20番鶴林寺へ初詣

    ― 20番札所鶴林寺 初詣 ―

    明けまして おめでとうございます。

    2014年元旦は穏やかな年明けです。
    昼から20番札所鶴林寺、「お鶴さん」へ出かける。
    今年は四国霊場開設1200年そのせいか、駐車場は県外ナンバー車で満杯です。
    IMG_9544_b.jpg IMG_9546_b.jpg 

    IMG_9549_c.jpg 
    お大師さん、新年明けまして、おめでとうございます。
    今年も一年よろしくお願いいたします。
    >よしわかった!頑張れよ・・
    と答ええて頂いたように聞こえました。
    IMG_9557_c.jpg
    鶴林寺のおつるさんと、黄金のお地蔵さん
    IMG_9555_c.jpg
    お地蔵さん、いいお顔をしておられます。
    IMG_9553_a.jpg 

    境内のシャクナゲ、枝すべてに花芽をつけています。
    昨年はシャクナゲ裏年でいまひとつでしたが
    今年は期待できそうです。
    IMG_9558_b.jpg IMG_9559_b.jpg 
    駐車場よこの岩場に、コウヤボウキ(高野箒)果実と冠毛
    高野山で茎を束ねて箒(ほうき)の材料としたのでこの名があるそうです。
    玉箒(たまぼうき、古くは「たまははき」)と呼ばれて古くから箒の材料とされ
    正月の飾りなどにもされたそうです。
    IMG_9563_a.jpgIMG_9564_a.jpg

    キッコウハグマ(亀甲白熊)1個の頭花に3個の果実がつく。
    IMG_9561_b.jpg IMG_9560_a.jpg 
    ヤプコウジ
    「お目出度い」といわれるのは、いつまでも同じ葉と同じ実をつけ続け
    私たちに「永遠の生命」を感じさせてくれるからだそうです。
    落語「寿限無」の「やぶらこうじ」は、この木。
    丈夫な縁起物として、古くから親しまれていたようです。
    IMG_9562_a.jpg

    わじきラインへ移動する
    岩場の隙間の那賀川野菊の新芽の中に、ウメバチソウが咲いていました。
    IMG_9567_b.jpg IMG_9566_a.jpg 
    岩場の那賀川野菊の花は、ほとんどが終わり
    株元に新芽が出ています。
    IMG_9568_a.jpg IMG_9575_a.jpg 

    IMG_9576_a.jpg IMG_9574_a.jpg 
    トサシモツケ(土佐下野)の花が咲き残っていました。
    IMG_9586_a.jpg 
    トサシモツケ(土佐下野)の実
    IMG_9581_a.jpg IMG_9584_a.jpg 

    那賀川野菊の最後の咲き残りのようです。
    IMG_9585_a.jpg 

    IMG_9588_a.jpg 

    IMG_9589_a.jpg 
    岩場のベストポジションの野菊の残骸です。
    IMG_9592_a.jpg IMG_9593_a.jpg 
    ボタンヅル(牡丹蔓)果実の先端に花柱が羽毛状になって残る。
    IMG_9596_a.jpg IMG_9597_a.jpg 
    道の駅「もみじ川温泉」へ移動して、初湯でまったりと・・・

    道の駅、もみじ川温泉の裏の川口湖で、泳ぐマガモ(真鴨)のオス
    単独でした、元旦から家出でしょうか?
    殖期のオスは黄色のくちばし、緑色の頭、白い首輪、灰白色と黒褐色の胴体とあざやかな体色をしています。
    IMG_9605_a.jpg 
    眺めていると、目前でUターンを、うまいもんです  さすがカモですね!
    IMG_9609_a.jpg 
    水面の下で、どうやっているのでしょうか?
    上手に、はもん【波紋】を作っています。
    IMG_9611_a.jpg 
    マガモ(真鴨)のおかげで、新年早々すがすがしい、気持ちになりました。









    [ 2014/01/01 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    中津峰山

    2013年10月12日(土)晴

    今日は3連休の初日、天候もよく紅葉の山々は盛況のことでしょう。
    剣山方向の何処かの山に登りたいが、来週の石鎚山への予定を考えて
    近場の中津峰へ向かう。

    横瀬橋を渡り、婆羅尾峠(ばらおとうげ)へ向かって車道を昇る。

    車道脇の群生地のジンジソウは咲き始めでしょうか。
    IMG_5277.jpg


    IMG_5271.jpg 


    IMG_5285.jpg 


    IMG_5287.jpg 

    つぼみの株も沢山あります、暫くは花を楽しめるとおもいます。
    IMG_5301.jpg 

    テイショソウの群生地に移動して、キッコウハグマの株の観察をします
    群生地のキッコウハグマは、まだまだ堅いつぼみのままです。
    テイショソウは、なん株か咲き残っています。
    IMG_5304.jpg

    IMG_5305.jpg

    アケボノソウも咲き残っています。
    IMG_5306.jpg

    パラグライダー南練習場の発射台前の駐車場へ車で移動
    何時ものサンドイッチとインスタントコーヒの昼食
    中津峰山の山頂への登り口へ車を駐車して(12:30)
    山頂へ向かう
    山頂までおよそ500m累積標高40m時間15分です。
    登山道脇にはアサマリンドウの花が沢山咲いています
    IMG_5308.jpg

    天津神社の下の登り坂で、以前に2度ほどお会いした、私と同じ阿南市にお住まいの
    男性(以後Nさんとします)Nさんが下ってきます。
    立ち止まり暫くお話しする、上のリンドウの群生に何株かピンクが咲いています
    と教えてもらい、別れて上の群生へ向かう。

    あずま屋には数名の先客さんが、昼食中です

    今月2日に訪れて10日経過で群生地のアサマリンドウの花は満開です
    つぼみのときは、少ないように思えたが、咲いて見るとそこら一面
    紫色のアサマリンドウで足場もないほどです。
    IMG_5309.jpg 

    群生の西面へ下りると、一人の女性がリンドウを撮影中です
    「見事に咲いていますね」と挨拶していただく
    どうぞと場所を入れ替わり暫くして
    南高城山でピンクのシロヤシオの花を案内していただいた香川の2人連れの
    MS(お名前は知っていますが)と名乗つていただく
    お話していると、先ほどのNさんが、ピンクありましたと、現れる
    MSさんとNさんはお知り合いのようです。

    お二人とお別れして、ピンクのアサマリンドウの撮影に没頭する。
    IMG_5318.jpg 

    IMG_5317.jpg 

    IMG_5312.jpg 

    鮮やかなピンクのリンドウは少ないです
    IMG_5320.jpg 

    車の駐車の分枝に引き返し、大川原高原へ向かう
    横瀬橋へ下り、灌頂滝まで昇る、滝横の駐車場に駐車して暫く滝の周辺を探索
    IMG_5336.jpg 

    IMG_5341.jpg 

    名前はわかりませんが、沢沿いに咲いています。
    IMG_5346.jpg 

    IMG_5347.jpg 

    イヌホホズキ
    イヌホホズキ 

    ケカタバミ(毛片喰)の実
    ケカタバミ(毛片喰) 

