灘黒岩水仙郷

    2017.01.20.Fri.11:03
    2017年1月20日(金)晴
    今朝で2日連続で、田井ノ浜のダルマ朝日は見えませんでした。
    一度自宅に帰ってから、南淡路の「灘黒岩水仙郷」へ出かける。
    灘黒岩水仙郷に到着(11:10)
    平日なので駐車場は意外と空いています。
    170120-066.jpg
    続きを読む "灘黒岩水仙郷"

    えびす洞

    2013.12.12.Thu.12:06
    2013年12月11日(水)晴
    今日のドライブコースは
    西由岐~田井ノ浜~木岐~山座峠~恵比須浜~えびす洞~23番薬王寺
    山座峠の休憩所
    IMG_1992_a.jpg 
    続きを読む "えびす洞"

    那賀川野菊

    2013.12.10.Tue.00:00
    2013年12月09日(月)晴
    那賀川野菊の花が、満開だった11月17日(日)その後那賀川野菊の花はどんな状況か
    観察に、わじきラインヘ出かけました。
    那賀川の北岸県道19号の大井町付近の車道山手崖のコンクリート吹きつけの隙間に
    たくましく咲く那賀川野菊は、たくさん咲き残っています。
    白い花に混じって赤く色付いた花。
    IMG_1941_a.jpg 
    続きを読む "那賀川野菊"

    志和岐~阿部~伊座利峠~蒲生田

    2013.12.04.Wed.00:00
    2013年12月04日(水)晴
    志和岐~阿部~伊座利峠~蒲生田をドライブする。

    シマカマンギク
    13-12-04-001_a.jpg
    アゼトウナ
    13-12-04-004_a.jpg 
    潮吹岩の展望所から撮影(東由岐方向)
    13-12-04-007_a.jpg 
    潮吹岩の展望所から撮影(鹿の首岬方向)
    13-12-04-008_a.jpg 
    潮吹岩の磯の釣り人
    13-12-04-009_a.jpg 
    八手 別名テングノハウチワ
    13-12-04-013_a.jpg 

    13-12-04-012_a.jpg 
    鹿ノ首岬の、手前展望休憩所のあずま屋で、昼食
    12時30分
    木々の隙間から潮吹岩方向の風景を撮影する。
    13-12-04-023_a.jpg
    正面の太平洋が日射しに輝いています。
    13-12-04-028_a.jpg 
    ツリガネニンジン 阿部付近で撮影
    13-12-04-040_a.jpg 

    13-12-04-043_a.jpg 
    シコクアザミ でしょうか?
    13-12-04-045_a.jpg 

    13-12-04-044_a.jpg 
    コウヤボウキ 阿部付近で撮影
    13-12-04-048_a.jpg 

    13-12-04-047_a.jpg 
    アキノキリンソウ 阿部御水大師付近で撮影
    13-12-04-053_a.jpg 
    リュウノウギク 伊座利峠付近で撮影
    13-12-04-066_a.jpg 

    13-12-04-074_a.jpg 
    タイキンギク
    別名ユキミギク。冬に咲くから雪見菊。海岸などに生え
    葉は細長い三角形で先端がとがる。
    蒲生田で撮影
    13-12-04-081_a.jpg
    北向きの斜面一帯に、雪見菊が群生しています。
    13-12-04-086_a.jpg 
    大池の一周遊歩道の途中から、三角点109.4への遊歩道を登る。
    13-12-04-090_a.jpg 
    遊歩道わきの、ビシャコ : 訂正しますハマヒサカキ(浜姫榊) のようです。
    13-12-04-092_a.jpg 

    13-12-04-093_a.jpg 
    遊歩道を登り切ると、蒲生田岬灯台の西側の崖上にでる。
    崖の南斜面に広がる、シオギクの群生
    海面まではおよそ70mほどです
    13-12-04-105_a.jpg

    13-12-04-108_a.jpg 
    崖上のシオギク、
    13-12-04-100_a.jpg 

    13-12-04-095_a.jpg 
    この場所からの眺望も素晴らしいです、東の方向に伊島が見えます。
    13-12-04-113_a.jpg 
    岩礁に打ち寄せる白波
    13-12-04-115_a.jpg 

    13-12-04-121_a.jpg 
    大池の一周遊歩道に戻り、池を一周する。
    13-12-04-127_a.jpg 
    一周遊歩道の山手の赤い実?
    サネカズラ
    実(サネ)が美しいカズラ(葛)の意味だそうです。
    13-12-04-124_a.jpg 
    ヒメガマの群生付近の風景
    13-12-04-129_a.jpg 
    アンペライ
    13-12-04-132_a.jpg 

    13-12-04-133_a.jpg 
    名前を検索中です ? 「カタバミ」のようです。
    「カタバミ」とは、ハート型の3枚の葉を持つカタバミ科カタバミ属の多年草。
    13-12-04-134_a.jpg 
    ? コマツヨイグサのようです
    13-12-04-136_a.jpg 
    丸葉裸鬼灯(マルバノハダカホオズキ)
    山地に咲くハダカホオズキの変種で海岸型。
    徳島県レッドデータブック(絶滅危惧Ⅰ類)
    13-12-04-160_a.jpg
    ニオウヤブマオ(仁王藪苧麻)
    別名 サイカイヤブマオ。花期は8~10月、右画像は雌花(めばな)果期
    13-12-04-153(ニオウヤブマオ)_0113-12-04-153(ニオウヤブマオ)_02
    オニヤブソテツ(鬼藪蘇鉄);常緑シダ植物 北海道~九州の海岸付近に生える
    13-12-04-146(ヤブソテツ)_02 13-12-04-146(ヤブソテツ)_01 
    ハマボッス(浜払子)の果実:花期は5~6月
    13-12-04-141(ハマボッス)_00 13-12-04-141(ハマボッス)_01 
    灯台への遊歩道わきの、お地蔵さん
    13-12-04-142_a.jpg 

    13-12-04-163_a.jpg 



     

    志和岐の潮吹岩

    2013.12.01.Sun.00:00
    2013年12月01日(日)晴
    今日は、室戸阿南海岸国定公園の、志和岐の潮吹岩へ、シオギクを観察に出かける。

    潮吹展望台へ到着
    10時50分
    13-12-01-157_a.jpg
    今日の海はとても穏やかです。
    13-12-01-000_a.jpg 

