剣山(キレンゲショウマ)

    2013年8月2日(金)雨後雲り
    剣山の夏の花「キレンゲショウマ」に会いに行く。
    昨年は8月3日(金)に訪れた、今日の天気予報は朝9時までは雲り
    9時~午後3時までは晴れ。少し天候には不安はあるが決行。
    川井隧道を抜けると大粒の雨、ガス濃く視界は悪い
    中尾山分枝 一字への迂回路(県道260) 7:00分撮影
    2013-08-02-000.jpg 
    2013/08/02 ■ 登山 | TB(-) | CM(-)

    キレンゲショウマ

    キレンゲショウマ(黄蓮華升麻)アジサイ科キレンゲショウマ属
    徳島県:絶滅危惧IA類 "環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ0.8~ 1.2m、山深の林内に生える多年草。
    *花期:7~8月 *分布:本(紀伊半島)、四、九、

    『天涯の花』月光のように澄み、清らかに輝いていた!
    キレンゲショウマの全国一の群落地、
    剣山の行場の北斜面の花、
    今日は、白いガスの中に、黄色の花が浮き上がる。
    撮影:2013.08.02
    キレンゲショウマ-1305-01 
    2013/08/02 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ナンゴククガイソウ

    ナンゴククガイソウ(南国九蓋草)ゴマノハグサ科クガイソウ属
    高さ80~ 130㎝、山地の日当たりの良い草地に生える多年草。
    *花期:7~8月 *分布:本(紀伊半島)、四、九、

    剣山の夏の花の一つです。
    「西島駅」から「刀掛の松」向かう遊歩道沿いに群生しています。
    撮影:2013.08.02
    ナンゴククガイソウ-1308-01 
    2013/08/03 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    イブキトラノオ

    イブキトラノオ(伊吹虎の尾)タデ科
    高さ0.5~ 1.2m、山地から高山に生える多年草。
    *花期:7~9月 *分布:北、本、四、九、

    この花も、剣山の夏の花で群生して咲くのですが、
    今日は単独で咲いている花、しか撮影できませんでした。
    撮影:2013.08.02
    イブキトラノオ-1308-02
    2013/08/03 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    オオナンバンギセル

    オオナンバンギセル(大南蛮煙管)ハマウツボ科ナンバンギセル属
    徳島県:絶滅危惧IB類
    高さ:20~30㎝、山地の草地に生える1年生の寄生植物。
    *花期:7~9月 *分布:本、四、九、

    今季も、高原の草むらの中に咲く花を確認する。
    撮影:2013.08.23
     13-08-23-114.jpg
    2013/08/24 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    剣山に秋の気配

     2013年8月27日(火)晴
    18日から急に爽やかになり、秋の中頃の気候です。
    剣山も紫色のシコクブシの花便り、
    今日は剣山に 秋の気配を求めて、向かうことにする。
    川井隧道をぬけると、ひんやりとした風
    川井峠展望所から剣山方向の風景(6:20分)
    13-08-27-059.jpg 
    2013/08/27 ■ 登山 | TB(-) | CM(-)

    トモエシオガマ

    トモエシオガマ(巴塩竈)ゴマノハグサ科シオガマギク属
    高さ:30~60㎝、高山帯の開けた草地に生える多年草。 
    *花期:8~9月 *分布:北、本、四、九、

    剣山の花
    一ノ森へ向かう途中の、お花畑の中に咲いていました。
    撮影:2013.08.27
    トモエシオガマ-1308-01
    2013/08/28 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    レイジンソウ

     レイジンソウ(伶人草)キンポウゲ科トリカブト属の多年草
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ:30~80㎝、多年草。 
    *花期:8~10月 *分布:四、九、

    剣山の花
    少し花の時季が過ぎていますが、綺麗な状態の花もありました。
    撮影:2013.08.27
    レイジンソ-1308-02 
    2013/08/28 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    ハガクレツリフネ

     ハガクレツリフネ(葉隠釣舟)ツリフネソウ科
    高さ:30~70㎝、1年草。 
    葉は菱状楕円形で脈上に白色の縮毛がある。
    *花期:7~10月 *分布:紀伊半島、四、九