    ゲンノショウコの実
    ゲンノショウコ(現の証拠) 


    コチヂミザサ(小縮笹)
    コチヂミザサ(小縮笹) 

    今日はここで引き返す
    六十ブまで下ってくると、車道わきの10月さくらが、花を咲かせています
    ジュウガツザクラ 

    中津峰山の山野草もそろそろ、終盤でしょうか?
    今度訪れるときは
    キッコウハグマの開花と、センプリの花を、ぜひ見てみたいと思います。































    [ 2013/10/12 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    川辺に咲く花

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力
    [ 2013/10/09 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    大川原高原

    2013年10月6日(日)晴

    今日は大川原高原への車道道脇の山野草花を観察するドライブです。

    六十ブ付近の車道横の斜面に紫色の
    マルバアメリカアサガオ(丸葉亜米利加朝顔)
    IMG_4993.jpg

    IMG_4994.jpg

    車道脇の山手斜面の場所に、柴栗(山栗)の栗拾いのスポットがある
    20分ほどでこの収穫です。
    シバクリ_2

    大岩下の沢に到着(12:30)車道脇に車を駐車して、探索する。
    ヤクシソウ(薬師草)があちらこちらに咲き始めています。
    IMG_4997.jpg

    IMG_4995.jpg

    ハンショウゾルは終盤です、わずか一輪だけ咲き残っています
    IMG_5001.jpg

    花が落ち果実になる前の状況でしょうか?
    IMG_5002.jpg

    車のドアを開けると、どこからかかすかに香ってくる
    薙刀香需(なぎなたこうじゅ)の紫色の群生
    IMG_5009.jpg

    まさに長刀の軍勢の薙刀(なぎなた)です。
    IMG_5008.jpg

    IMG_5004.jpg

    一軒茶屋前の駐車場には寄らず、ネイチャーセンターへ下る
    センター上の山手の駐車場に駐車して探索する。
    駐車場横のハンショウゾルは、ほぼ終わりです。
    IMG_5017.jpg

    ハンショウゾルの果実でしょうか?
    IMG_5018.jpg

    9月23日に撮影したギンリョウソウモドキはどうなったのか気になり
    その場所に行くと、薄暗い中に3本まだ立っています
    およそ2週間経過したギンリョウソウモドキの姿です。
    IMG_5019.jpg

    IMG_5026.jpg

    キュコウハグマは細長いつぼみで、2週前とほとんど変化なし
    車道上のテイショソウの様子はパスして、一軒茶屋前の駐車場に向かう


    駐車場は数十台の車でにぎわっています。
    車道を高鉾山方向に走らせる、車道脇のアケボノソウの群生は満開です
    そろそろ終盤でしょうか。


    アサマリンドウは車道脇の空き地に沢山のつぼみで群生しています
    3輪が開花しているのを見つけました。
    IMG_5038.jpg


    IMG_5047.jpg

    暫くはアサマリンドウの花が大川原高原の主役になりそうです。

    台風24号が今週の水曜日ころに、四国に影響しそうな、進路予報です
    やっと剣山の山頂付近の紅葉がはじまり、これから紅葉の本番を迎えます
    強風で葉っぱが、散るのが少々心配です。

    台風が通過して天候が安定しそうな、週末に出来れば南ルートの
    丸石分枝~剣山~次郎笈~山の家ルートで、剣山の紅葉の下見に出かけたいと考えています。

    石鎚山の紅葉もかなり色付いてるようです
    昨年は10月15~16日に登りました
    今年も天候を見ながら、その頃に石鎚山の紅葉に出かけようと計画中です。

    南高城山の西尾根のアケボノツツジの紅葉も気がかりです
    香川の山友の、ご夫婦との三麗登山も日程が定まらず少々焦り気味です。

    あせらずに紅葉の情報を集めます。





    [ 2013/10/06 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    岩脇公園

    2013年10月4日(金)晴

    虚空蔵菩薩札所 妙見山 取星寺奥に岩脇公園があります。
    新四国二十番に並ぶ石仏様

    がんこ親父
    IMG_4862.jpg


    童顔の親父
    IMG_4864.jpg

    石仏様を愚弄する気はさらさらになし
    親しみと尊厳をこめての親父の呼び捨てに、ごめんなさい。
    南無大師遍照金剛

    ニチニチソウの花園をお供えいたします。
    IMG_4869.jpg

    ニチニチソウ

    宙に舞うドングリ
    仏のなせる技成りでしょうか・・・
    IMG_4867.jpg

    石仏の優しいお顔を拝み、少々いたずら心に反省です。

    岩脇公園に咲いている花です。

    園芸種のシバザクラ
    シバザクラ白

    IMG_4882.jpg

    IMG_4884.jpg

    園芸種の ツメキリソウ
    ツメキリソウ

    展望所の東斜面に野の花が咲いています。

    キツネノマゴ
    キツネノマゴ

    シロバナキツネノマゴ(白花狐の孫)
    シロバナキツネノマゴ(白花狐の孫)

    ケカタバミ(毛片喰)
    ケカタバミ(毛片喰)

    ツユクサの実
    ツユクサの実

    ヤクシソウ(薬師草)
    ヤクシソウ(薬師草)

    オオジシバリ
    オオジシバリ オオジシバリ_2

    オオイヌホオズキ(大犬酸漿)
    オオイヌホオズキ(大犬酸漿)

    ノコギク でしょうか?
    ノコギク

    ササガヤ でしょうか?
    ササガヤ

    短い時間でしたが、身近の公園にも秋の野の草や花が咲いているのに
    私には驚きと発見でした。

    持井橋の下流の北岸堰に降りて、堰の流れを眺めながらインスタントコーヒ
    持参のポットからお湯を注ぎ飲む。

    堰の下流でシロサギ・アオサギが鮎を狙っているのでしょうか・・・

    シロサギ
    IMG_4949.jpg

    アオサギ
    IMG_4966.jpg











    [ 2013/10/04 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    中津峰山

    2013年10月2日(水)晴

    先週の金曜日に訪れて中5日の中津峰山
    今日は、作業道~中津峰山~一風新道(平石山経由)~金谷 駐車場

    テイショソウは上から下へと全開です。
    13-10-02-013.jpg

    13-10-02-008.jpg 

    山頂・展望台分枝からの尾根道のアサマリンドウ 
    明日にも開きそうなつぼみ
    13-10-02-028.jpg 

    一部開いているのもあります
    13-10-02-027.jpg 

    山頂裏のテイショソウも、咲いています。
    13-10-02-030.jpg 

    山頂よこのアサマリンドウ
    13-10-02-036.jpg 

    一輪咲いています
    13-10-02-034.jpg 


    山頂に到着(09:00) 誰もいません
    13-10-02-039.jpg 

    気温は20度
    13-10-02-042.jpg 

    阿南市街方向は霞んでいます
    13-10-02-040.jpg 

    西の高丸山方向
    13-10-02-041.jpg 

    しばらくあずま屋で一人のんびりと景色を楽しみながら、インスタントコーヒをいただく。
    今日は初めて一風新道を下る、ルートはGPSにログを取り込んであるので
    道迷いはないと思うが、登山道の状況は判らないので
    少々時間は早いが、下る(10:00)