    13-12-01-001_a.jpg 
    今から眼下の潮吹岩へ、およそ150m下ります。
    13-12-01-159_a.jpg 
    うまめ樫の自然林のなかのジクザク道を下ります。
    13-12-01-002_a.jpg 

    13-12-01-003_a.jpg 

    13-12-01-005_a.jpg 
    すぐ下は海岸です。
    13-12-01-006_a.jpg 
    黒潮が生んだその荒磯が、眼下に見えてきました。
    13-12-01-114_a.jpg
    右下は切り立つ崖です、海面までは10mほどありそうです。
    13-12-01-145_a.jpg 
    切り立った崖下の荒磯
    13-12-01-116_a.jpg 

    13-12-01-117_a.jpg 
    一人やっと立てる場所から、足元に気をつけて撮影する。
    右下の磯に釣り人の姿が見えます。
    13-12-01-118_a.jpg 

    13-12-01-119_a.jpg 
    この先は開けた崖上に出ます。
    13-12-01-146_a.jpg 
    鹿ノ首岬
    13-12-01-120_a.jpg 
    釣り人の立つ荒磯
    13-12-01-121_a.jpg 
    足元に、シオギクが咲いています。
    13-12-01-123_a.jpg 
    崖にへばりつくように、点々と黄色く見えるのは、アゼトウナ
    13-12-01-124_a.jpg 

    13-12-01-125_a.jpg 
    ビシャコの花でしょうか? ハマヒサカキ(浜姫榊) のようです。
    13-12-01-135_a.jpg 
    トベラ(扉) 果実は3裂して、赤い種子をだす
    13-12-01-131_a.jpg 
    種子は長さ約5mm、粘液に包まれている
    13-12-01-139_a.jpg 
    荒磯へ降ります、磯の崖下を移動します。
    11時10分
    崖上のアゼトウナ
    13-12-01-032_a.jpg 

    13-12-01-036_a.jpg 

    13-12-01-039_a.jpg 

    13-12-01-040_a.jpg 

    13-12-01-045_a.jpg 

    13-12-01-041_a.jpg 

    13-12-01-048_a.jpg 

    13-12-01-056_a.jpg 

    13-12-01-054_a.jpg 
    岩の上の庭園のような雰囲気です
    13-12-01-061_a.jpg 

    13-12-01-062_a.jpg 

     

    13-12-01-063_a.jpg 

    13-12-01-066_a.jpg 

    13-12-01-067_a.jpg 
    ズームすると、絵になります
    13-12-01-068_a.jpg 
    岩の割れ目にへばりつく、アゼトウナ(畔唐菜、畔冬菜)
    13-12-01-071_a.jpg 
    この荒磯の上に咲く、アゼトウナの姿を求めて足場の悪い磯の上を移動する・・・
    次々と現れる磯のうえの、アゼトウナに終わりのない展開です。
    13-12-01-077_a.jpg 

    13-12-01-084_a.jpg 
    崖にへばりついて咲いている、シオギク
    13-12-01-103_a.jpg 

    13-12-01-094_a.jpg 
    磯を見ながら、少々遅いお昼、何時のインスタントコーヒとサンドイッチです。
    12時20分
    13-12-01-105_a.jpg 
    展望所に向かって引き返します、帰りは登り道です
    前方の右端が、潮吹岩
    13-12-01-109_a.jpg 
    登り坂の足元に咲いている、ツワブキ
    13-12-01-150_a.jpg 
    キキョウラン(桔梗蘭)の青い果実 花は淡い青紫色:花期は7-8月
    13-12-01-147_e.jpg  
    オオハシゴシダ でしょうか?
    13-12-01-151_a.jpg 
    展望所に帰ってきました
    13時40分
    13-12-01-163_a.jpg 
    阿波サンラインへ移動する
    イソギクも磯の岩場にへばりつくように、咲いている花と違い、背が高い
    13-12-01-165_a.jpg 
    ハマナデシコ
    13-12-01-166_a.jpg 
    なぜか車道脇に咲いています、つつじ
    13-12-01-170_a.jpg 
    蕾もついています
    13-12-01-169_a.jpg 
    以前には、ソレナギクと間違ったようです、正解はヤマジノギクのようです。
    13-12-01-177_a.jpg 

    13-12-01-178_a.jpg 
    コウヤボウキが車道の横に咲いていました。
    13-12-01-181_a.jpg 
    コバノタツナミが
    車道横崖のコンクリートの吹きつけの隙間に咲いていました。
    13-12-01-184(コバノタツナミ) 
    コバノタツナミ(小葉の立浪草)
    花が片側を向いて咲く様子を、寄せる波に見立てた名。
    13-12-01-183_a.jpg 
    モラスコむぎの、松ケ磯
    13-12-01-188_a.jpg 

    13-12-01-189_a.jpg 
    ここにも、色々な花や、実があります。
    トベラ(扉)の実
    13-12-01-191_a.jpg 
    果実は3裂して、赤い種子をだす
    13-12-01-193_a.jpg 
    シャシャンボ(小小坊)の実でしょうか?
    13-12-01-192_a.jpg 
    ツワブキ
    13-12-01-196_a.jpg 
    シオギク
    13-12-01-197_a.jpg 
    オオルリソウ(大瑠璃草)
    13-12-01-206_a.jpg 

    13-12-01-208_a.jpg 
    海面が鏡のような・・・
    13-12-01-214_a.jpg 
    第三展望所まで引き返してきました
    16時10分
    水落付近の海面が、夕日を写し赤く輝いています。
    13-12-01-216_a.jpg 

    13-12-01-221_a.jpg 

    ツチトリモチ

    2013.11.22.Fri.00:00
    2013年11月22日(金)晴
    「山寺坊主」の 海陽町の「ツチトリモチ」を見に出かける。
    南阿波サンラインに到着
    10時40分
    今日の海はナギで、海面が輝いています。
    IMG_0968_a.jpg

    続きを読む "ツチトリモチ"

    ワジキギク

    2013.11.19.Tue.00:00
    2013年11月19日(火)晴 今朝の徳島新聞朝刊に「希少種 ワジキギク開花」の記事が掲載
    さっそく昼から「道の駅わじき」へ見に出かけてきました。

    今朝の朝刊の記事
    IMG_0767_b.jpg  
    「ワジキギク」は朝刊の記事によると、ナカガワノギクとリュウノウギク
    2種が交雑した種とありますが?

