バイカオウレン

    2017.02.28.Tue.08:00
    牧野公園でバイカオウレンの群生を堪能し終えて
    駐車場の車に引き返す(12:20)
    事前に調べておいた、日高村周辺(民有地)山の中自生地に向かう。
    牧野公園から車で(およそ5.5㌔・15分)と近いです。
    事前の調べでは決められた駐車場無しとのことでしたが
    適当な場所に停めることが出来ました。
    早速準備をして自生地へ向かう。
    土曜日なので自生地へ向かう人の数が多いのではと心配していましたが
    どうやら時間帯がいいのか、誰にも出会うこと無しで
    自生地に到着する(13:10)
    170225-cs020.jpg
    続きを読む "バイカオウレン"

    牧野公園②

    2017.02.27.Mon.09:00
    昨日の続きです。
    牧野公園の「2017年冬・春版」のぼたにかるマップを、参考に公園内を花探索する。
    此の公園に咲いている花で、昨日アップした「バイカオウレン」
    と植生のようですが「セツブンソウ」の花を是非見てみたいと
    思っていたので、植生場所へ向かう。
    花壇のような場所に花数は少ないですが、綺麗な花を咲かせていました。
    セツブンソウ(節分草)キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草
    170225-024.jpg 
    続きを読む "牧野公園②"

    牧野公園①

    2017.02.26.Sun.10:00
    2017年2月25日(土)晴
    「牧野富太郎が愛したバイカオウレンが高知県佐川町で見頃」との掲載
    をブログの高知新聞ニュースでを見て、
    一度は群生の「バイカオウレン」の花を見てみたいと思っていたので、
    家内と二人で出かける。
    徳島自動道と高知自動車道経由で行くと(218km・およそ3時間40分)
    国道55号線で、室戸岬経由だと(221km・およそ4時間50分)
    少し距離と時間が多めにかかるが、室戸岬経由で向かうことにする。
    今日の目的地の一番目の「牧野公園」に到着したのは(9:30)
    事前に、牧野公園マップをダウンロードして下調べをしておいたので、
    迷うことなく目的の群生場所に到着する。
    木漏れ日の林のなかに地面を這うように白い小さな花が一面に咲いています。
    170225-093.jpg
    続きを読む "牧野公園①"

    ジロボウエンゴサク

    2017.02.25.Sat.08:00
     今季も、志和岐の県道沿いに咲いていました。
    ジロボウエンゴサク(次郎坊延胡索)ケシ科キケマン属
    紅紫色から青紫色の花を総状につ、花は長さ1.2~2.2cmの筒状で、
    先端は唇状に開き、後部は距となる。
    本州(関東地方以西)、四国、九州に分布。
                          撮影:2月21日
    170221-044.jpg
    続きを読む "ジロボウエンゴサク"

    路面間隙の野草3点

    2017.02.24.Fri.08:00
    フラサバ草・キュウリグサ・コハコベ・の3点の野草を田井ノ浜で観察撮影する。
    1点目の野草
    フラサバソウ(フラサバ草)オオバコ科クワガタソウ属 越年草
    別名を「ツタバイヌノフグリ」と呼ぶそうです。
    ヨーロッパ及びアフリカを原産とするオオバコ科の越年草です。
    170221-013.jpg 
    続きを読む "路面間隙の野草3点"

    ムサシアブミ(武蔵鐙)

    2017.02.23.Thu.08:00
    2017年2月21日(火)晴
    春の花の探索ドライブに、県南海岸線(県道26号線)を走行する。
    道路脇には三月のムサシアブミが何時もの場所に咲きはじめていました。
    ムサシアブミ(武蔵鐙) サトイモ科 テンナンショウ属
    170221-101-1.jpg 
    続きを読む "ムサシアブミ(武蔵鐙)"