    山頂からわずか5分ほど、なだらかな下り道から開けた岩場に到着
    眼下遠方に小松島湾
    13-10-02-043.jpg  

    阿南市街
    13-10-02-044.jpg 

    生名方面
    13-10-02-046.jpg 

    展望の岩場からは、急な下り道です
    13-10-02-051.jpg 

    展望岩から標高差-120mほど下ると石灰岩の巨岩場に到着、この間は
    およそですが、水平距離およそ350mで(平均こう配25度)
    13-10-02-053.jpg 

    平石山分枝の岩場に到着、ここからの眺望は素晴らしい
    徳島市街の風景
    13-10-02-058.jpg 

    末広大橋
    13-10-02-059.jpg 

    手前に吉野川に架かる「阿波しらさぎ大橋」その向こうに
    大鳴門橋が霞みの中に見えます、視界のいい日和にはここからの眺望はすばらしいでしょう。
    13-10-02-064.jpg 

    登山道のよこに、一輪のアサマリンドウが開いていました、たちどまり撮影する。
    まじかで観察すると何ともきれいなブルーラインのコントラストです。
    13-10-02-071.jpg 

    13-10-02-076.jpg 

    平石山への分枝の標識、平石山15分とあります。
    13-10-02-081.jpg 

    平石山三角点(648.76m)に到着、文枝からおよそ20分でした。
    13-10-02-084.jpg 

    13-10-02-087.jpg 

    開けた場所からの眺望です
    13-10-02-088.jpg 

    平石山からの折り返しの登山道に咲いていました
    オカダイコン(丘大根) 
    13-10-02-095.jpg 13-10-02-097.jpg  

    鉄塔44番への下り道
    13-10-02-099.jpg 

    13-10-02-100.jpg 

    13-10-02-101.jpg 

    13-10-02-102.jpg 

    13-10-02-103.jpg 

    鉄塔44番広場に到着(12:20)
    13-10-02-135.jpg 

    リュックをおろして、休憩と撮影タイムです
    まず鉄塔下を探索する
    赤いゲンノショウコの花を見つける
    13-10-02-116.jpg 

    13-10-02-113.jpg 13-10-02-111.jpg

    白のゲンノショウコ
    13-10-02-117.jpg 

    ヤマハッカでしょうか?
    13-10-02-119.jpg 

    シロヨメナ でしょうか?
    13-10-02-124.jpg 

    きりかぶに腰をおろして、持参のサンドイッチとインスタントコーヒの遅い昼食
    眼下の景色はすばらしい。

    江野島の沖を航行する船を見つける
    13-10-02-125.jpg 

    ズームでいっぱい寄ってみましたが、私には、船の種類はわかりません
    13-10-02-127.jpg 

    船足が速いのか、わずかの時間に和田ノ鼻沖に到着
    13-10-02-129.jpg 

    小松島湾の風景
    13-10-02-130.jpg 

    海上自衛隊小松島航空隊のハンガーとコントロールタワーがみえます。
    13-10-02-131.jpg 

    鉄塔広場で1時間あまり遊んでいましたが、下山開始
    鉄塔44番から45番への下り道の分枝に到着
    13-10-02-140.jpg 

    13-10-02-142.jpg 

    13-10-02-143.jpg 

    車道に合流
    13-10-02-145.jpg 

    三体地蔵さん
    13-10-02-146.jpg 

    地蔵の手前のカヤの中に、ツリガネニンジンが咲いています。
    13-10-02-148.jpg

    13-10-02-152.jpg 

    13-10-02-156.jpg 

    道沿いに咲くフユイチゴの白い花
    13-10-02-155.jpg 

    アキノタムラソウも咲いています
    13-10-02-157.jpg 

    三角点への登山道、矢印の岩を右へ下る
     13-10-02-159.jpg 

    13-10-02-160.jpg 

    13-10-02-161.jpg 

    13-10-02-162.jpg 

    13-10-02-163.jpg 

    13-10-02-167.jpg 

    13-10-02-168.jpg 

    開けた場所まで下ってきました
    13-10-02-169.jpg 

    13-10-02-170.jpg 

    13-10-02-171.jpg 

    13-10-02-172.jpg 

    13-10-02-176.jpg 

    三角点に到着(14:20)
    13-10-02-181.jpg 

    三角点から眉山を撮影する
    13-10-02-182.jpg 

    中津峰山の山頂方向
    13-10-02-185.jpg 

    三角点から金谷駐車場への下り道
    13-10-02-186.jpg 

    13-10-02-187.jpg 

    13-10-02-188.jpg 

    13-10-02-189.jpg 

    登山口の看板
    13-10-02-191.jpg 

    金谷駐車場に到着(14:40)
    遊び遊びの下山でした4時間40分も経過しています
    今朝は駐車場は空でしたが、満杯です
    13-10-02-195.jpg 

    今日のルートのログです
    13-10-02-197.jpg 

    13-10-02-198.jpg 










     

    [ 2013/10/02 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    大川原高原

    2013年9月29日(日)晴
    今週の23日に訪れて中5日の大川原高原、灌頂滝から高原への車道脇の
    サラシナショウマの群生地、満開状態です。
    IMG_4458.jpg
    [ 2013/09/29 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    大川原高原

    2013年9月23日(月)晴 

    最近日曜日や祭日に、山に出かけることは、少なくなりました。
    大川原高原のアケボノソウを訪れて10日ほど経過しましたので
    大川原高原へ出かけます。

    六十ブまで来ると、みかん畑が彼岸花で、赤く染まっています。
    13-09-23-001.jpg 

    彼岸の中日にふさわしい、光景に足が止まり撮影しました。
    13-09-23-003.jpg 

    今日の灌頂滝、少しですが虹が見えました(画像はいまいちですが)
    13-09-23-006.jpg 

    灌頂滝から高原への車道脇のサラシナショウマがきれいに咲きました。
    13-09-23-015.jpg 

    13-09-23-016.jpg 

    何度もこの場所を見てきたのに、こんなにたくさん群生しているのに
    気ずきませんでした。
    13-09-23-020.jpg 

    一軒茶屋前の駐車場に到着(10:00)祭日はお客が多いようです。
    13-09-23-156.jpg 

    準備をして、車道を遊歩道入口に向かう、旭ヶ丸山頂は青空が
    広がり、今日も気分良く歩けそうです。
    13-09-23-030.jpg 

    遊歩道沿いに、ワレモコウが咲き残っています。
    13-09-23-036.jpg 

    旭ヶ丸山頂には向かわず、ヤマシャク群生地へ下る
    歩道沿いには、シコクママコナが咲き残っていますが
    花数は少ないです
    13-09-23-039.jpg 