    鷲敷菊(ワジキギク)はキク科キク属の多年草である。
    徳島県の那賀川流域に分布する。
    和名の由来は、最初の発見地である徳島県鷲敷町からきている。
    那賀川野菊(ナカガワノギク)と島寒菊(シマカンギク)との自然交雑種である。
    葉の形や色は島寒菊(シマカンギク)に似ているが、頭花の花色は白い。
    草丈は30センチから50センチくらいである。
    葉は羽状に3つから5つに中ほどまで裂ける。
    葉の表面は緑色、裏面は淡い緑色をしている。(ブログ引用)

    ワジキギク
    徳島を代表する植物の一つ。
    那賀川中流域の限られた地域に生える。ナカガワノギクとシマカンギクとの雑種。
    花はナカガワノギクに似るがやや小ぶり、
    葉はシマカンギクに似る。(阿波の野草散歩)

    他色々、ブログやHPで調べても、ナカガワノギクとシマカンギクとの自然交雑種の記載がほとんどです。

    新聞記事が間違うとは、考えられないので、記事の「ワジキギク」は新種でしょうか?
    そのうち誰かが答えを、くださるとおもいます。

    遊歩道脇に植えてあった、シマカンギク
    IMG_0727_a.jpg 

    IMG_0722_a.jpg  
    総苞片は4列
    IMG_0718_a.jpg 
    葉柄の基部に葉状の托葉が見える。
    IMG_0764_a.jpg 

    リュウノウギク(竜脳菊)
    IMG_0733_a.jpg

    ワジキギク(鷲敷菊)
    IMG_0729_a.jpg 
    総苞片の形はナカガワノギクとシマカンギクのちょうど中間くらいです。
    IMG_0731_a.jpg 
    葉は羽状中裂する。
    IMG_0735_a.jpg 

    ***追記***
    2013年11月20日(水)
    今朝「道の駅わじき」に電話してナカガワノギクとリュウノウギク
    2種が交雑した種とありますが?
    の記事の件問い合わせてみました。
    道の駅の返事
    <この記事のリュウノウギクは、シマカンギクの記載間違いです。>
    とのことでした。
    正解は、ナカガワノギクとシマカンギクの2種類が交雑した種です。
    続きを読む "ワジキギク"

    大川原高原

    2013.11.18.Mon.00:00
    2013年11月18日(月)晴 大川原高原のドウダンツツジの紅葉を見に出かける。
    大川原高原に行く前に、20番札所の鶴林寺へ寄る。

    10時05分鶴林寺
    IMG_0577_a.jpg

    IMG_0581_a.jpg 

    IMG_0618_aa.jpg 


     
    IMG_0586_aa.jpg 
     

    IMG_0596_a.jpg 

    IMG_0600_a.jpg 
    ナンテンの赤い実が目につきます。
    IMG_0604_a.jpg 

    IMG_0602_a.jpg 

    IMG_0603_a.jpg 

    IMG_0598_a.jpg 

    IMG_0590_a.jpg  
    大川原高原に向かう、別各第03番(慈眼寺)
    CIMG8712_a.jpg 
    以前から、ぜひ紅葉の時期に訪れてみたいと、思っていた徳円寺の
    モミジの谷へ向かう。
    11時45分徳円寺到着
    CIMG8716_a.jpg 
    モミジの谷へ登る
    CIMG8717_a.jpg 
    モミジの谷の紅葉
    IMG_0629_a.jpg 

    IMG_0627_a.jpg 

    IMG_0629_a.jpg 

    IMG_0630_a.jpg 

    IMG_0635_a.jpg 

    IMG_0636_a.jpg 

    IMG_0637_a.jpg 

    IMG_0638_a.jpg 

    IMG_0651_a.jpg 
    大川原高原に引き返す、一件茶屋前の駐車場に車を停めて
    カメラを下げて、遊歩道を展望所に向かう。
    遊歩道のドウダンツツジは、ほとんど葉を落としています。
    CIMG8740_a.jpg 

    CIMG8741_a.jpg 

    CIMG8743_a.jpg 

    CIMG8752_a.jpg 

    CIMG8757_a.jpg 
    一部赤く紅葉したのが残っていました。
    IMG_0658_a.jpg 

    IMG_0697_a.jpg 

    IMG_0683_a.jpg 

    IMG_0667_a.jpg 
    ドウダンツツジ の果実
    IMG_0673_a.jpg 
    何の木の実でしょうか? ツルウメモドキの黄色い実
    IMG_0657_a.jpg 

    IMG_0703_a.jpg 

    IMG_0668_a.jpg 
    展望所に到着
    13時17分
    IMG_0675_a.jpg 

    IMG_0676_a.jpg 
    展望所下にアザミが咲き残っていました
    IMG_0677_a.jpg 

    IMG_0690_a.jpg 
    ノジギクが咲いていました。
    IMG_0705_a.jpg IMG_0708_e.jpg 
    遊歩道沿いに、カエデが紅葉しています。
    IMG_0681_a.jpg 

    IMG_0700_a.jpg 
    ヤマアジサイの後でしょうか?
    IMG_0694_a.jpg 

    IMG_0695_a.jpg 

    IMG_0691_a.jpg 

    IMG_0701_a.jpg 
    一件茶屋前の駐車場に帰ってきました
    12時55分
    駐車場には、私以外の車はありません
    CIMG8737_a.jpg 
    徳島市の方向の風景
    CIMG8736_a.jpg 
    大川原高原の秋も、終わりのようです
    色々な山野草を、今年はこの高原で楽しませてもらいました。
    感謝!感謝!



