ミヤマウズラ

    ミヤマウズラ(深山鶉)ラン科シュスラン属
    高さ:10~15㌢の多年草。
    葉は長さ3~5㌢、ウズラの卵のような斑点がある、
    *花期:8~9月 *分布:北(中部)、本、四、九、

    何時なら大川原高原では、至る場所で綺麗なミヤマウズラの花を
    見ることが出来るのですが、
    今季は花の開花時季の遅れと、蕾から開花までの遅れで
    よい状態の花を見ることが出来ませんでした。
    撮影:2017.08.31
    2017008310-13.jpg
    [ 2017/08/31 18:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    オモダカ

    オモダカ(面高)オモダカ科オモダカ属
    花茎高さ:20~80㌢、水路、水田、生育する抽水~湿生植物。
    *花期:8~10月 *分布:日本全土。

    ヘラオモダカと同じ場所で見つけました。
    撮影:2017.08.30
    2017008300-37.jpg 
    [ 2017/08/31 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ヘラオモダカ

    ヘラオモダカ(箆面高)オモダカ科サジオモダカ属 
    花茎高さ:10~100㌢、湿地、水路、休耕田、生育する多年草
    葉柄は、長さ4~30㎝、幅0.5~4.5㎝
    *花期:7~10月 *分布:日本全土。

    此の花は初めての出会いのようです。
    オモダカの花は何度か撮影していますが、
    和名は、葉の形がへらに似ていることによるそうです。
    撮影:2017.08.30
    2017008300-45.jpg
    [ 2017/08/31 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    クロホシクサ

    クロホシクサ(黒星草)ホシクサ科
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧II類
    茎高さ:30~80㌢、湿地に生える多年生の、食虫植物。
    直径約5mmの黄色の花を数個つける。
    *花期:8~10月 *分布:本州、四国、九州、沖縄、

    此の場所では初めての出会いです。
    ミミカキクサの中に混じって沢山咲き始めていました。
    撮影:2017.08.30
    2017008300-40.jpg 
    [ 2017/08/31 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ミミカキグサ

    ミミカキグサ(耳掻き草)タヌキモ科に属する多年生の食虫植物
    徳島県:絶滅危惧IB類
    茎高さ:30~80㌢、湿地に生える多年生の、食虫植物。
    直径約5mmの黄色の花を数個つける。
    *花期:8~10月 *分布:本州、四国、九州、沖縄、

    この小さい花、地下茎および時には地上葉にも捕虫嚢をつけ、
    ミジンコなどのプランクトンを捕食する食虫植物だそうです。
    撮影:2017.08.30
    2017008300-21.jpg 
    [ 2017/08/31 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    タコノアシ

    タコノアシ(蛸の足)ユキノシタ科 タコノアシ属
    徳島県:絶滅危惧Ⅱ類 環境省:準絶滅危惧
    花茎高さ:30~80㌢、湿地、沼、休耕田に生える多年草。
    *花期:8~9月 *分布:本、四、九、

    県内の生育地は限られていて、
    湿地の遷移の進行や河川の工事などで減少しているようです。
    撮影:2017.08.30
    2017008300-08.jpg
    [ 2017/08/31 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    チャボツメレンゲ

    チャボツメレンゲ(矮鶏爪蓮華)ベンケイソウ科チャボツメレンゲ属
    徳島県:絶滅危惧IB類 環境省:絶滅危惧Ⅱ類
    高さ3~7㌢、山地の岩の上に生える多年草。
    *花期:7~9月 *分布:本(紀伊半島)、四、九、

    カラカラに乾燥した岩肌に懸命に張り付き、
    白い小さな蕾をつけています。
    本格的に咲き始めるのは、もう少し先のようですが?
    県内の生育地は限られていて、採取などにより減少しているようです。
    撮影:2017.08.24
    2017008240-39.jpg
    [ 2017/08/31 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(0)

    サンヨウブシ

    サンヨウブシ(山陽附子) キンポウゲ科 トリカブト属
    徳島県:準絶滅危惧
    *花期:7~11月 *分布:本(関東地方以西)、四、

    去年は8月17日に、一番花を観察しました、
    今季は1週間遅れで一番花を観察できました。
    山地に生育しているが生育地は限られ、個体数も多くない。
    撮影:2017.08.24
     2017008240-22.jpg
    [ 2017/08/30 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    マネキグサ②

    マネキグサ(招草)シソ科 オドリコソウ属
    徳島県:絶滅危惧IB類 環境省:準絶滅危惧
    全開訪れて10日ほどが経過したので、再度訪れる。
    綺麗に花が咲き揃っています。
    撮影:2017.08.18
    2017008180-01.jpg
    [ 2017/08/29 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    シギンカラマツ

    シギンカラマツ(紫銀唐松)キンポウゲ科カラマツソウ属
    去年と同じ場所に群生して咲いていました。
    撮影:2017.08.24
    2017008240-56.jpg 
    [ 2017/08/28 08:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ナガバノコウヤボウキ

    ナガバノコウヤボウキ(長葉の高野箒)キク科コウヤボウキ属
    此花も去年と同じ場所で、群生して咲いていました。
    撮影:2017.08.24
    2017008240-68.jpg
    [ 2017/08/28 07:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    チャボホトトギス

    チャボホトトギス(矮鶏杜鵑草)ユリ科ホトトギス属
     此花も、大川原高原の、秋の気配を感じさせる花のひとつです。
    外花被の基部には袋状になった3つの距があります。花は一日花です。
    撮影:2017.08.24
    2017008240-51.jpg
    [ 2017/08/28 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    クルマバナ

    クルマバナ(車花)シソ科トウバナ属
     去年は車道沿いに群生して咲いていましたが、
    今季は花数が少ないようです。
    撮影:2017.08.25
    2017008240-65.jpg 
    [ 2017/08/27 09:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ヒオウギ

    ヒオウギ(檜扇)アヤメ科アヤメ属
     旬を過ぎた花ですが、大川原高原への昇りの車道山手に
    鮮やかな朱色がひときわ目に付き車を停めて撮影する。
    撮影:2017.08.24
    hiougi1708-05.jpg 
    [ 2017/08/27 08:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    シコクママコナ

    シコクママコナ(四国飯子菜)ゴマノハグサ科ママコナ属
    晩夏の大川原高原、秋の気配を感じる爽やかな風が吹く。
    此花の群生を見ると、更に季節の移り変わりを感じる。
    撮影:2017.08.24
    mamakona1708-01.jpg
    [ 2017/08/27 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)