ナツエビネ

    杉の植林内で、数株のナツエビネを見つける。
    まだ蕾の株がほとんどですが、1株ピンク色の花を咲かせていました。
    あと少しで咲きそうなナツエビネ。
    ナツエビネ((夏海老根)ラン科 エビネ属
    徳島県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅰ類
    撮影:2016.07.27
    160727-001.jpg 
    [ 2016/07/30 07:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    アオフタバラン

    常緑広葉樹や杉林の林床に生育する多年草
    花期:7 - 8月
    杉の植林内に咲いていました。
    アオフタバラン(青二葉蘭)ラン科 フタバラン属
    徳島県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅰ類
    撮影:2016.07.27
    160727-011.jpg
     
    [ 2016/07/30 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    スズカケソウ

    スズカケソウ(鈴懸草)  ゴマノハグサ科 クガイソウ属 
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧IA類
    茎は斜上して長さ1~1.5m、山地の林内に生える多年草。
    *花期:7~8月 *分布:本(岐阜県)、四国(徳島県)

    「いずりは農村レストラン」植栽
    葉はビロード状。葉のつけ根に小さな花がいくつも集まって咲いています。
    撮影:2016.07.27
    160727-059.jpg
    [ 2016/07/29 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ヒナノシャクジョウ

    小雨の中、傘をさしての撮影、
    うす暗くて撮影しにくいですが、なんとか数株のシャクジョウソウを撮影。
    ヒナノシャクジョウ(雛の錫杖)ヒナノシャクジョウ科
    徳島県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅰ類
    撮影:2016.07.27
    160727-098.jpg
     
    [ 2016/07/29 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    レンゲショウマ

    レンゲショウマ(蓮華升麻)キンポウゲ科、レンゲショウマ属
    徳島県:絶滅危惧IA類
    高さ0.5~ 1.0m、山深の林内に生える多年草。
    *花期:7~8月 *本(東北地方南部~近畿地方)の太平洋岸。

    「いずりは農村レストラン」植栽
    レンゲショウマの花も、なんとも清清しい花です。
    撮影:2016.07.27
    160727-049.jpg 
    [ 2016/07/28 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    アゼオトギリ

    アゼオトギリ(畦弟切)オトギリソウ科 オトギリソウ属
    徳島県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅰ類

    アゼオトギリは田の畦あぜなどの日当たりの良い湿った場所に
    生えているオトギリソウ科の多年草です。
    サワオトリギリやナガサキオトギリによく似ていて、
    葉の周辺に黒点がたくさん付きます。
    本州の関東以西、四国、九州に分布し全国的に減少しており、引用
    撮影::2016.07.26
    160726-009.jpg
    [ 2016/07/28 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    カワミドリ

    カワミドリ(河碧・川緑)シソ科カワミドリ属
    徳島県:絶滅危惧IB類

    山地の草原に生える多年草。
    茎は四角で高さは1mほどあります、上部で枝分かれしていて、
    枝先きの長さ5~15cmの花穂に、紫色の唇形花を多数密集してつける。
    花期は、8~10月、どうやら訪れるのが今季は
    遅かったようです、花は終盤の様子です。
    撮影:2016.07.25
    160725-09.jpg 
    [ 2016/07/27 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ネコノシタ

    ネコノシタ(猫の舌)キク科、別名:ハマグルマの花
    徳島県:絶滅危惧IB類
    群生場所は以外と近場の海岸でした、
    群生場所に到着して海岸の砂浜を暫く歩きながら探索すると、
    意外と簡単に花を見つけられました。
    撮影:2016.07.24
    160724-012.jpg
    [ 2016/07/26 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ミヤマナミキ&ヒナノウスツボ

    少し花の開花には
    早いのではと思いながら、林道の奥へと向かう。
    群生場所に到着すると、花数は少ないですが、ミヤマナミキの
    小さな花が咲いていました。
    ミヤマナミキ(深山浪来) シソ科 タツナミソウ属
    徳島県:絶滅危惧IA類

    撮影:2016.07.22
    160722-129.jpg
    [ 2016/07/25 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ヒメノヤガラ

    ヒメノヤガラの群生場所に到着する。
    薄暗い広葉樹林の林床の中に高さ5~10cmのうす黄色い花を見つける、
    少し花の時季が過ぎているようでした。
    ヒメノヤガラ(姫の矢柄)ラン科 ヒメノヤガラ属 多年草、腐生植物
    徳島県レッドデータブック:絶滅危惧Ⅰ類
    撮影:2016.07.23
    160723-057.jpg 
    [ 2016/07/24 01:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ミゾホウズキ

    林道大影浦線(那賀町)、車道山手の排水路に群生で咲いています。
    ミゾホウズキ(溝酸漿)ゴマノハグサ科 ミゾホウズキ属
    花のあと袋状になったガクに包まれた果実が、
    ホウズキを思わせることから付いた名前だそうです。
    撮影:2016.07.22
    160722-060.jpg
    [ 2016/07/24 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    クモラン&オオヤマサギソウ

    クモラン(蜘蛛蘭)ラン科クモラン属
    「農村レストランいずりは」さんの駐車場の木の枝に
    へばりついている、クモラン、花淡い黄緑色の米粒より小さな
    花が咲いていると言うより、くっついているように見える。160716-141.jpg
    [ 2016/07/23 00:05 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    イイヌマムカゴ

    イイヌマムカゴ(飯沼零余子)ラン科 ツレサギソウ属
    徳島県:絶滅危惧IA類 環境省:絶滅危惧IB類

    此の場所の此の花、花数が年々減少しているようです。
    撮影:2016.07.22
    inumamukago-1607-01.jpg 
    [ 2016/07/22 06:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    ヤマホロシ&アキノタムラソウ&他

    林道大川原旭丸線の車道脇の沢に咲いている、
    ヤマホロシ(山白英)ナス科 ナス属
    花冠は5つに分裂し、裂片は反り返り、
    基部が濃紫色で、2個の白色~緑色の点があるようです。
    撮影:2016.07.19
    160719-60_a.jpg
    [ 2016/07/22 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)

    オオバウマノスズクサ(Ⅱ)

    四国の梅雨明けが、昨日(18日)の午前に発表がありました。
    今季の5月23日にアップした、「オオバウマノスズクサ(Ⅰ)」
    名前の由来<果実が馬の首につける鈴のような形をしていることから付いた>
    の果実の観察に、「オオバウマノスズクサ」群生場所に向かう。
    群生場所に向かう登山道、カラッとした気持ちいい風が吹いていて快適に登る、
    群生場所に到着12時少し前。
    「オオバウマノスズクサ」の果実が見事に付いています。
     撮影:2016.07.19
    160719-15.jpg 
    [ 2016/07/21 00:00 ] ②夏の花 | TB(-) | CM(-)