    那賀川野菊

    2013.11.17.Sun.00:00
    2013年11月17日(日)晴 
    那賀川野菊が、満開の見頃です。
    深瀬町~大井町~わじきラインの川沿いに、白い大きな花を
    咲かせています。
    IMG_0467_a.jpg 

    IMG_0455_a.jpg 

    IMG_0475_a.jpg  

    IMG_0457_a.jpg 

    IMG_0499_a.jpg 

    IMG_0526_a.jpg 



    IMG_0533_a.jpg 

    IMG_0512_a.jpg  

    IMG_0514_a.jpg 

    IMG_0508_a.jpg 

    IMG_0536_a.jpg 

    IMG_0538_a.jpg 

    IMG_0542_a.jpg 

    IMG_0567_a.jpg 

    アサマリンドウ、ナガバシャジンの共演
    IMG_0552_a.jpg 

    左画像はリュウノウギク  右画像はナカガワノギク
    IMG_0708_a.jpg IMG_0461_a.jpg 

    那賀川野菊

    2013.11.01.Fri.00:00
    2013年11月01日(金)晴 那賀川野菊の開花を確認に、わじきラインへ出かける。

    田舎谷付近の車道から那賀川の岩場に下りる。
    台風27号のダム放流で増水で全般にかなり、傷んでいます
    前回の下見では、たくさんの、つぼみの野菊がありましたが、花の咲いている株が
    なかなか見つかりません、なんとか咲いている株を見つける。
    IMG_8439.jpg

    IMG_8440.jpg 
    ワジキノギクは咲いていません、つぼみの株も少ないです・・・
    わじきラインへ移動する

    わじきラインに到着(14:20分)
    上流から、岩場を探索する、川面の野菊は、台風27号の増水で、つぼみで水没したためか
    開花せずに、つぼみのまま、傷んでいます、残念・・・
    川面より少し高い場所の、岩場の那賀川野菊です。
    IMG_8444.jpg 

    IMG_8445.jpg 

    IMG_8446.jpg 
    岩場の花は、全般に、傷だ花が、多いです
    IMG_8452.jpg 

    IMG_8451.jpg  
    遊歩道脇の花は、そこそこ綺麗に花を咲かせています。
    IMG_8460.jpg 

    IMG_8461.jpg 
    遊歩道中間付近の、川面近くの那賀川野菊、花も葉も、傷んでいます。
    IMG_8470.jpg 

    IMG_8474.jpg 

    IMG_8476.jpg 
    なんとか良好な花もあります
    IMG_8481.jpg 
    岩場から、川面に張り出している、野菊を見つけました
    IMG_8487.jpg 

    IMG_8496.jpg 

    IMG_8504.jpg 
    岩の隙間に、一輪咲きの野菊がありました
    IMG_8509.jpg 
    遊歩道、最終下流の岩場で
    傷つきながらも、懸命に白い花を岩場の上で、咲かせています
    あっぱれ! と声を掛けたくなる光景です。
    IMG_8521.jpg  

    IMG_8527.jpg 

    機会を見て、11月中旬に再度、観察してみたいと思っています。

    中津峰山

    2013.10.21.Mon.00:00
    2013年10月21日(月)晴
    サラシラショウマは青い果実
    IMG_6082.jpg


    ナギナタコウジュが咲き残っています。
    IMG_6081.jpg
    ネイチャーセンター上のテイショソウはほぼ終わっていました
    センター前のドウダンツツジの紅葉
    IMG_6099.jpg 

    IMG_6105.jpg 

    ギンリョウソウモドキは果実になっています
    IMG_6103.jpg 

    中津峰山に移動、森林公園に駐車して山頂へ

    山頂への階段道に咲いている、シコクアザミ
    IMG_6109.jpg 

    アサマリンドウも、まだまだ沢山咲いています。
    IMG_6108.jpg 
    シコクママコナが1株咲き残っています。
    IMG_6165.jpg 

    山頂に到着(14:30) 誰もいません
    IMG_6117.jpg 

    阿南市の方向は霞んでいます
    IMG_6140.jpg 

    誰もいない、あずま屋
    IMG_6144.jpg 

    頂上のマユミの実が色付いています
    IMG_6142.jpg 

    山頂の横のアサマリンドウの群生、今まさに花盛りです
    IMG_6136.jpg 

    IMG_6138.jpg 

    IMG_6132.jpg 

    IMG_6126.jpg 

    ピンク色のアサマリンドウ
    IMG_6123.jpg 

    IMG_6125.jpg 

    白色のアサマリンドウ
    IMG_6128_a.jpg 

    IMG_6130.jpg  

    IMG_6129.jpg 

    中津峰山のアサマリンドウも今日で来期までお別れになりそうです。

    展望台へ向かう
    センブリが咲き始めています。
    IMG_6156.jpg 

    IMG_6153.jpg 

    キッコウハグマの咲いている花は見つかりませんでした・・・
    蕾を付けたキッコウハグマが沢山生えています。

    明日は天候が良ければ、南高城山の紅葉の下見、ウメバチソウの花や
    那賀川野菊の開花も見てみたいと、思っています。
      

    那賀川野菊

    2013.10.19.Sat.00:00
    2013年10月19日(土)

    那賀川野菊(ナカガワノギク)の開花の下見に出かける。
    田舎谷付近の那賀川の岩場の那賀川野菊も蕾が膨らんでいます。
    13-10-19-010.jpg

    13-10-19-007.jpg 

    道の駅鷲の里の「ナカまつり」の催しに立ち寄る。
    13-10-19-024.jpg

    13-10-19-021.jpg

    四季美谷温泉の支配人(地下足袋王子)と出会う、彼は
    つるぎのめぐみワイルドウォークの実行委員会の会長だそうです
    13-10-19-015.jpg


    13-10-19-018.jpg 

    道の駅鷲の里をあとにして、わじきラインへ向かう。

    しゃしゃぶの赤い実が台風26号の風で落ちています。
    13-10-19-027.jpg 

    黄色い蕾をつけた、那賀川野菊を見つける
    13-10-19-034.jpg 

    あと2~3日で開花しそうな蕾です
    13-10-19-037.jpg 

    ナガバシャジンに、こぶのような実がついています。
    13-10-19-043.jpg 

    対岸の花を覗いていると、上流から目前に突然カヌーが現れる
    13-10-19-048.jpg 

    13-10-19-054.jpg 

    13-10-19-059.jpg 

    13-10-19-075.jpg 

    全部で8艇のカヌーでした、目の前で繰り広げられる素晴らしい技に
    暫く釘附けになりました・・・
    楽しかったです
    13-10-19-084.jpg 

    カヌーを見送り、花の探索にもどり岩場をウロウロと探す

    岩場の上には、アオヤギバの黄色い花が咲いています。
    13-10-19-072.jpg 

    ナガバシャジンも沢山咲き残っています。
    13-10-19-073.jpg

    赤い蕾の那賀川野菊を見つけました。
    13-10-19-068.jpg 

    13-10-19-070.jpg 

    ウメバチソウもこの付近に咲くとのブログの記事を見ましたので探しましたが
    見つけることはできませんでした
    この株は何の株でしょうか?
    13-10-19-113.jpg 