    剣山の花
    西島駅までの、登山道沿いに咲いていました。
    撮影:2013.08.27
    ツリフネ-1308-09 


    2013/08/29 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    シコクブシ

    シコクブシ(四附子) キンポウゲ科 トリカブト
    高さ:80~150㎝、多年草。 
    全草有毒であるが、特に塊根に有毒物質が集まっている。
    *花期:8~10月 *分布:四

    剣山の花
    ちょうど良い花の開花時季に訪れたようです、
    薄紫、濃い紫、の状態の良い花が群生していました。
    撮影:2013.08.27
    シコクブシ-1308-03
    2013/08/29 ■ 山野草 | TB(-) | CM(-)

    剣山

    2013年8月7日(水)晴
    今日は香川の山友のご夫婦と、ご一緒に剣山の夏の花を探索する。
    香川のご夫婦は昨夜は「ラ・フォーレつるぎの山」に宿泊、見ノ越に8:30分待ち合わせ。
    自宅から見ノ越までおよそ3時間の走行時間、少々余裕を見て自宅を5時に出る。
    神山道の駅 (5:30分撮影)今朝は駐車場に車はなし。
    13-08-07-165.jpg

    土須峠へ(R193)の分枝の川又(5:40分撮影)
    13-08-07-166.jpg

    川又西の分枝R193(至-山川町)R438(至-剣山)
    13-08-07-169.jpg

    川井峠から西方向に見える剣山、今朝は雲の中(6:00分撮影)
    13-08-07-173.jpg

    川井峠からの下り道で、木屋平の麻衣の集落を撮影。
    13-08-07-175.jpg

    川井の分枝R492(至-穴吹)
    13-08-07-179.jpg

    13-08-07-180.jpg

    木屋平日々字付近の風景(6:14分撮影)
    13-08-07-181.jpg

    かや葺屋根を包んだ民家と茶畑
    13-08-07-182.jpg

    木屋平小学校の手前、剣山の方向に青空が見える。
    13-08-07-184.jpg

    木屋平寺内分枝(県260至-中尾山)6:20分撮影
    13-08-07-185.jpg

    中尾山へ向かう県道の風景。
    13-08-07-188.jpg

    13-08-07-189.jpg

    13-08-07-190.jpg

    13-08-07-191.jpg

    中尾山からの剣山迂回路(県260)の風景
    13-08-07-194.jpg

    つるぎ町一字の分枝(R438と県260)7:00分撮影
    13-08-07-196.jpg

    国道438に合流、剣山に向かう(渋野瀬)付近
    13-08-07-198.jpg

    ここから第一~第七ヘヤーピンまで7ケ所のヘヤーピンの始まり
    13-08-07-199.jpg

    13-08-07-201.jpg

    13-08-07-205.jpg

    第四ヘヤーピン
    13-08-07-208.jpg

    13-08-07-210.jpg

    第六ヘヤーピンに向かう道中、道路に射すこもれび。
    13-08-07-212.jpg

    13-08-07-213.jpg

    最後のヘヤーピン(第七)
    13-08-07-216.jpg

    剣山スキー場手前(7:30分撮影)
    13-08-07-219.jpg

    見ノ越駐車場手前から見る剣山、山頂は雲の中。
    13-08-07-221.jpg

    7:50分見ノ越駐車場に到着、2階駐車場剣山観光センター横に駐車、登山準備をする。
    平日にも関わらず車は多い、県外車がほとんどです。
    2階駐車場から下を見ていると、香川のご夫婦の、あいさんから声がかかる(8:10分)
    ご夫婦と合流、リフトにて西島へ向かう(8:20分撮影)
    13-08-07-224.jpg

    13-08-07-229.jpg

    今日のコース

    8:20西島駅8:35⇒大剱道コースの鳥居手前分枝⇒尾根道コース⇒
    刀掛の松9:05⇒(行場のキレンゲショウマの一方向通行の周回)両剱神社9:35⇒
    刀掛の松(10:45)⇒ 大剱神社へのトラバース道⇒大剱神社~(日本名水百選)御神水11:05⇒
    遊歩道コース⇒次郎笈峠11:50⇒12:40次郎笈山頂(昼食)13:30⇒
    丸石分枝方向へ下る13:50⇒ 次郎笈北面トラバース14:30⇒
    遊歩道コース⇒15:10西島駅15:30⇒西島神社を右に巻くコースで下山
    ⇒見ノ越駐車場16:40
    登山マップ