    フクジュソウ(福寿草)②

    2017.02.22.Wed.08:00
    此の山は県内でも数少ない、フクジュソウの群生地、
    群生場所の花が少なくなり消えかけています。
    群生場所から離れた場所で、昨年偶然岩の割れ目に咲く2株を見つけました。
    今年は少し増えているのではと期待して、家内と二人で
    急斜面のガレ場を1時間近く探す。
    昨年の咲いていた岩場の下で4株ほど見つけました。
                  撮影:2月19日
    170219-100.jpg
    続きを読む "フクジュソウ(福寿草)②"

    ユキワリイチゲ③

    2017.02.21.Tue.08:00
    昨年も2月19日に訪れた、標高およそ950の岩場の
    ユキワリイチゲの群生場所を訪れる。
    到着したのは午後2時過ぎ、岩場のユキワリイチゲに日差しが
    届いていて綺麗に花が開いていました。
                撮影:2月19日
    170219-050.jpg
    続きを読む "ユキワリイチゲ③"

    フクジュソウ(福寿草)①

    2017.02.20.Mon.09:30
    2017年2月19日(日)晴
    那賀町阿津江、標高700の黒滝山の山頂にある、
    四国八十八ヶ所第二十一番太龍寺奥の院「黒滝寺」境内の
    フクジュソウ(福寿草)の花が満開の見頃でした。
    170219-029.jpg
    続きを読む "フクジュソウ(福寿草)①"

    ホソバオウレン②

    2017.02.19.Sun.08:00
    前回訪れてから中4日の群生地へ。
    17日(金)の春一番で雪は溶けて見当たりません。
    前回は5株ほどしか咲いていませんでしたが
    今日は前回咲いていなかった場所でも花を確認する。
                     撮影:2月19日
    170219-021.jpg
    続きを読む "ホソバオウレン②"

    ユキワリイチゲ②

    2017.02.18.Sat.08:00
    今週の日曜日に訪れた、ユキワリイチゲの群生場所に
    12時過ぎに到着する。
    開きかけた花が数株見られるが、此の場所は、午後2時頃が開花なので
    他の場所へ下見に向かい、
    丁度2時過ぎに再び訪れると、綺麗に数株が開花していました。
                               撮影:2月16日
    170202-127.jpg
    続きを読む "ユキワリイチゲ②"

    春の花3点

    2017.02.17.Fri.12:00
    陽だまりの中で咲いる、
    青く、紫色の筋が入っている花弁を見ると、春近しを感じる。
    オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢)ゴマノハグサ科 クワガタソウ属
                         撮影:2月16日
    170202-081.jpg 
    続きを読む "春の花3点"

    ホソバオウレン ①

    2017.02.15.Wed.08:00
    2017年2月14日(火)晴
    ホソバオウレンも咲き始めているのではと思い出かける。
    1月の下旬に一度下見をして置いた場所に向かうと
    苔の中に咲き始めの、ホソバオウレンを見つける。
    170214-041.jpg 
    続きを読む "ホソバオウレン ①"

    セリバオウレン①

    2017.02.14.Tue.08:00
    今季も春一番の花
    セリバオウレン (キンポウゲ科 オウレン属)
    の花が咲きはじめました。
    雪の中から小さな花茎を伸ばし花を咲かせています。
                       撮影:2月12日
    170212-031-2.jpg 
    続きを読む "セリバオウレン①"

    ユキワリイチゲ①

    2017.02.13.Mon.12:00
    2017年2月12日(日)晴
    インフルエンザで体調を崩し、およそ10日ほど自宅で安静に過ごしていました。
    リハビリを兼ねて、軽く花散策に出かける。
    ユキワリイチゲ 花蕾が大きくなっています。
    170212-036.jpg
    続きを読む "ユキワリイチゲ①"

    モモイロカンアオイ

    2017.01.09.Mon.13:00
    2017年1月9日(月)晴
    今日はは県南の、だるま朝日の観察に出かけましたが、
    水平線上の雲が厚くて見ることは出来ませんでした。
    モモイロカンアオイ(桃色寒葵)の群生地を訪れると
    数株花を咲かせていました。
    170109-098.jpg 
    続きを読む "モモイロカンアオイ"