    後3日~4日で一番花の那賀川野菊を見ることが出来そうです。
    今日新たに深瀬町付近の那賀川の岩場にも那賀川野菊の株を見つけました
    持井橋からわじきラインまでが那賀川野菊の繁殖場所だそうです
    残念ながら、まだ私は深瀬町付近までしか確認できていません
    機会があれば、、持井橋まで探索もして見たいと思います。



    中津峰山

    2013.10.12.Sat.00:00
    2013年10月12日(土)晴

    今日は3連休の初日、天候もよく紅葉の山々は盛況のことでしょう。
    剣山方向の何処かの山に登りたいが、来週の石鎚山への予定を考えて
    近場の中津峰へ向かう。

    横瀬橋を渡り、婆羅尾峠(ばらおとうげ)へ向かって車道を昇る。

    車道脇の群生地のジンジソウは咲き始めでしょうか。
    IMG_5277.jpg


    IMG_5271.jpg 


    IMG_5285.jpg 


    IMG_5287.jpg 

    つぼみの株も沢山あります、暫くは花を楽しめるとおもいます。
    IMG_5301.jpg 

    テイショソウの群生地に移動して、キッコウハグマの株の観察をします
    群生地のキッコウハグマは、まだまだ堅いつぼみのままです。
    テイショソウは、なん株か咲き残っています。
    IMG_5304.jpg

    IMG_5305.jpg

    アケボノソウも咲き残っています。
    IMG_5306.jpg

    パラグライダー南練習場の発射台前の駐車場へ車で移動
    何時ものサンドイッチとインスタントコーヒの昼食
    中津峰山の山頂への登り口へ車を駐車して(12:30)
    山頂へ向かう
    山頂までおよそ500m累積標高40m時間15分です。
    登山道脇にはアサマリンドウの花が沢山咲いています
    IMG_5308.jpg

    天津神社の下の登り坂で、以前に2度ほどお会いした、私と同じ阿南市にお住まいの
    男性(以後Nさんとします)Nさんが下ってきます。
    立ち止まり暫くお話しする、上のリンドウの群生に何株かピンクが咲いています
    と教えてもらい、別れて上の群生へ向かう。

    あずま屋には数名の先客さんが、昼食中です

    今月2日に訪れて10日経過で群生地のアサマリンドウの花は満開です
    つぼみのときは、少ないように思えたが、咲いて見るとそこら一面
    紫色のアサマリンドウで足場もないほどです。
    IMG_5309.jpg 

    群生の西面へ下りると、一人の女性がリンドウを撮影中です
    「見事に咲いていますね」と挨拶していただく
    どうぞと場所を入れ替わり暫くして
    南高城山でピンクのシロヤシオの花を案内していただいた香川の2人連れの
    MS(お名前は知っていますが)と名乗つていただく
    お話していると、先ほどのNさんが、ピンクありましたと、現れる
    MSさんとNさんはお知り合いのようです。

    お二人とお別れして、ピンクのアサマリンドウの撮影に没頭する。
    IMG_5318.jpg 

    IMG_5317.jpg 

    IMG_5312.jpg 

    鮮やかなピンクのリンドウは少ないです
    IMG_5320.jpg 

    車の駐車の分枝に引き返し、大川原高原へ向かう
    横瀬橋へ下り、灌頂滝まで昇る、滝横の駐車場に駐車して暫く滝の周辺を探索
    IMG_5336.jpg 

    IMG_5341.jpg 

    名前はわかりませんが、沢沿いに咲いています。
    IMG_5346.jpg 

    IMG_5347.jpg 

    イヌホホズキ
    イヌホホズキ 

    ケカタバミ(毛片喰)の実
    ケカタバミ(毛片喰) 

    ゲンノショウコの実
    ゲンノショウコ(現の証拠) 


    コチヂミザサ(小縮笹)
    コチヂミザサ(小縮笹) 

    今日はここで引き返す
    六十ブまで下ってくると、車道わきの10月さくらが、花を咲かせています
    ジュウガツザクラ 

    中津峰山の山野草もそろそろ、終盤でしょうか?
    今度訪れるときは
    キッコウハグマの開花と、センプリの花を、ぜひ見てみたいと思います。































    那賀川野菊

    2013.10.10.Thu.00:00
    2013年10月10日(木)晴

    那賀川野菊と和食野菊(ナカガワノギクとワジキノギク)の下見に出かける。
    今年の夏に山の草花に興味を抱いてから、始めた山谷草の探索です
    それまでは自宅に咲いている花でさえ、気付かない日々でした。
    那賀川の流域に住みながら、固有種の那賀川野菊を見たこともありません。

    花の開花には時期が早いのですが、那賀川の流域の岩場を
    出来る限りの範囲で降りて観察してみようと出発。

    水井橋の北岸に着くと地面いっぱいに白いアサガオが咲いています。
    IMG_5129.jpg 

    IMG_5125.jpg 

    アサガオを撮影していると、若い男性の歩き遍路さんが、スタスタと、声をお掛けするまもなく
    橋の中央まで進む
    急ぎ後ろ姿を撮影させていただきました。
    南無大師遍照金剛
    IMG_5127.jpg 

    橋のたもとの下側にはアキノゲンの黄色い花の群生
    IMG_5122.jpg 

    IMG_5131.jpg 

    両手に荷物を下げた男性の歩き遍路さんが、橋を渡っています
    失礼して後ろ姿を撮影(10:30分)丁度この時間帯は、朝一番に生名から
    20番札所鶴林寺への「鶴林寺道」を登り、鶴林寺から「太龍寺道」を大井まで下り
    水井橋を渡って、水井から若杉山遺跡経由、22番札所太龍寺への歩き遍路のルートにあります。

    水井橋を渡るお遍路さん。
    IMG_5133.jpg 

    水井橋から更に上流へ移動する
    田舎谷付近の車道から那賀川の岩場に下りる。

    岩場の川下に何か咲いています、近寄り撮影する
    エゴマ(荏胡麻)の白い花です
    IMG_5151.jpg 

    IMG_5152.jpg 

    タマスダレ(玉簾) も咲いています
    IMG_5143.jpg

    キツネノマゴの花です
    IMG_5149.jpg 

    岩場の岩の隙間に那賀川野菊が沢山あります、まだまだ小さいつぼみです
    あちらこちらと、岩場を移動しながら、野菊の葉っぱを観察する
    ナカガワノギクは沢山あるがワジキノギクを探すのは、なかなか難しいです。
    葉の切れ込みで見分けるのですが確定はできません
    ナカガワノギク
    葉の表面に灰白色の綿毛がある、葉の基部はくさび形、先は3中裂
    IMG_5154.jpg