    GPSマップ剱山本宮マップ

    大剱道コースから尾根道コースへ向かう道横の「ツルギハナウド」
    13-08-07-000.jpg

    花の名前調べちゅう?  「クルマバナ」でしょうか?
    13-08-07-001_s.jpg


    ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い) :別名、トゲソバ(棘蕎麦)

    和名は、この草の棘(とげ)だらけの茎や葉から
    憎い継子(ままこ)の尻をこの草で拭くという想像から来ているそうです。
    韓国では「嫁の尻拭き草」と呼ばれるようです。

    いずれにせよ、見た目の花には、似つかわしくない名前のようです。
    13-08-07-006_s.jpg 
    タカネオトギリの赤い実
    13-08-07-002.jpg

    シコクフウロ
    13-08-07-008.jpg
    13-08-07-013.jpg

    鶴の舞の手前のネットで保護されたお花畑に
    シコクフウロ・ソバナ・マツカゼソウ ・ホソバシュロソウ
    13-08-07-025.jpg

    13-08-07-023.jpg

    紫色の「ソバナ」
    13-08-07-020.jpg

    おくさり場
    13-08-07-034.jpg

    おくさり場横の「キレンゲショウマ」わずかに食害を免れた株が花を附けています。
    13-08-07-036.jpg

    13-08-07-037.jpg

    おくさり場から両剱神社への下り沢沿いのキレンゲショウマ
    鹿の食害でほぼ壊滅状態です。
    13-08-07-042.jpg

    13-08-07-044.jpg

    13-08-07-048.jpg

    両剱神社付近の沢沿の岩の上に咲く「ヒメフウロ」
    13-08-07-052.jpg

    13-08-07-054.jpg

    オタカラコウ
    13-08-07-055.jpg

    古両剱神社付近の「ヒメフウロ」の群生
    13-08-07-058.jpg
    可憐な「ヒメフウロ」
    13-08-07-060_s.jpg

    岩の斜面に咲く白い「ソバナ」
    13-08-07-067.jpg

    テキサスゲート手前の「キレンゲショウマ」群生地に到着
    私たち3人以外にお客はいません。
    あいさん!大喜びで撮影に夢中です(10:14分撮影)
    13-08-07-082.jpg

    2日から5日目ですが、花は、ほぼ開花です。
    13-08-07-083.jpg
    13-08-07-085.jpg
    13-08-07-088.jpg

    13-08-07-097.jpg

    登山道上の斜面のキレンゲは8分咲きでしょうか?
    13-08-07-090.jpg

    花の落ちた後のがくとおしべが目立つ、そろそろキレンゲショウマも終盤でしょうか?
    今朝咲いている花も2~3日で散りそうです。
    13-08-07-091.jpg

    13-08-07-092.jpg

    13-08-07-094.jpg

    13-08-07-105.jpg

    13-08-07-110.jpg

    行場のキレンゲショウマ群生地を後にして、刀掛の松に引き返す。
    雲とガスに隠れていた次郎笈が青空に姿を現しています(10:47分撮影)
    13-08-07-120.jpg
    大剣神社(御塔石)を後にして日本名水百選(御神水)へ下る
    3人で御神水をいただく、冷たくておいしい!
    13-08-07-122.jpg
    遊歩道コースに合流、次郎笈峠に向かう途中の木々に小さな小鳥が
    枝のなかを見え隠れする、撮影を試みるが、素早い小鳥の動きに
    撮影は困難です、かろうじて枝の茂みの中央に写っていました
    クイズ番組に出てくる <どこに小鳥はいるでしょうか?>状態です。
    シジュウカラ(四十雀)「ツーピーツーピー」と鳴いています。

    13-08-07-127.jpg


    次郎笈への登り道に「コモノギク」が咲いていました。
    13-08-07-129.jpg

    13-08-07-133_s.jpg

    12:40分次郎笈山頂に到着、私の次郎笈昼食スポット、山頂から南へ少し下がった
    東斜面の平岩の上で目前に剣山から一の森・槍戸山の稜線
    眼下にはジロウギュウ谷への急斜面の クマササ

