMG_5131.jpg 

    両手に荷物を下げた男性の歩き遍路さんが、橋を渡っています
    失礼して後ろ姿を撮影(10:30分)丁度この時間帯は、朝一番に生名から
    20番札所鶴林寺への「鶴林寺道」を登り、鶴林寺から「太龍寺道」を大井まで下り
    水井橋を渡って、水井から若杉山遺跡経由、22番札所太龍寺への歩き遍路のルートにあります。

    水井橋を渡るお遍路さん。
    IMG_5133.jpg 

    水井橋から更に上流へ移動する
    田舎谷付近の車道から那賀川の岩場に下りる。

    岩場の川下に何か咲いています、近寄り撮影する
    エゴマ(荏胡麻)の白い花です
    IMG_5151.jpg 

    IMG_5152.jpg 

    タマスダレ(玉簾) も咲いています
    IMG_5143.jpg

    キツネノマゴの花です
    IMG_5149.jpg 

    岩場の岩の隙間に那賀川野菊が沢山あります、まだまだ小さいつぼみです
    あちらこちらと、岩場を移動しながら、野菊の葉っぱを観察する
    ナカガワノギクは沢山あるがワジキノギクを探すのは、なかなか難しいです。
    葉の切れ込みで見分けるのですが確定はできません
    ナカガワノギク
    葉の表面に灰白色の綿毛がある、葉の基部はくさび形、先は3中裂
    IMG_5154.jpg

    色々と探している中にワジキノギクではないかと思われるのがあります。
    ワジキノギクでしょうか?
    葉は羽状中裂とありますが、そのようにも見えます。
    IMG_5165.jpg  

    川べりとは言え今日は暑いです、時々川面の涼しい風が吹きます
    車道の帰り道で、どんぐりの実をみつけました。
    IMG_5168.jpg 

    IMG_5172.jpg 

    その後上流へ移動しながら何箇所か河原へ降りるが、いいポイントは、なかなかみつかりません。
    花の開花時期がくれば、車道からも見つけれそうなポイントはあります。

    太龍寺ロープウエイの駅「鷲の里」の駐車場の芝の中で咲いていました
    チチコグサ(父子草)
    ***ふんわりと 柔らかく 優しそうなのが 母(ハハコグサ)
    かたく 地味で 目立たないのが 父(チチコグサ)***引用
    IMG_5186.jpg 

    ブタナ(豚菜)
    別名を(タンポポモドキ)というそうです。
    IMG_5191.jpg 

    IMG_5187.jpg IMG_5188.jpg 

    わじきラインに到着(12:20)さっそく岩場へと移動する。

    9月30日に訪れてから10日が経過の那賀川野菊、少しつぼみが
    ふくらんだように見えます。

    岩場を流域の川面まで降りる、川の流れの反対面の岩に、ツリガネニンジンの群生・・・
    ツリガネニンジンは山野のススキ草原や溜池の堰堤などに生育する多年草
    と思いこんでいましたので、渓流の岩場に咲いているのは不思議だな?
    とは感じながら、ブログを書いていました、ワジキノギクをHPで調べていると
    あるHPに、ナガバシャジン(長葉沙参)と記載されているのを見つけて調べると
    ***ナガバシャジン(長葉沙参)はキキョウ科 ツリガネニンジン属で
    草丈30~60cmの多年草、ツリガネニンジンの変異のひとつで
    葉が細い線形となる渓流型の植物 
    分布・生育地:四国 渓流沿いの岩場や礫地***

    IMG_5211.jpg 


    釣鐘のつりなりでしょうか(笑)のジョークになりそうな風景です。
    IMG_5232.jpg 

    IMG_5235.jpg 

    IMG_5239.jpg 

    川面から吹く爽やかな風に今にも鐘が鳴り響きそうな
    そんな気持ちにさせる、ナガバシャジン(長葉沙参)の一輪です。
    IMG_5243.jpg 

    IMG_5249.jpg 

    水面すれすれの場所にも、たくさん咲いています
    IMG_5230.jpg 

    IMG_5236.jpg 

    次々と場所を変えても現れる、ナガバシャジン(長葉沙参)の花に時を忘れて撮影しました。
    那賀川の渓流を背景に吊り鐘(ナガバシャジン)の動画です。




    岩の隙間に咲いている、アオヤギバナ
    IMG_5253.jpg

    IMG_5213.jpg

    トサシモツケ(土佐下野)
    日本の固有種で、四国の徳島県と高知県に分布する
    細長い倒披針形の葉が互生し
    枝先に散房花序をだし小花をたくさん咲かす
    IMG_5223.jpg