    色々と探している中にワジキノギクではないかと思われるのがあります。
    ワジキノギクでしょうか?
    葉は羽状中裂とありますが、そのようにも見えます。
    IMG_5165.jpg  

    川べりとは言え今日は暑いです、時々川面の涼しい風が吹きます
    車道の帰り道で、どんぐりの実をみつけました。
    IMG_5168.jpg 

    IMG_5172.jpg 

    その後上流へ移動しながら何箇所か河原へ降りるが、いいポイントは、なかなかみつかりません。
    花の開花時期がくれば、車道からも見つけれそうなポイントはあります。

    太龍寺ロープウエイの駅「鷲の里」の駐車場の芝の中で咲いていました
    チチコグサ(父子草)
    ***ふんわりと 柔らかく 優しそうなのが 母(ハハコグサ)
    かたく 地味で 目立たないのが 父(チチコグサ)***引用
    IMG_5186.jpg 

    ブタナ(豚菜)
    別名を(タンポポモドキ)というそうです。
    IMG_5191.jpg 

    IMG_5187.jpg IMG_5188.jpg 

    わじきラインに到着(12:20)さっそく岩場へと移動する。

    9月30日に訪れてから10日が経過の那賀川野菊、少しつぼみが
    ふくらんだように見えます。

    岩場を流域の川面まで降りる、川の流れの反対面の岩に、ツリガネニンジンの群生・・・
    ツリガネニンジンは山野のススキ草原や溜池の堰堤などに生育する多年草
    と思いこんでいましたので、渓流の岩場に咲いているのは不思議だな?
    とは感じながら、ブログを書いていました、ワジキノギクをHPで調べていると
    あるHPに、ナガバシャジン(長葉沙参)と記載されているのを見つけて調べると
    ***ナガバシャジン(長葉沙参)はキキョウ科 ツリガネニンジン属で
    草丈30~60cmの多年草、ツリガネニンジンの変異のひとつで
    葉が細い線形となる渓流型の植物 
    分布・生育地:四国 渓流沿いの岩場や礫地***

    IMG_5211.jpg 


    釣鐘のつりなりでしょうか(笑)のジョークになりそうな風景です。
    IMG_5232.jpg 

    IMG_5235.jpg 

    IMG_5239.jpg 

    川面から吹く爽やかな風に今にも鐘が鳴り響きそうな
    そんな気持ちにさせる、ナガバシャジン(長葉沙参)の一輪です。
    IMG_5243.jpg 

    IMG_5249.jpg 

    水面すれすれの場所にも、たくさん咲いています
    IMG_5230.jpg 

    IMG_5236.jpg 

    次々と場所を変えても現れる、ナガバシャジン(長葉沙参)の花に時を忘れて撮影しました。
    那賀川の渓流を背景に吊り鐘(ナガバシャジン)の動画です。




    岩の隙間に咲いている、アオヤギバナ
    IMG_5253.jpg

    IMG_5213.jpg

    トサシモツケ(土佐下野)
    日本の固有種で、四国の徳島県と高知県に分布する
    細長い倒披針形の葉が互生し
    枝先に散房花序をだし小花をたくさん咲かす
    IMG_5223.jpg

    IMG_5225.jpg

    対岸の岩にも沢山の、ナガバシャジン(長葉沙参)が咲いています。
    IMG_5259.jpg

    わじきラインの北岸から南岸へ移動する、あまり走行のない狭い車道を下流へ下りながら
    河原の岩場に 降りられそうな場所を探す。

    やっと車を駐車できそうな場所をみつける、車を駐車してヤブをかき分けて降りる。
    岩場を上流へと移動する、ナガバシャジン(長葉沙参)はいたるところに咲いています。
    南岸は流れが直接岩場に当たり、増水時には激しい水流にさらされるせいなのか
    那賀川野菊は、まったくみあたりません、かろうじて水流のよどむ岩場に数株見つけました。

    激しい那賀川の水流がぶつかる岩場の上に立つ
    心地よい風が吹いてきて、今日の暑さにはありがたいです。

    岩場の上からの那賀川の流れです。
    IMG_5260.jpg 

    岩場にぶつかって、渦をまいています。
    IMG_5261.jpg 

    今の時期は訪れるたびに、変化の激しい季節の時期なのだと、感じさせてくれる
    楽しくていい季節なのだと知りました。

    大川原高原

    2013.10.06.Sun.00:00
    2013年10月6日(日)晴

    今日は大川原高原への車道道脇の山野草花を観察するドライブです。

    六十ブ付近の車道横の斜面に紫色の
    マルバアメリカアサガオ(丸葉亜米利加朝顔)
    IMG_4993.jpg

    IMG_4994.jpg

    車道脇の山手斜面の場所に、柴栗(山栗)の栗拾いのスポットがある
    20分ほどでこの収穫です。
    シバクリ_2

    大岩下の沢に到着(12:30)車道脇に車を駐車して、探索する。
    ヤクシソウ(薬師草)があちらこちらに咲き始めています。
    IMG_4997.jpg

    IMG_4995.jpg

    ハンショウゾルは終盤です、わずか一輪だけ咲き残っています
    IMG_5001.jpg

    花が落ち果実になる前の状況でしょうか?
    IMG_5002.jpg

    車のドアを開けると、どこからかかすかに香ってくる
    薙刀香需(なぎなたこうじゅ)の紫色の群生
    IMG_5009.jpg

    まさに長刀の軍勢の薙刀(なぎなた)です。
    IMG_5008.jpg

    IMG_5004.jpg

    一軒茶屋前の駐車場には寄らず、ネイチャーセンターへ下る
    センター上の山手の駐車場に駐車して探索する。
    駐車場横のハンショウゾルは、ほぼ終わりです。
    IMG_5017.jpg

    ハンショウゾルの果実でしょうか?
    IMG_5018.jpg

    9月23日に撮影したギンリョウソウモドキはどうなったのか気になり
    その場所に行くと、薄暗い中に3本まだ立っています
    およそ2週間経過したギンリョウソウモドキの姿です。
    IMG_5019.jpg