    6月8日の画像引用
    13-06-08-147.jpg
    ジロウギュウ谷から吹き上がる、ヒンヤリとした風まさに全山を冷房しているかのようです。
    心地よい風に吹かれながら、下山後の猛暑の現実など話し
    およそ50分ほどの長い昼食。

    下山前に次郎笈の山頂看板の前で剣山を背景に記念撮影(13:30分撮影)
    13-08-07-132_s.jpg

    帰りは丸石分枝方向への西尾根を下る、次郎笈北面のトラバースを次郎笈峠に
    途中の水場の水を3人交互にいただく、とても冷たくて、おいしい水です。

    北面トラバース道に咲くタカネオトギリ
    13-08-07-135_s.jpg

    次郎笈峠からの登り、遊歩道コースの分枝に到着14:30分、3人で剣山に登り返すか
    遊歩道コースで西島駅に向かうか相談する。
    剣山の登り返しはせずに、遊歩道コースで西島駅に向かうことに決定する。
    次郎笈を振り返り、振り返りながらゆっくりと歩く、15:15分、50分ほどかけて
    西島駅に到着する。10分ほど休憩の後、15:25西島神社を右に巻くコースで下山開始。


    祖谷川源流の谷付近に、三角の葉っぱに米粒ほどの白い花をつけた
    「ミヤマタニソバ」
    13-08-07-138.jpg

    ヒカゲミツバ
    13-08-07-144.jpg

    13-08-07-147.jpg

    ヤマブキショウマ
    13-08-07-149.jpg

    通常は50分ほどの下山を1時間15分かけて登山口の剱神社に到着する。
    見ノ越から丸笹山にかけて、どんよりとした薄黒い雲が立ち込める
    西方向の三嶺の上空は明るい(16:40分撮影)
    13-08-07-159.jpg


    16:50分駐車場に到着、お疲れさんでしたと挨拶。
    >秋の紅葉の時期に「三嶺」登山を、ご一緒しましょうと、ご夫婦のお声がかかる。
    <その時期が来れば、また相談いたしましょうと・・・答えお別れする。


    国道438号、一字の県道260木屋平への分枝の三叉路の手前に15:32分到着。
    三叉路に近ずくと、ご夫婦が車を左側に駐車してその横で手を振っています・・・
    私も車を停め、下車しお二人にちかよる。
    先に出発してわざわざ、木屋平の分枝地点で待っていて、くださったようです。
    13-08-07-230.jpg

    感無量です・・・
    再び秋に「三嶺」にご一緒しましょうと挨拶を交わし、お別れする。
    乗車し木屋平に向かって発進する、バックミラーこしに、お二人の深々と
    お辞儀されている姿に
    更に深い、深い感無量を覚えました。

    中山の分枝に17:50分到着。
    13-08-07-231.jpg

    川井峠に18:25分到着、峠から剣山方向を見る。
    剣山の上空が薄赤く染まっている
    なにか胸に、じーんと感ずる夕暮れの剣山です。
    13-08-07-164.jpg

    休憩なしで走行、自宅に到着17:30分およそ2時間30分走行距離105km
    思っていたより早く帰宅できました。

    今日は香川のご夫婦と一緒でとても楽しい登山でした
    疲れはさほどかんじません・・・

    >>> 今日出会った花 <<<

    クルマバナ              ママコノシリヌグイ             シコクフウロ
    クルマバナママコノシリヌグイシコクフウロ

    オタカラコウ                  ヒメフウロ                  キツリフネ
    オタカラコウヒメフウロキツリフネ 

    ソバナ紫                  ソバナ白                   ホソバシュロソウ
    ソバナ紫ソバナ白ホソバシュロソウ

    ツルギハナウド             キレンゲショウマ             キレンゲショウマ
    ツルギハナウドキレンゲショウマ2キレンゲショウマ3

    コモノギク                  タカネオトギリ                  キツリフネ
    コモノギクタカネオトギリキツリフネ

    ヒカゲミツバ                ヤマブキショウマ                ミヤマタニソバ
    ヒカゲミツバヤマブキショウマミヤマタニソバ
    2013/08/30 ■ 登山 | TB(-) | CM(-)