アオフタバラン

    2017.08.10.Thu
    少し訪れるのが早かったようです、蕾の株が多い。
    アオフタバラン(青双葉蘭)ラン科
    徳島県:絶滅危惧IB類
    hutabaran17-02.jpg
    唇弁は5~6ミリほどで、先端は浅く2裂する。
    側花弁と萼片は披針形~線形でほぼ同じ長さ。
     hutabaran17-00.jpg 

    hutabaran17-03.jpg 

    hutabaran17-04.jpg 

    hutabaran17-05.jpg 

    hutabaran17-06.jpg 

    hutabaran17-09.jpg 
    葉は地面近くに2個対生状につき、光沢はなく
    緑色で、縦に薄く白っぽい筋が3本ほどある。
    hutabaran17-10.jpg 

    hutabaran17-11.jpg 

    hutabaran17-12.jpg 
    林床を吹き抜ける風で心地よいですが、
    ピント合わせには苦労しました。