    IMG_5026.jpg

    キュコウハグマは細長いつぼみで、2週前とほとんど変化なし
    車道上のテイショソウの様子はパスして、一軒茶屋前の駐車場に向かう


    駐車場は数十台の車でにぎわっています。
    車道を高鉾山方向に走らせる、車道脇のアケボノソウの群生は満開です
    そろそろ終盤でしょうか。


    アサマリンドウは車道脇の空き地に沢山のつぼみで群生しています
    3輪が開花しているのを見つけました。
    IMG_5038.jpg


    IMG_5047.jpg

    暫くはアサマリンドウの花が大川原高原の主役になりそうです。

    台風24号が今週の水曜日ころに、四国に影響しそうな、進路予報です
    やっと剣山の山頂付近の紅葉がはじまり、これから紅葉の本番を迎えます
    強風で葉っぱが、散るのが少々心配です。

    台風が通過して天候が安定しそうな、週末に出来れば南ルートの
    丸石分枝~剣山~次郎笈~山の家ルートで、剣山の紅葉の下見に出かけたいと考えています。

    石鎚山の紅葉もかなり色付いてるようです
    昨年は10月15~16日に登りました
    今年も天候を見ながら、その頃に石鎚山の紅葉に出かけようと計画中です。

    南高城山の西尾根のアケボノツツジの紅葉も気がかりです
    香川の山友の、ご夫婦との三麗登山も日程が定まらず少々焦り気味です。

    あせらずに紅葉の情報を集めます。





    中津峰山

    2013.10.02.Wed.00:00
    2013年10月2日(水)晴

    先週の金曜日に訪れて中5日の中津峰山
    今日は、作業道~中津峰山~一風新道(平石山経由)~金谷 駐車場

    テイショソウは上から下へと全開です。
    13-10-02-013.jpg

    13-10-02-008.jpg 

    山頂・展望台分枝からの尾根道のアサマリンドウ 
    明日にも開きそうなつぼみ
    13-10-02-028.jpg 

    一部開いているのもあります
    13-10-02-027.jpg 

    山頂裏のテイショソウも、咲いています。
    13-10-02-030.jpg 

    山頂よこのアサマリンドウ
    13-10-02-036.jpg 

    一輪咲いています
    13-10-02-034.jpg 


    山頂に到着(09:00) 誰もいません
    13-10-02-039.jpg 

    気温は20度
    13-10-02-042.jpg 

    阿南市街方向は霞んでいます
    13-10-02-040.jpg 

    西の高丸山方向
    13-10-02-041.jpg 

    しばらくあずま屋で一人のんびりと景色を楽しみながら、インスタントコーヒをいただく。
    今日は初めて一風新道を下る、ルートはGPSにログを取り込んであるので
    道迷いはないと思うが、登山道の状況は判らないので
    少々時間は早いが、下る(10:00)

    山頂からわずか5分ほど、なだらかな下り道から開けた岩場に到着
    眼下遠方に小松島湾
    13-10-02-043.jpg  

    阿南市街
    13-10-02-044.jpg 

    生名方面
    13-10-02-046.jpg 

    展望の岩場からは、急な下り道です
    13-10-02-051.jpg 

    展望岩から標高差-120mほど下ると石灰岩の巨岩場に到着、この間は
    およそですが、水平距離およそ350mで(平均こう配25度)
    13-10-02-053.jpg 

    平石山分枝の岩場に到着、ここからの眺望は素晴らしい
    徳島市街の風景
    13-10-02-058.jpg 

    末広大橋
    13-10-02-059.jpg 

    手前に吉野川に架かる「阿波しらさぎ大橋」その向こうに
    大鳴門橋が霞みの中に見えます、視界のいい日和にはここからの眺望はすばらしいでしょう。
    13-10-02-064.jpg 

    登山道のよこに、一輪のアサマリンドウが開いていました、たちどまり撮影する。
    まじかで観察すると何ともきれいなブルーラインのコントラストです。
    13-10-02-071.jpg 