    今の時期は、いたるところでキノコが目につきます。
    13-09-23-045.jpg 

    シコクブシも咲いています。
    13-09-23-046.jpg 

    サンヨウブシでしょうか?葉っぱの分裂がシコクブシとは違う
    花も薄いピンク色です。
    13-09-23-051.jpg 

    オオバショウマもやっと咲きました。
    13-09-23-068.jpg 

    真っすぐに伸びた穂には、まだ薄いピンクのつぼみ。
    13-09-23-057.jpg 

    タカクマヒキオコシも沢山咲いています。
    13-09-23-073.jpg 

    お文の墓への下り道に、キバナアキギリ
    13-09-23-092.jpg 

    ツルリンドウ
    13-09-23-084.jpg 

    車道に出る手前の四国の道にも、オオバショウマが咲いています。
    13-09-23-093.jpg 

    13-09-23-094.jpg 

    キバナアキギリも咲いています。
    13-09-23-102.jpg 

    車道から下の四国の道にも、沢山のシコクブシが咲いています。
    13-09-23-111.jpg 

    13-09-23-110.jpg 

    サラシナショウマでしょうか?
    13-09-23-109.jpg 

    車道沿いのオタカラコウは、満開です。
    13-09-23-116.jpg 

    車道沿いのアケボノソウ、7分咲でしょうか?
    13-09-23-123.jpg 

    13-09-23-125.jpg 

    13-09-23-127.jpg 

    13-09-23-130.jpg 

    車道沿いの右手側や左手側に沢山群生しています。
    花もほぼ開花していますが、つぼみもまだまだ沢山あります
    あと1週は十分に楽しめそうです。
    13-09-23-131.jpg 

    13-09-23-145.jpg 

    13-09-23-147.jpg 

    一軒茶屋前駐車場の手前まで帰ってくると、中年のご夫婦がそれぞれにカメラを
    手にして何かを撮影しています。
    足元に白いホタルブクロを見つけたので、お声をかけると、
    >ありがとうございます、あとで撮影します!
    との返事をいただく。
    13-09-23-153.jpg 

    13-09-23-154.jpg 

    一軒茶屋前の駐車場に到着(13:10分)少々お腹がすきました。
    サンドイッチとインスタントコーヒをリュックの中に詰めていたのですが
    今日も途中で食べずじまいでした。
    13-09-23-157.jpg 

    車の横で、インスタントコーヒを飲みながら、このまま帰ろうかと?
    思案、ハイジとのんびりお山歩♪さんのHPのネイチャーセンターの記事を
    思いだし、センターに向かうことにします。

    ネイチャーセンター上の駐車場に駐車して、自然観察道を上へ登ってみる
    車道は何度も通ったことはあるが、観察道を歩くのは初めてです。
    薄暗い森の中のよく整備された道です、道の斜面に毒々しい赤いキノコ
    13-09-23-164.jpg 

    登り坂から水平道になった場所で、三脚にカメラをセットして撮影をしている
    高年の男性に出会う、ヤマジノホトトギスを撮影していたようです
    挨拶を交わす、何時もならそのまま、すれ違うのになぜかお話をはじめる。

    私が先ほど赤い毒キノコのがありましたと告げると、それはタマゴタケと言って比較的珍しい
    この付近では時々みかけますよ!
    下の木の横に2つの「タマゴタケ」を見つけたので教えてあげますと言って場所をおしえていただき
    さっそく、その場所に向かい撮影する。
    13-09-23-170.jpg 

    なるほど「タマゴタケ」と言うだけあって根元にタマゴの殻のような白いのがあります。
    13-09-23-174.jpg 

    車道沿いの駐車場から、ネイチャーセンターへ下る
    途中で先ほどの男性と再びお会いする、今度は、ギンリョウソウモドキが咲いていると
    教えていただき、さっそくその場所に向かう ・・・

    薄暗い場所に3本ギンリョウソウモドキが咲いています。
    13-09-23-194.jpg 

    アップで正面から撮影すると、なんともグロテスクな姿・・・
    希少な、はなのようですが花には気の毒ですが、私はあまり好きにはなれません!
    13-09-23-188.jpg  

    駐車場まで帰って来ると、高年の男性も帰っていました
    先ほどは、ありがとうございましたと、お礼を述べる。

    こちらへ近寄ってこられて、タマゴタケのタマゴのむき身状態のがあるのでと
    案内して下さる。
    たまごのむき身のようなツルンとなめらかな肌のような姿
    13-09-23-219.jpg 

    この姿たしか9月17日の赤帽子山へのあずま屋のよこで
    見かけたのに、似ています。

    駐車場に帰ってきてから、暫く高年の男性と山谷草のお話をする
    お話を聞くと珍しい、ランを求めて県内の山々を歩いて、おられるようです。

    一度携帯に電話をくださいと、おっしゃられて名刺をいただく
    以後高年男性では、なく(okuno)さんと呼ばせていただきます。

    ハンショウヅルが咲いていました。
    13-09-23-226.jpg 

    13-09-23-228.jpg  

    何時もは山で出会ってもすれ違いの挨拶程度で、ゆっくりお話しをすることは、ないのに
    今日はなぜか何組かの皆様と、挨拶とお話をさせていただきまして
    ありがとうございました。

    帰ってからfacebookを覗くと、bookの友達のUPに母の命日の記事と写真を見る
    なぜか気にかかり撮影した
    別各第03番(慈眼寺)のふもとの六十ブの彼岸花とコスモスの画像を送る。 


    その後、時々掲示板にUPさせていただいている、ホームページの掲示板に、タマゴタケをUPする。
    少々疲れ気味なのか、そのまま寝てしまい
    今朝起きてホームページの掲示板を覗いて驚きました!
    何を驚いたかと申しますと

    私は、掲示板への書き込みは、そのかたの、ホームページの掲示板しか
    書き込みの経験がありません。
    自分の書き込みと、掲示板の主催者との、やりとりと考えていましたので
    色々な方々の掲示板の反響にとまどいました。
    当然一般に公開された掲示板ですので、あたりまえのことですが

    いつもは、軽率にキノコを紹介することはないのに、めずらしいキノコを
    教えていただき、気持ちが高ぶり、毎度の老人の好奇心でお知らせしたいと
    十分調べもせずに、書き込みました。

    食する言葉は慎重でなければなりません。
    ブログもだんだんと慣れっこになり、一対一 のやりとりでないことを
    忘れがちになり、おおいに反省のきもちです。

    と同時に少しブログを書くのにいや気がさしてきました。
    老人のわがままですか・・・ 

    ************ 追記 ************

    何故彼岸花は忌み嫌われるのか?
    13-09-23-004_s.jpg 

    facebook の「ぽんゆう」の
    「近づかず 石をぶつけた 彼岸花 あの日の我を お許し給え」田村山頭火
    を読んで、昔々の幼いころ、ガキ大将が手に手に棒きれをもち
    田んぼのあぜ道に咲く彼岸花を
    ちゃんちゃんぼう ちゃんちゃんぼう と叫びながら、彼岸花の赤い花の
    首をはねて回った思い出がよみがえる。

    ふとなぜ彼岸花は忌み嫌われたのかと、疑問が湧き上がり
    ネットで調べると、こんな記事を見つけました。

    何故この花は墓地の花として忌み嫌われるのか不思議でならなかった。それが数年前ある
    ツアーに行った時のバスガイドさんの説明で納得した。
    それは昔の墓地は土葬で、もぐらが土中の死体を掘り起こして荒らされることが多かったという。
    ところがもぐらは彼岸花の球根が大嫌いで、これを植えておくと
    墓地を掘り返されることがなくなり
    以来彼岸花は墓地の花と定着したらしいと言うのである。(HPから引用)

