如意輪寺の紅葉2

    2015年11月30日(月)晴
    先週の火曜日に下見した、
    如意輪寺 別名「中津峰の観音さん」の境内の紅葉を見再び見に行く。
    1週間経過して境内のモミジは綺麗に紅葉しています。
    151130-061.jpg 
    [ 2015/11/30 00:00 ] ⑤風景 紅葉 | TB(-) | CM(-)

    如意輪寺の紅葉

    2015年11月24日(火)晴
    如意輪寺 別名「中津峰の観音さん」の境内の紅葉を見に行く。
    例年11月の下旬頃に、境内は錦色の海となっている。
    駐車場に到着
    10時20分
    駐車場の銀杏の黄葉が進んでいますが、モミジは青いままです。
    151124-001.jpg 
    [ 2015/11/24 00:00 ] ⑤風景 紅葉 | TB(-) | CM(-)

    那賀川野菊

    2015年11月22日(日)晴
    なかがわのぎく(那賀川野菊)の様子を見に出かける。
    渓流の岩の上に咲いている、那賀川野菊は花弁がピンク色にななり姿も崩れています。
    151122-052.jpg
    [ 2015/11/23 00:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    キヌガサタケ

    2015年11月22日(日)晴
    花友さんから電話が入る。
    今季の9月に開かなかったキヌガサタケの場所に、綺麗に今朝キヌガサタケが開いた
    とのことです、急ぎ撮影準備をして出かける。
    現場に到着、花友さん二人と再会する、ゆっくりとお話をしたいが撮影を急ぐので現地に向かう。
    キヌガサタケの白いレースが広がっています。
    151122-001.jpg
    [ 2015/11/22 00:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    シオギク

    2015年11月21日(土)晴
    今月の6日に下見してから、およそ2週間が経過している
    四国最東端蒲生田岬のシオギクを見に行く。
    蒲生田岬灯台下の遊歩道脇のシオギクは満開を少し過ぎています。
    151121-016.jpg
    [ 2015/11/22 00:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    ムラサキセンブリ

    昨日の高知県のムラサキセンブリの探索の続き。
    最初の群生地から、先週の水曜日に訪れた、群生場所に移動する。
    先週は蕾が多かった場所のムラサキセンブリ、今日は満開です。
    151120-187.jpg
    [ 2015/11/21 00:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    ムラサキセンブリ

    2015年11月20日(金)晴
    ムラサキセンブリの花を見に高知へ出かける。
    国道195号線(土佐中街道)県境の四つ足トンネルを貫け高知へ向かう。
    最初のムラサキセンブリの群生地の花。
    151120-035.jpg 
    [ 2015/11/20 00:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)

    四国霊場12番『焼山寺』の紅葉

    2015年11月16日(月)晴
    今日は上勝町のスパー林道、殿川内渓谷⇒野間殿川内林道⇒四国札所第12番焼山寺
    へ紅葉の様子を見に出かける。
    スパー林道、殿川内渓谷の紅葉は終わっていました。
    野間殿川内林道のシラカバ並木。
    ☆カテゴリの四国遍路に面白い四国遍路の私のレポートがあります。☆
    151116-004.jpg
    [ 2015/11/16 00:00 ] ⑦史跡 | TB(-) | CM(-)

    四国霊場20番『鶴林寺』の紅葉


    四国霊場20番札所、鶴林寺の境内の紅葉風景。
    151110-381.jpg
    [ 2015/11/15 00:00 ] ⑦史跡 | TB(-) | CM(-)

    高ノ瀬峡⇒別府峡⇒高知

    2015年11月11日(水)晴
    今週の水曜観察は、お休みです。
    高ノ瀬峡の紅葉も終盤を迎えた頃ではと思い、最後ノ高の瀬峡の紅葉を見届けに出かける。
    平の里の駐車場手前の、平橋に到着。
    午前7時20分
    朝日が高ノ瀬峡の右岸を照らし、幻想的な霧が紅葉した山に、立ち込んでいます。
    151111-485.jpg
    [ 2015/11/11 11:32 ] ⑤風景 紅葉 | TB(-) | CM(-)

    イワバノギク

    2015年11月10日(火9晴
    那賀町のナカガワノギクの群生場所に咲く、イワバノギクの花の観察に出かける。
    イワバノギク 徳島県:絶滅危惧II類 キク科シオン属
    河川の渓流沿いに生えるシロヨメナの仲間で、分類学的にはきちんと記載されていないそうです。
    水の流れに耐えるためにでしょうか、葉の形が流線型になっていますが、葉の形にはバラツキがあるようです。
    ウメバチソウ・ホソバリンドウの群生している場所の、イワバノギクは終盤でした。
    下流の岩場に移動すると、綺麗なイワバノギクが咲いています。
    151018-038_a.jpg
    [ 2015/11/10 00:00 ] ①秋の花 | TB(-) | CM(-)