    13-10-02-076.jpg 

    平石山への分枝の標識、平石山15分とあります。
    13-10-02-081.jpg 

    平石山三角点(648.76m)に到着、文枝からおよそ20分でした。
    13-10-02-084.jpg 

    13-10-02-087.jpg 

    開けた場所からの眺望です
    13-10-02-088.jpg 

    平石山からの折り返しの登山道に咲いていました
    オカダイコン(丘大根) 
    13-10-02-095.jpg 13-10-02-097.jpg  

    鉄塔44番への下り道
    13-10-02-099.jpg 

    13-10-02-100.jpg 

    13-10-02-101.jpg 

    13-10-02-102.jpg 

    13-10-02-103.jpg 

    鉄塔44番広場に到着(12:20)
    13-10-02-135.jpg 

    リュックをおろして、休憩と撮影タイムです
    まず鉄塔下を探索する
    赤いゲンノショウコの花を見つける
    13-10-02-116.jpg 

    13-10-02-113.jpg 13-10-02-111.jpg

    白のゲンノショウコ
    13-10-02-117.jpg 

    ヤマハッカでしょうか?
    13-10-02-119.jpg 

    シロヨメナ でしょうか?
    13-10-02-124.jpg 

    きりかぶに腰をおろして、持参のサンドイッチとインスタントコーヒの遅い昼食
    眼下の景色はすばらしい。

    江野島の沖を航行する船を見つける
    13-10-02-125.jpg 

    ズームでいっぱい寄ってみましたが、私には、船の種類はわかりません
    13-10-02-127.jpg 

    船足が速いのか、わずかの時間に和田ノ鼻沖に到着
    13-10-02-129.jpg 

    小松島湾の風景
    13-10-02-130.jpg 

    海上自衛隊小松島航空隊のハンガーとコントロールタワーがみえます。
    13-10-02-131.jpg 

    鉄塔広場で1時間あまり遊んでいましたが、下山開始
    鉄塔44番から45番への下り道の分枝に到着
    13-10-02-140.jpg 

    13-10-02-142.jpg 

    13-10-02-143.jpg 

    車道に合流
    13-10-02-145.jpg 

    三体地蔵さん
    13-10-02-146.jpg 

    地蔵の手前のカヤの中に、ツリガネニンジンが咲いています。
    13-10-02-148.jpg

    13-10-02-152.jpg 

    13-10-02-156.jpg 

    道沿いに咲くフユイチゴの白い花
    13-10-02-155.jpg 

    アキノタムラソウも咲いています
    13-10-02-157.jpg 

    三角点への登山道、矢印の岩を右へ下る
     13-10-02-159.jpg 

    13-10-02-160.jpg 

    13-10-02-161.jpg 

    13-10-02-162.jpg 

    13-10-02-163.jpg 

    13-10-02-167.jpg 

    13-10-02-168.jpg 

    開けた場所まで下ってきました
    13-10-02-169.jpg 

    13-10-02-170.jpg 

    13-10-02-171.jpg 

    13-10-02-172.jpg 

    13-10-02-176.jpg 

    三角点に到着(14:20)
    13-10-02-181.jpg 

    三角点から眉山を撮影する
    13-10-02-182.jpg 

    中津峰山の山頂方向
    13-10-02-185.jpg 

    三角点から金谷駐車場への下り道
    13-10-02-186.jpg 

    13-10-02-187.jpg 

    13-10-02-188.jpg 

    13-10-02-189.jpg 

    登山口の看板
    13-10-02-191.jpg 

    金谷駐車場に到着(14:40)
    遊び遊びの下山でした4時間40分も経過しています
    今朝は駐車場は空でしたが、満杯です
    13-10-02-195.jpg 

    今日のルートのログです
    13-10-02-197.jpg 

    13-10-02-198.jpg 










     

    那賀川野菊

    2013.09.30.Mon.00:00
    2013年9月30日(月)晴
    今日は開花には、少々時期は早いが、ナカガワノギクを偵察に出かける。
    鷲敷へ向かう途中、大井から20番札所鶴林寺に向かう。
    IMG_4630.jpg

    続きを読む "那賀川野菊"

    大川原高原

    2013.09.29.Sun.00:00
    2013年9月29日(日)晴
    今週の23日に訪れて中5日の大川原高原、灌頂滝から高原への車道脇の
    サラシナショウマの群生地、満開状態です。
    IMG_4458.jpg
    続きを読む " 大川原高原"

    中津峰山

    2013.09.27.Fri.00:00
    2013年9月27日(金)晴

    なか一日で中津峰山へ、キッコウハグマ(亀甲白熊)の下見に出かける。
    キッコウハグマの、つぼみはまだ小さいです、

    キッコウハグマ
    13-09-27-001.jpg

    葉っぱは、名前の由来のように亀の甲羅のような形をしています。
    13-09-27-000.jpg 

    杉の落ち葉の中のキッコウハグマ
    13-09-27-003.jpg 

    13-09-27-004.jpg 

    13-09-27-027.jpg  

    テイショソウは沢山咲いていています
    13-09-27-010.jpg 

    13-09-27-011.jpg 
    セトウチホトトギスのようにも見えますが
    ヤマジノホトトギスの変種でしょうか?
    13-09-27-033.jpg 

    山頂のあずま屋には、1人の男性が休憩しています、挨拶をして
    阿南方向の景色の撮影をする。

    今日もかなり霞んでいます
    13-09-27-035.jpg 

    パラグライダー南練習場の丘へ向かう

    那賀川流域~阿南市市街~橘湾~明神山~鶴林寺・太龍寺時~大川原高原
    への180度パロラマを眺めながら
    サンドイッチとインスタントコーヒの昼食を楽しむ。

    facebookのUPのために丘の上に登り、カメラを三脚にセットして
    パロラマ動画を撮影する。


    中津峰山

    2013.09.25.Wed.00:00
    2013年9月25日(水)晴

    今日も一日秋晴れのいい天気、昼前から中津峰山へ
    テイショウソウの開花状況の下見に向かう。

    何時もの作業道に車を駐車、中津峰山へ向かう
    オタカラコウの群生地のモミジガサは、終わりのようです。
    IMG_4177.jpg

    地面を這うように、咲いている、ツルニンジンの花。
    IMG_4180.jpg 

    ヤマジノホトトギスもほぼ終わりのようです。
    IMG_4203.jpg 

    山頂の西のやぶの中に咲いていました?
    (シゲサンのブログにありまし、アベリアだそうです
    IMG_4207.jpg 

    リンドウの蕾も膨らんできています、後少しで咲きそうです。
    IMG_4212.jpg 

    山頂に到着(10:00) 今日はまだ誰もいません。
    IMG_4218.jpg 

    山頂からの展望は、まずまずですが、遠い風景は霞みがかかっています。
    大川原高原
    IMG_4219.jpg 

    IMG_4222.jpg 

    阿南市の市街は、かなり霞んでいます
    IMG_4217.jpg 

    山頂のあずま屋で、30分ほど休憩していましたが、訪れる人はありません
    貸切のあずま屋からの風景を堪能して(10:40)下山

    展望台への尾根道のシコクママコナの群生も、色が薄くなっています。
    IMG_4238.jpg 

    ツルリンドウも終盤のようで、花数はすくないです。
    IMG_4241.jpg 

    尾根道のリンドウも、つぼみが大きく膨らんでいます。
    IMG_4246.jpg 

    尾根道から展望台への下りの階段にも、沢山のリンドウが蕾を膨らませています。
    IMG_4250.jpg 

    展望台からの、徳島市街の風景です、霞んでいます。
    IMG_4254.jpg 

    テイショソウの群生地に来ると、白い花が見える、近ずくとテイショソウです。
    IMG_4278.jpg  

    上から4段目まで、カールしています
    IMG_4292.jpg 

    IMG_4270.jpg 

    撮影していると、下から男性2と女性3人連れが登ってきました、近ずくと
    1人の男性は先週の18日に山頂でお会いして、少しお話した方でした
    昨日も登られたのか、ここのテイショソウは昨日咲いたんですよ!
    と教えてくれました、暫く雑談する、お話では
    一昨日の23日にシゲちゃんの夫婦と高知へ行っていたそうです。

    私と住まいがちかいようです、私も氏名を名乗り、男性の氏名もお聞きしました
    年もよく似た年齢のようです、機会があればゆっくりと山のお話を
    してみたいと思いました。

    お別れした後も暫くウロキョロと探索する。
    IMG_4299.jpg 

    テイショウソウの、上から下まで咲いた姿が見てみたい気持ちにかられます
    暫くしてリンドウの開花の下見を兼ねて訪れたいと思います。

    最後にお詫びがあります・・・
    一昨日(23日)の大川原高原のお文のお墓の近くでお会いした3人連れの女性に
    中津峰山は、まだチャボホトトギスが咲いていますと、お教えしました
    今日の状況から判断すると、残ながら終わっていたのではないかと?

    わたくしのブログを見ていただきましたなら
    この画面で深くお詫びいたします。