    IMG_5225.jpg

    対岸の岩にも沢山の、ナガバシャジン(長葉沙参)が咲いています。
    IMG_5259.jpg

    わじきラインの北岸から南岸へ移動する、あまり走行のない狭い車道を下流へ下りながら
    河原の岩場に 降りられそうな場所を探す。

    やっと車を駐車できそうな場所をみつける、車を駐車してヤブをかき分けて降りる。
    岩場を上流へと移動する、ナガバシャジン(長葉沙参)はいたるところに咲いています。
    南岸は流れが直接岩場に当たり、増水時には激しい水流にさらされるせいなのか
    那賀川野菊は、まったくみあたりません、かろうじて水流のよどむ岩場に数株見つけました。

    激しい那賀川の水流がぶつかる岩場の上に立つ
    心地よい風が吹いてきて、今日の暑さにはありがたいです。

    岩場の上からの那賀川の流れです。
    IMG_5260.jpg 

    岩場にぶつかって、渦をまいています。
    IMG_5261.jpg 

    今の時期は訪れるたびに、変化の激しい季節の時期なのだと、感じさせてくれる
    楽しくていい季節なのだと知りました。
    2013/10/10 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ヒロハフウリンホオズキ

    ヒロハフウリンホオズキ(広葉風鈴酸漿)ナス科ホオズキ属
    高さ80㎝、暖地では畑の雑草となる1年草。
    *花期:7~10月*分布:ほぼ全国

    我が家の近くの河原の雑草に混じって咲いていました。
    風鈴のようにかわいい花、小さいほおずきの実ですが、
    かなり厄介な雑草のようです。
    撮影:2013.10.09
    ヒロハフウリンホオズキ-1310-01
    2013/10/10 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ナガバシャジン

    ナガバシャジン(長葉沙参)キキョウ科ツリガネニンジン属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類 
    高さ:30~50㎝、四の渓流ぞいの岩場に生える。 
    葉の長さは3~5㎝。幅3~8㍉。
    *花期:7~10月 *分布:四(徳島県)、

    此花の咲く少し前には、毎年台風による増水があります。
    今日は幸いに、那賀川は平常水位のようです。
    撮影:2013.10.10
    ナガバシャジン-1310-05
    2013/10/11 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ヒメジソ

    ヒメジソ(姫紫蘇)シソ科イヌコウジュ属
    高さ:20~60cm、山野の道ばた生える1年草。 
    *花期:9~10月 *分布:の本全土

    河川の近くの空き地に、咲いていました。
    撮影:2013.10.10
    イヌコウジュ-1310-01
    2013/10/11 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    アサマリンドウ

     アサマリンドウ (朝熊竜胆)リンドウ科リンドウ属
    高さ:10~25㌢、多年草。 
    *花期:8~10月 *分布:本(近畿以西)、四、九

    今季も、山頂西斜面の、ピンク色の、
    アサマリンドウが綺麗に咲きはじめています。
    撮影:2013.10.12
    asamarinndo-1310-01.jpg
    2013/10/13 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ウチワダイモンジソウ

    ウチワダイモンジソウ(団扇大文字草)ユキノシタ科 ユキノシタ属
    草丈10~30㎝、渓流沿いの岩場に生える多年草。
    *花期:9~10月 *分布:本、四、九、

    何時も訪れる、坂州木頭川沿いの岩場のダイモンジソウ、
    今季も群生で綺麗な花を咲かせています。
    撮影:2013.10.17
    ダイモンジソウ-1310-04
    2013/10/18 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    那賀川野菊

    2013年10月19日(土)

    那賀川野菊(ナカガワノギク)の開花の下見に出かける。
    田舎谷付近の那賀川の岩場の那賀川野菊も蕾が膨らんでいます。
    13-10-19-010.jpg

    13-10-19-007.jpg 

    道の駅鷲の里の「ナカまつり」の催しに立ち寄る。
    13-10-19-024.jpg

    13-10-19-021.jpg

    四季美谷温泉の支配人(地下足袋王子)と出会う、彼は
    つるぎのめぐみワイルドウォークの実行委員会の会長だそうです
    13-10-19-015.jpg


    13-10-19-018.jpg 

    道の駅鷲の里をあとにして、わじきラインへ向かう。

    しゃしゃぶの赤い実が台風26号の風で落ちています。
    13-10-19-027.jpg 

    黄色い蕾をつけた、那賀川野菊を見つける
    13-10-19-034.jpg 

    あと2~3日で開花しそうな蕾です
    13-10-19-037.jpg 

    ナガバシャジンに、こぶのような実がついています。
    13-10-19-043.jpg 

    対岸の花を覗いていると、上流から目前に突然カヌーが現れる
    13-10-19-048.jpg 

    13-10-19-054.jpg 

    13-10-19-059.jpg 

    13-10-19-075.jpg 

    全部で8艇のカヌーでした、目の前で繰り広げられる素晴らしい技に
    暫く釘附けになりました・・・
    楽しかったです
    13-10-19-084.jpg 