    この記事を読んで、私もなんとなく納得しました。



     








    [ 2013/09/23 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    赤帽子山

    この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
    パスワード入力
    [ 2013/09/17 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    大川原高原

    2013年9月13日(金)晴

    中1日の大川原高原、今日の大川原高原は、久しぶりの青空が広がる。
    何時ものルート慈眼寺から昇る、車道から見上げると、大空を背景に
    白い風車が回っています、青空は気持ちがいい、心が弾む。

    一軒茶屋前の駐車場に到着(9:00)駐車の車はありません。13-09-13-046.jpg

    準備をして車道を登る、秋空に風車の白が眩しい。
    13-09-13-057.jpg 

    車道から見る、一軒茶屋前の駐車場 今日はからり霞んでいます
    秋霞みでしょうか・・・
    13-09-13-063.jpg 

    車道沿いに咲いている、ヤブマメ ・ タカネオトギリ
    13-09-13-071.jpg 13-09-13-056.jpg

    ツユクサ ・ アザミ
    13-09-13-062.jpg 13-09-13-061.jpg

    ボタンヅルは実をつけています。
    13-09-13-078.jpg 

    道の横に、白いキノコ
    13-09-13-068.jpg 


    車道から、ヤマシャク群生地へ登り道に、紫色の
    アキノタムラソウ が咲いています。  
    13-09-13-088_a.jpg    
     

    キバナアキギリ
    13-09-13-093_a.jpg 

    チヂミザサ がいたるところに咲いています。
    13-09-13-097.jpg 

    13-09-13-098.jpg 

    ベニバナボロギク
    13-09-13-103.jpg 

    シコクブシも、咲き残っています
    13-09-13-084.jpg 

    車道に引き返し、お文の墓の分枝に向かって、トラバースを登る
    登り道の横たわる枯れ木に、白いキノコが、キノコは知識がないので
    見るだけです、名前もわかりません。
    13-09-13-111.jpg 

    13-09-13-110.jpg 

    コウヤボウキも、たくさん咲き残っています。
    13-09-13-112.jpg 

    階段道に、咲いていました、小さな花です?
    13-09-13-118.jpg   

    オオバショウマはまだ堅い蕾です。
    13-09-13-115.jpg 

    階段横のヤブに咲いている、 タカクマヒキオコシ (高隈引起こし)
    花色 青紫色:草丈 40~80cm:ミヤマヒキオコシの変種
    茎葉 対生、広披針形~長卵形、先はとがり鋸歯がある。
    13-09-13-128.jpg 

    13-09-13-129.jpg 

    花の正面から撮影すると、こんな感じです。
    13-09-13-130_a.jpg  

    開きかけた花と種子(引用)
    タカクマヒキオコシ タカクマヒキオコシ_3

    オオバショウマに、よく似ているようなのですが
    花が咲けばわかるかも?
    13-09-13-132.jpg 

    お文の墓へ下る道に、青紫色の、キノコ?
    13-09-13-139_a.jpg 

    お文の墓の後ろの、シラキの実が色ずいています。
    13-09-13-140.jpg 

    ヤマナシの実も、色ずいています。
    13-09-13-141.jpg 

    70番鉄塔から見る風車
    13-09-13-145.jpg 

    ススキの隙間から見る、風車
    13-09-13-146.jpg 

    ススキに、黄色いものがたくさん見えます
    これはおしべだそうです。
    13-09-13-148.jpg 

    林道に出る(11:00)林道から見る風車。
    13-09-13-151_a.jpg 

    オタカラコウの群生、黄色い花数が増えたようです。
    13-09-13-153.jpg 

    アケボノソウの蕾は、そこそこ膨らんでいます。
    13-09-13-154.jpg 

    四国の道までの、林道のアケボノソウの開花は、まだ少しさき(4日~6日)かな?
    13-09-13-159.jpg  

    四国の道から、一軒茶屋に向かう林道沿いのオタカラコウの群生。
    13-09-13-162.jpg 

    黄色が鮮やかです。
    13-09-13-163.jpg 

    この付近のアケボノソウも、まだ蕾です。
    13-09-13-167.jpg 

    イタドリの花を、ズームしてみました。
    13-09-13-171.jpg 

    ガードレールのある林道の、アケボノソウ、中1日では、変化は感じられません
    ただ、太陽の日射しを浴びて、いささか鮮やかに感じます。
    13-09-13-177.jpg 

    この場所のアケボノソウは、あと2日~3日で開きそうな、蕾です。
    13-09-13-182.jpg 

    ヤマジノホトトギスも、そこそこ咲いています。
    13-09-13-188.jpg 

    チャボホトトギスは、花数が少ないですが、咲いています。
    13-09-13-184.jpg 

    名前はわかりませんが、こんなキノコも ?
    13-09-13-192.jpg 

    なんとも、私は毒キノコですと、言わんばかりのキノコ?
    13-09-13-196_a.jpg  

    ガードレールの横に、ねじばな(捩花)が薄いピンク色の花を咲かせています。
    13-09-13-201.jpg 

    ミヅヒキの米粒大の赤い花を、めいいっぱいマクロで撮影してみました
    穂が揺れると、ピントが外れマクロは、とても根気と技術を要求される
    ことにきずかされました。
    13-09-13-215.jpg 

    イワニガナ(岩苦菜)
    13-09-13-218.jpg 

    一軒茶屋前の駐車場に到着(12:30分)
    昼食は持参のパンと、インスタントコーヒですまし、慈眼寺に下る。

    今日はこのまま帰ろうかと、迷いながら正木トンネル手前の県道交差点の信号に到着する・・・
    やはり樫原の棚田の様子が気になる・・・
    信号を右折して、樫原の棚田に向かう。

    スパー林道起点すぎの角屋から山犬獄に昇る、8月23日のレポートの
    イワタバコの群生まで昇ると、まだ花が咲き残っています
    車を停めて、撮影する。
    13-09-13-254.jpg 

    13-09-13-257.jpg 

    山手岸に、まだまだ色鮮やかに咲き残っていて、驚きです。
    13-09-13-256.jpg 
     
    フユイチゴ(冬苺)の花も咲いています。
    13-09-13-249.jpg  

    樫原の棚田に到着(14:20)
    前回8月23日にはまだ青かった稲穂が、黄金色になっています。
    13-09-13-268.jpg 

    上の棚田は収穫を終わり、はぜに刈り取った「稲束」が干されています。
    昔ながらの手作りの農作業風景に、なにかほっとした気分にさせられる・・・
    13-09-13-266.jpg 

    13-09-13-284.jpg  

    帰ってブログの原稿を作成、テレビをつけると、6時の天気予報で
    台風第18号 (マンニィ)が発生、週末に本土に接近する、15(日)・16(月)と連休は
    風雨が強まるとのことです。

    明日の土曜日は、まずまずの天候のようです、来週17日(火曜日)は台風一過のようです?

    天候をみて来週は剣山へ紅葉の近ずきの下見に出かけようと考えています。
    また剣山スパー林道も走行しなければと・・・
    来週はかなり遠出の連続になりそうです、秋空を期待します。






        





















     

















    [ 2013/09/13 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    中津峰山

    2013年9月12日(木)晴

    中2日の中津峰山、作業道から、中津峰山の山頂に向かう。

    アジサイの花が、まだ咲き残る作業道(9:30)出発
    13-09-12-002.jpg 

    オタカラコウの群生
    13-09-12-003.jpg 

    モミジガサが咲き始めています。
    13-09-12-005.jpg 

    13-09-12-010.jpg 


    ベニバナボロギク、この状態が花の開花でしょうか?
    13-09-12-011.jpg 

    チャボホトトギスは、ほぼ終盤です。
    13-09-12-012.jpg 

    ヤマジノホトトギスの、花数は少なくなりました。
    13-09-12-016.jpg 

    ギ木の階段の、テイショソウの、株が見当たりません?
    ウロキョロして探す、残念ながらありません。

    今日で、中津峰山は3回目ですが、この山の盗掘は、私が知る限りの
    山の中では 、一番ひどいです。

    山野草の定点観測は、残念ながら、できそうにないようです・・・

    山頂に到着(10:10)山頂のあずま屋には、誰もいません。
    13-09-12-042.jpg 

    あずま屋の温度計、27度ちかい・・・
    13-09-12-017.jpg 

    空もどんより、してきました
    13-09-12-018.jpg 

    13-09-12-045.jpg 

    あずま屋に荷物を置いて、いやしの道を探索する。

    ツルリンドウ
    13-09-12-020.jpg 

    3段に咲いている、ヤマジノホトトギス
    13-09-12-035_a.jpg 

    ミヤマウズラを見つけました
    13-09-12-038_a.jpg 

    13-09-12-039.jpg 

    ヤマハッカ、でしょうか?
    13-09-12-021.jpg 

    コメナモミ ?
    13-09-12-031.jpg 

    13-09-12-032.jpg 

    中津峰の名水の看板で引き返す
    あずま屋に帰って来る、まだ誰もいません、時間はまだ早いが下山する(10:40)

    あずま屋・山頂・展望台分枝看板の手前で、単独の男性と2人連れの女性と、すれ違う

    テイショソウの蕾
    13-09-12-056_a.jpg 

    五滝へ下る
    13-09-12-109.jpg 

    蔵の滝(象の滝)落差20m 到着(11:40)
    車道から距離700m累積標高(-160m)所用時間(25分)

    13-09-12-079.jpg 

    13-09-12-080.jpg 

    引き返す
    13-09-12-094.jpg 

    13-09-12-099.jpg 

    13-09-12-103.jpg 

    13-09-12-107.jpg 

    車道が見えてくる、引き返しは(30分)
    13-09-12-108.jpg 

    車道から、いやしの道五滝分枝への登り口
    13-09-12-111.jpg 

    次回は、1週間後に、テイショソウの下見に来てみようと思う。








    [ 2013/09/12 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    大川原高原

    2013年9月11日(水)晴

    今日昼から大川原高原へ、アケボノソウの開花の下見をしてきました。

    前回9月5日の大川原高原の、
    >道路脇のカヤに、ツルニンジンが巻きついていて
    沢山の花つぼみを付けています。

    今日はこんな状況です、かなりの数の花が開花しています。
    13-09-11-006.jpg 

    13-09-11-015.jpg 

    前回の蕾が今日は開花しています
    13-09-11-004.jpg 

    マツカゼソウも花が、はっきりと開花しています
    13-09-11-000.jpg 

    シコクブシもまだ咲き残っています。
    13-09-11-012.jpg 

    一軒茶屋前の駐車場には、数台の車が駐車しています
    今日はアケボノソウの開花の下見なので
    大川原旭丸林道を歩きます。
    林道の舗装が終わる、あたりの山手に、まだ新しいく咲いたオタカラコウがさいています。
    13-09-11-022.jpg 

    林道脇に、アケボノソウの群生
    13-09-11-023.jpg 

    まだ花は白い蕾です。
    13-09-11-024.jpg 

    林道の道沿いの空き地に、イワニガナ(岩苦菜)が咲いています。
    13-09-11-029.jpg 

    空が暗くなってきました、天気予報「山沿いは午後はにわか雨」まさに
    予報通りになってきました。

    林道沿いの、アケボノソウは白い蕾です、まだ少し開花には早過ぎたのかと?
    思いながら林道を歩く。
    13-09-11-066.jpg 

    ガードレールのある林道に差し掛かると、薄暗い中に白い花が見える
    近ずくと、なんと、アケボノソウの白い花
    夢中で撮影する。
    13-09-11-054.jpg 

    13-09-11-056.jpg 

    13-09-11-037.jpg 

    13-09-11-040.jpg 

    13-09-11-041.jpg 

    13-09-11-042.jpg 

    13-09-11-043.jpg 

    13-09-11-044.jpg 

    13-09-11-047.jpg 

    13-09-11-051.jpg 

    13-09-11-064.jpg 

    後一週間すれば、この林道沿いの沢山の株が、この花で埋まるかと、想像すると
    身震いを覚える。

    開花を確認することが、できたので、うれしくなって、ここで引き返す
    雨もポツポツと降って来る、携帯笠を広げて林道を引き返えす。

    途中の沢を少しかけ登ると、ヒヨドリバナが咲いていました。
    13-09-11-069.jpg 

    13-09-11-070.jpg 

    一軒茶屋前の駐車場に近ずいた林道から、見上げると風車がガスの中で回っています。
    13-09-11-072.jpg 

    新しく出来た2等基準点
    13-09-11-077.jpg 


    2等基準点から、西の大岩を撮影する。
    13-09-11-075.jpg 

    今日は短い時間でしたが、目的の「アケボノソウ」の開花の確認ができたので
    おおいに満足して帰路につく。

    次回は群生の「アケボノソウ」の満開を期待して訪れようと
    期待に胸が膨らむ思いです・・・





    [ 2013/09/11 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    川辺に咲く花

    2013年9月10日(火)晴

    9月の川辺の花を探索するべく、昼過ぎにカメラをぶら下げて
    自宅前の那賀川の川原を歩く。

    堤の裏法面の緑のカヤの中に濃い黄色の花、キバナコスモスが咲いています。
    13-09-10-007.jpg 

    園芸品種の種が飛散してきたのでしょうか?
    13-09-10-008.jpg 

    マルバルコウソウ、秋の野原で最も目立つ野の花のひとつです。
    13-09-10-005.jpg 

    名前はわかりません?
    13-09-10-013.jpg 

    アレチハナガサ(荒地花笠)
    13-09-10-025.jpg 

    南アメリカ原産の帰化植物で荒地・河原などに生えるようです。
    13-09-10-022.jpg 

    堤の表法面に咲いていました、タマスダレ(玉簾)
    13-09-10-029_a.jpg 


    白い六弁花を一茎に一花咲かせるユリ目ヒガンバナ科
    タマスダレ属の常緑球根性植物です。
    13-09-10-031.jpg 

    堤の表法面のカヤの中に巣を張っています、女郎蜘蛛
    13-09-10-035.jpg 

    名前の由来は、古人はジョロウグモの姿を雅やかで艶やかと感じ、当時の身分の
    高い女官の上臈(ジョウロウ)になぞらえ名づけたというそうです。
    13-09-10-034.jpg 