    カヌーを見送り、花の探索にもどり岩場をウロウロと探す

    岩場の上には、アオヤギバの黄色い花が咲いています。
    13-10-19-072.jpg 

    ナガバシャジンも沢山咲き残っています。
    13-10-19-073.jpg

    赤い蕾の那賀川野菊を見つけました。
    13-10-19-068.jpg 

    13-10-19-070.jpg 

    ウメバチソウもこの付近に咲くとのブログの記事を見ましたので探しましたが
    見つけることはできませんでした
    この株は何の株でしょうか?
    13-10-19-113.jpg 


    後3日~4日で一番花の那賀川野菊を見ることが出来そうです。
    今日新たに深瀬町付近の那賀川の岩場にも那賀川野菊の株を見つけました
    持井橋からわじきラインまでが那賀川野菊の繁殖場所だそうです
    残念ながら、まだ私は深瀬町付近までしか確認できていません
    機会があれば、、持井橋まで探索もして見たいと思います。



    2013/10/19 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    中津峰山

    2013年10月21日(月)晴
    サラシラショウマは青い果実
    IMG_6082.jpg


    ナギナタコウジュが咲き残っています。
    IMG_6081.jpg
    ネイチャーセンター上のテイショソウはほぼ終わっていました
    センター前のドウダンツツジの紅葉
    IMG_6099.jpg 

    IMG_6105.jpg 

    ギンリョウソウモドキは果実になっています
    IMG_6103.jpg 

    中津峰山に移動、森林公園に駐車して山頂へ

    山頂への階段道に咲いている、シコクアザミ
    IMG_6109.jpg 

    アサマリンドウも、まだまだ沢山咲いています。
    IMG_6108.jpg 
    シコクママコナが1株咲き残っています。
    IMG_6165.jpg 

    山頂に到着(14:30) 誰もいません
    IMG_6117.jpg 

    阿南市の方向は霞んでいます
    IMG_6140.jpg 

    誰もいない、あずま屋
    IMG_6144.jpg 

    頂上のマユミの実が色付いています
    IMG_6142.jpg 

    山頂の横のアサマリンドウの群生、今まさに花盛りです
    IMG_6136.jpg 

    IMG_6138.jpg 

    IMG_6132.jpg 

    IMG_6126.jpg 

    ピンク色のアサマリンドウ
    IMG_6123.jpg 

    IMG_6125.jpg 

    白色のアサマリンドウ
    IMG_6128_a.jpg 

    IMG_6130.jpg  

    IMG_6129.jpg 

    中津峰山のアサマリンドウも今日で来期までお別れになりそうです。

    展望台へ向かう
    センブリが咲き始めています。
    IMG_6156.jpg 

    IMG_6153.jpg 

    キッコウハグマの咲いている花は見つかりませんでした・・・
    蕾を付けたキッコウハグマが沢山生えています。

    明日は天候が良ければ、南高城山の紅葉の下見、ウメバチソウの花や
    那賀川野菊の開花も見てみたいと、思っています。
      
    2013/10/21 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    高城山

    2013年10月22日(火)晴
    高城山の紅葉の下見に出かける。
    13-10-22-136.jpg
    2013/10/22 ■ 風景 | TB(-) | CM(-)

    高城山

    2013年10月27日(日)晴
    沢もみじまつりのイベント、ファガスの森「高城」のもち投げの
    おお手伝いをするために、高城へ向かう。
    朝6時30分に自宅を出発、那賀川野菊の様子をみるべく、わじきラインに立ち寄る。
    13-10-27-334.jpg

    2013/10/27 ■ 風景 | TB(-) | CM(-)

    ウメバチソウ

     ウメバチソウ(梅鉢草)ニシキギ科ウメバチソウ属
    草丈10~40㎝、山地の日当たり良い湿地生える多年草。
    *花期:8~10月 *分布:北、本、四、九、

    坂州木頭川の河川岩場に咲く花、今季も群生して咲いています。
    撮影:2013.10.27
    umebatiso-1310-01.jpg 

    2013/10/28 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)