    よもぎ(蓬) 夏から秋にかけ、ヨモギは花序を出して
    目立たない花を咲かせる。
    13-09-10-037.jpg 

    左は紫褐色の花(引用)  右は今日撮影
    yomogi03.jpg yomogi04.jpg 

    つるぼ(蔓穂) 秋の初め頃に、突然茎を伸ばし始め、うす紫色の花を咲かせる
    13-09-10-044.jpg 

    咲き始めは、つくしにそっくり。
    13-09-10-014_a.jpg 

    堤の裏法面に群生するツルボ(蔓穂)
    13-09-10-184.jpg 

    コセンダングサ(小栴檀草)でしょうか?
    13-09-10-052.jpg 

    堤から川原に降りる、竹ヤブの中に、シラキが三角状球形の青い実をつけています。
    大川原高原では沢山見かけます、川原には生息する樹木ではないのですが ?
    種が洪水で流されてきて、このヤブに定着したのでしょうか?
    13-09-10-060.jpg 

    蒴果は三角状球形で、花柱が先に残る。10~11月に黒紫色に熟し、
    3つに裂け、白い糸で種子をぶら下げるそうです。
    13-09-10-058.jpg 

    ヤブには、キンミズヒキも咲いています。
    13-09-10-063.jpg 

    キンミズヒキも洪水で流されてここに定着したのでしょうか?
    13-09-10-062.jpg 

    川原に出ると、色々な花が咲いています。
    13-09-10-067.jpg 

    色々調べてみましたが、名前を特定できませんでした。
    13-09-10-066.jpg 


    河原の一面が紫色です、満開のハマゴウ群落です。
    ハマゴウは海岸に生育する常緑の低木、河口から13kmも上流の
    川原に生息しているのは、不思議です
    13-09-10-072.jpg 

    13-09-10-069.jpg 

    ハマゴウの果実の群落
    13-09-10-078.jpg 


    ハマゴウの、淡青紫色の唇形の花
    13-09-10-100.jpg 

    13-09-10-099.jpg 

    雌しべは1本、花柱は2裂する、雄しべ4本
    13-09-10-071_a.jpg 

    ママコノシリヌグイが群生しています。
    13-09-10-089.jpg 

    13-09-10-084.jpg 

    ヒロハフウリンホオズキでしょうか?
    13-09-10-107_a.jpg 

    オオイヌタデ(大犬蓼)
    13-09-10-097_a.jpg 

    イヌタデ
    13-09-10-122_a.jpg 

    ヒナタイノコズチ
    13-09-10-125.jpg 

    堤に戻り引き返す、堤の山岸に、線香花火みたいな
    ハゼラン(爆蘭)
    13-09-10-150_a.jpg 

    熱帯アメリカ原産の帰化植物。道ばたなどに野生化している。
    午後3時頃から夕方にかけて花が咲く
    13-09-10-153_a.jpg 

    小さく丸い実(線香花火みたい)この実の中に小さい黒いタネが いっぱい入っている。
    13-09-10-146.jpg 

    オシロイバナも咲いていました。
    13-09-10-160.jpg 


    ヒナギキョウ(雛桔梗)
    13-09-10-161_a.jpg 

    わずか1時間ほどの散策 で、20種類ほどの草花を見つけました
    川原は色々な種類の集まりです、洪水で上流から運ばれ
    また川下からも、鳥などに種をまかれ・・・

    これからも定期的に川原を観察してみようと思います。





















    [ 2013/09/10 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    中津峰山

    2013年9月9日(月)晴

    先週の金曜日から3日目だが、中津峰山のコースで気になる場所があり
    出かける。

    今日も、中津峰森林公園駐車場から出発(9:40分)
    13-09-09-004.jpg 

    展望台への階段道
    13-09-09-008.jpg 

    展望台からの徳島市の風景
    13-09-09-020_a.jpg 


    展望台横の、しゃくなげ園分枝看板から下る
    13-09-09-023.jpg 


    階段道に咲いている、チャボホドギス
    13-09-09-026.jpg 

    人工林の中のしゃくなげ園
    13-09-09-036.jpg 

    舗装路の作業道へ下る
    13-09-09-042.jpg 


    作業道の終点
    13-09-09-052.jpg 


    作業道から、中津峰山頂へ登り道
    13-09-09-053.jpg 


    オタカラコウの群生
    13-09-09-056.jpg 

    13-09-09-049_a.jpg 

    モミジガサの群生
    13-09-09-050.jpg 

    モミジガサは、まだつぼみです
    13-09-09-061.jpg 

    13-09-09-051_a.jpg

    マツカゼソウの群生、花はまだつぼみ
    13-09-09-062.jpg 

    人工林の中の中津峰山頂への登り道
    13-09-09-063.jpg 

    ヒヨドリバナは咲き、はじめです。
    13-09-09-066_a.jpg 

    ベニバナボロギクは、まだつぼみです。
    13-09-09-068_a.jpg 

    良く整備された、階段登り道
    13-09-09-069.jpg 

    ギ木の階段に、テイショウソウは、まだ蕾です。
    13-09-09-070.jpg 

    13-09-09-074.jpg 


     ギ木の階段に、チャボホドギス
    13-09-09-076.jpg 

    13-09-09-082.jpg 

    階段の山手斜面に、鮮やかなヤマジノホトギス
    13-09-09-080.jpg 


    中津峰山頂への、人工林の中の尾根道
    13-09-09-107.jpg 

    尾根道には、今日も咲いています、ツルリンドウ
    13-09-09-117.jpg  

    中津峰山頂到着(11:00)、山頂あずま屋には、1組のご夫婦が休憩中
    山頂横のアサマリンドは小さな蕾。
    13-09-09-131.jpg 


    山頂からあずま屋に向かう
    13-09-09-141.jpg 


    あずま屋・展望台の分枝看板からの下り道の、キンミズヒキ
    13-09-09-142.jpg 

    ヤマジノホトギスの3点セット(蕾・花・種)です。
    13-09-09-138.jpg  

    シラヤマギク
    13-09-09-148.jpg 

    あずま屋には向かわず、車道をフライトパークに向かう。
    13-09-09-165.jpg 






    フライトパークに向かう車道
    13-09-09-167.jpg 


     車道から少し入った。沢の岸にイワタバコの群生を見つける
    イワタバコの花は終わっています。
    13-09-09-169.jpg 

    サクラタデでしょうか? ハナタデのようです。
    13-09-09-177.jpg 

    ヌスビトハギ
    13-09-09-180.jpg 

    キガンピ
    13-09-09-188.jpg 

    パラグライダー南向きの離陸台に手前のヤマハギの花
    13-09-09-207.jpg 


    パラグライダー南向きの離陸台に到着(12:40)
    13-09-09-215.jpg 

    一昨昨日と同じ昼食タイム、食後、離陸台でセルフタイマーで記念撮影
    13-09-09-218.jpg  

    AUのアンテナ基地への進入路
    13-09-09-234.jpg 

    AUのアンテナ基地
    13-09-09-239.jpg 

    薄いピンク色のツルリンドウ
    13-09-09-246.jpg 

    薄紫色のツルリンドウ
    13-09-09-247.jpg 

    帰りは、林道婆羅尾線で勝浦町の横瀬橋手前に下る。
    13-09-09-272.jpg 

    今日で、中津峰山の探索2日目ですが、とりあえず、大まかな探索コースは
    つかめました、後は少しずつスポットで、目的の山野草や花木にあわせて
    時期をみて探索に訪れることにします。

    ますます、山々や草花の奥の深さを感じます。
    この歳になって、日々新しい体験に出会うとは、考えも想像も、していませんでした
    人生何かを捨てると、何かを得ることに、きずかされる日々です。












     








    [ 2013/09/09 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)

    中津峰山

    2013年9月6日(金)晴

    台風15号・17号も無事に終わり、久しぶりの秋らしい天候です。
    今日は、自宅から北に、ひと山越える場所にありながら、近くで遠い山、中津峰山
    へ出かける。
    ドライブで中津峰森林公園・パラグライダー南練習場を訪れたことはありますが
    登山として中津峰山(773)に登った経験はありません。
    今回はコースの下見として、金谷登山口⇒やかん峠⇒ヤレヤレベンチ⇒
    鉄塔広場⇒ドコモ鉄塔⇒いやしの道登山口⇒風の丘⇒中津峰山
    のコースを中津峰山の山頂から下ります。

    金谷登山口の駐車場に私の車をデポする(10:00)駐車場からは家内の車で
    中津峰森林公園駐車場へ向かう10:30家内と別れて登山準備
    車道を少し歩き、あずま屋・山頂・展望台分枝への登り口から登り始める

    分枝看板の手前のジグザグ道の足元に、ヤマジノホトトギスの花 が咲いています。
    13-09-06-001.jpg 

    チャボホトギスも咲いています
    13-09-06-007.jpg 

    あずま屋・山頂・展望台分枝の看板に到着、爽やかで快適です。
    13-09-06-009.jpg 

    看板を過ぎ中津峰山への登り道の足元に、次々と
    ヤマジノホトトギスの花が咲いています
    13-09-06-014.jpg 

    よく整備された登山道の脇に、シコクママコナの群生
    13-09-06-017.jpg 

    シャクナゲ園の分枝を過ぎ、人工林の尾根道沿いに、うすむらさき色の
    ツルリンドウの花が無造作に沢山咲いています。
    13-09-06-026.jpg 

    地面から咲き出ているような、ツルリンドウの花
    13-09-06-035.jpg 


    13-09-06-053.jpg 

    シコクママコナやミヤコママコナが混成しているようです
    この花はミヤコママコでしょうか?
    (追記:歯牙のある苞が見えるので、シコクママコナのようです)
    13-09-06-029.jpg 


    この登山道には、ヤマジノホトトギスが、いたるところに咲いています。
    13-09-06-033.jpg 


    13-09-06-039.jpg 

    チヂミザサ(縮笹)  葉の縁は縮んでササに似る
    13-09-06-040.jpg 

    中津峰山の山頂三角点(773) に到着(11:40)
    13-09-06-052.jpg 

    山頂から西に大川原高原、上空は雲が、かかっています
    13-09-06-046.jpg 

    南東に橘湾が、すこし霞んでいます
    13-09-06-047.jpg 


    天津神社
    13-09-06-051.jpg 

    山頂の東屋では先客が4名ほど昼食中です、パラグライダー南練習場に向かって
    四国の道を下る、車道に出てそのまま車道を、パラグライダー南向きの離陸台
    に向かって歩く。
    南向きの離陸台手前の車道に、アキノノゲシの黄色い花が咲いています。
    13-09-06-060.jpg 

    アカメガシワ
    13-09-06-086.jpg 

    タカネオトギリ
    13-09-06-064.jpg 

    パラグライダー南向きの離陸台に到着(12:30)
    13-09-06-082.jpg 

    眼下に広がる、東の橘湾から南の横瀬橋への景色を眺めながら、家内の手作り弁当
    をいただく、最高の贅沢。

    東の橘湾方向  霞んでいます
    13-09-06-069.jpg 

    13-09-06-068_a.jpg 

    南の鶴林寺と太龍寺時山 も霞んでいます
    13-09-06-071_a.jpg 

    生名の「よってね市」
    13-09-06-077_a.jpg 

    南西の横瀬橋
    13-09-06-079_a.jpg 

    食後久しぶりに、ウオークマンの音楽を聴きながら(今日は演歌;ちあきなおみ)
    インスタントコーヒを飲む、南向きの離陸台は貸切。
    13-09-06-083.jpg 

    13:00南向きの離陸台を出発、中津峰山へ引き返す

    天津神社から、いやしの道を下る (13:20)
    13-09-06-087.jpg 

    下り始めると、さっそく、 ヤマジノホホトギス
    13-09-06-091.jpg 

    チャボホホトギスと交互に足元に、あらわれ、撮影に忙しい
    13-09-06-101.jpg 

    如意輪寺分枝に到着(13:30)
    13-09-06-107.jpg 


    出会いベンチの温度計は20度を少し下
    13-09-06-108.jpg 

    13-09-06-109.jpg 


    風の丘の温度計は20度少し上
    13-09-06-111.jpg 

    13-09-06-112.jpg 


    五滝への分枝の看板
    13-09-06-115.jpg 

    いやしの道登山口の手前の木々の隙間から見える、那賀川の河口風景
    13-09-06-117_a.jpg 

    14:10分いやしの道登山口の車道に到着(天津神社から50分)
    13-09-06-119.jpg 


    上の駐車場から、金谷登山口の駐車場へ下り開始(14:10)
    13-09-06-120.jpg 

    金谷に下る60分の看板
    13-09-06-121.jpg 

    ドコモ鉄塔の手前の舗装道路から、東に小松島湾が見える
    13-09-06-123_a.jpg 

    15:10分金谷集会所に到着(60分)
    13-09-06-147.jpg 
     
    金谷橋を渡って金谷駐車場に到着(15:20分)駐車の車は私以外に1台のみ

    今日の下見で感じたことは、
    金谷駐車場から上の駐車場(やかん峠の道)
    距離;2.7km 標高差408m 推定時間01:40分

    上の駐車場から中津峰山山頂まで(いやしの道)
    距離;2.0km 標高差327m 推定時間01:10分

    金谷駐車場から(やかん峠の道)・(いやしの道)中津峰山山頂
    距離;4.7km 標高差735m 推定時間02:50分

    が私の場合の、推定登りの予測です。

    私にとっては一番
    中津峰森林公園駐車場⇒あずま屋・山頂・展望台分枝⇒
    中津峰山山頂⇒パラグライダー南向きの離陸台⇒
    中津峰森林公園駐車場の周回コースがお気に入りになりました。
















    [ 2013/09/06 00:00 ] ■ 未分類 | TB(-) | CM(-)